HOME団体概要support シネマコリア!メルマガ登録サイトマッププライバシー・ポリシーお問合せ



サイト内検索 >> powered by Google

■日本で観る
-上映&放映情報
-日本公開作リスト
-DVDリリース予定
-日本発売DVDリスト
■韓国で観る
-上映情報
-週末興行成績
-韓国で映画鑑賞
■その他
-リンク集
-レビュー&リポート
■データベース
-映画の紹介
-監督などの紹介
-俳優の紹介
-興行成績
-大鐘賞
-青龍賞
-その他の映画賞


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Review 『悪女/AKUJO』 ~肉と骨が砕けようとも激情で戦う復讐の女

Text by Kachi
2018/2/8掲載



 幼い頃、何者かに父を殺されたスッキ(キム・オクビン)は、延辺マフィアの若頭ジュンサン(シン・ハギュン)に拾われ、殺人マシンとなるべく教育された。やがてスッキとジュンサンは愛しあう仲になったが、彼は敵対する組織との争いで命を落としてしまう。たった一人復讐に乗り込んだスッキは、国家情報院に逮捕されると、その腕を国家の極秘任務に利用されることになる。女性ばかりの刺客養成所で優秀な成績をおさめ、彼女は解放されるが、次々と情報院からの危険な命令が下る。「おじさん」と呼んで愛したジュンサンの忘れ形見、愛娘ウネとの平穏な日々へあこがれを抱きながら、スッキは今日も標的に引き金を引く。

akujyo_main.jpg

 チョン・ビョンギル監督の前作『殺人の告白』は、ポン・ジュノの『殺人の追憶』同様、華城連続女性殺人事件を端緒にしつつも、むやみに力の入ったアクション・シーンで、結果的にはほとんど異なるジャンルの映画になってしまっていた。しかし監督が一番やりたかったのは、謎解きよりも、爆走する車のボンネット上での取っ組みあいという、誰も見たことがないカーチェイスだったはずだ。『悪女/AKUJO』では、監督の脳内メーターが徹頭徹尾最大値のままである。オートバイにまたがりハイスピードで走行しながらのチャンバラ。敵が運転するバスに、これまた走る車から手斧ひとつで飛び乗るカチコミ・シーン。そうまでする必然性がどこにあるのか? しかし、この容赦ない過剰さが、実に清々しく、胸を熱くさせる。

 『悪女/AKUJO』から読み取れるのは「映画のアクションとは技の華麗さを誇示すること以上に必死に立ち回ることが真髄である」ということだ。日本の観客へのメッセージを求められ、監督は「(この映画は)スタントマンの血と汗と人体と骨でできている」と語った。その言葉は、アクション映画の本質を言い表すものでもある。

 オール主観ショットによるアクション・シーンが、オープニングから激しく展開される。確かに映像は洗練されている。顔の写るシーンはすべてスタントを使わずにやり遂げたキム・オクビンの胆力にも敬服である。しかし、それ以上に感動させられるのは、撮りもらされることのないスッキの荒い息づかいと、苦闘にうなる声といった、血も涙もないはずの殺戮者の肉体的反応である。スッキは感情の強い暗殺者だ。その濁流のような激情が一挙手一投足にみなぎるからこそ、観客は圧倒される。肉、骨、時には臓物にさえも刃が達しようとも戦う“悪女”は、しぶとくも涙に濡れた心臓で、銃を握りしめているのである。


『悪女/AKUJO』
 原題 악녀 英題 The Villainess 韓国公開 2017年
 監督 チョン・ビョンギル 出演 キム・オクビン、シン・ハギュン、ソンジュン、キム・ソヒョン、チョ・ウンジ
 2018年2月10日(土)より、角川シネマ新宿ほかロードショー
 公式サイト http://akujo-movie.jp/


>>>>> 記事全リスト


Review 見逃し厳禁! 1月の韓国映画『消された女』『殺人者の記憶法』 ~コリアン・ホラー再興の兆しと、元祖カメレオン俳優の面目躍如

Text by Kachi
2018/1/18掲載



 2017年の今頃。『お嬢さん』『アシュラ』の公開を控え、韓国映画ファンは期待と戦慄を胸に抱いていたことだろう。嬉しいことに、今年も祭りは続く。小粒でも舌に痺れる見逃し厳禁韓国映画が、1月から目白押しなのだ。

kesaretaonnna.jpg

 『消された女』は、まっ昼間の都会の雑踏の中で、1人の若い女性スア(カン・イェウォン)が、突然不審な車に引きずり込まれるシーンから始まる。彼女が連れて行かれたのは精神病院。スアは強制入院させられたのだ。それから1年後。不祥事により有名ドキュメンタリー番組をはずされたプロデューサー、ナムス(イ・サンユン)は、B級心霊番組の担当に辟易していた。ところが、撮影で立ち寄った廃病院で、大やけどを負ったけが人を発見。そこは去年、患者による放火で全焼していた。時を同じくして、ナムスに一冊の手帳が届く。偶然にも、書いたのはあの病院の患者だった。スクープを嗅ぎつけたナムスは、手帳の差出人に会いに行く…。

 「保護者2名の同意と精神科専門医1人の診断があれば、本人の同意なしに“保護入院”の名のもとで精神病院へ強制入院が可能である」。『消された女』は、一昨年に違憲と判断されたばかりの「精神保健法第24条」の悪用が引き起こした、実際の拉致監禁事件を扱った映画だ。言うまでもなく、韓国映画における実話をベースにした作品は膨大な数になる。中でも本作は、『奴隷の島、消えた人々』などと同様、題材へかなりストレートにアプローチしている。

 その上で、重いテーマを恐怖映画という娯楽に、大胆に落とし込んでいる。のみならず、『カル』や『H[エイチ]』といった2000年代初期頃に多く作られた、韓国独特のジャンル映画に続く雰囲気を持っているのだ。ひたむきなまでにえげつなく、はっきりした解答が示さずに観客の腹に薄気味悪さを残すコリアン・ホラー独特の味つけに、ジャンル再興の兆しを感じさせてくれる。

satujinnokiokuhou.jpg

 一面の雪景色の中に、一人の男が姿を現した。これ以上ないほど肉の落ちた頬、くぼんだ顎、白く乾いた肌。私はこの男を知っているはずだ。しかし一瞬、本当に誰だか思い出せなくなった。

 それほどまでに、『殺人者の記憶法』のファースト・シーンは、あまりに変身した容貌のソル・ギョングに、観ているこちらの意識が全て持って行かれてしまう。

 ビョンス(ソル・ギョング)は獣医師の傍ら、社会の毒となるような人間を、何年にも渡って次から次へと闇に葬ってきた。家族に暴力を振るう父や夫。飼い犬を虐待する女性…。ところが近頃、アルツハイマーの症状が出始めたことで、錯乱しては娘ウニ(キム・ソリョン)を手こずらせるばかりだった。町で女性を狙った猟奇殺人事件が連続する中、ビョンスは「自分と同じ」雰囲気を漂わせる男ミン・テジュ(キム・ナムギル)と出会う。

 同名原作(2017年にクオン社が邦訳を出版)では、ビョンス個人が犯した殺人と並列するようにして朝鮮戦争や軍事政権が描かれており、韓国の暗黒史を奇妙に照射する。他方、映画ではビョンスが最初に殺した実父の迷彩服に当時が想起されるくらいである。社会性が薄いからといって、この映画を指弾するつもりはない。いずれにしても殺人行為は、ビョンスの個人的な世界なのだ(その証拠に、ビョンスは遺体を目につかないところに埋めており、殺人を誇示しない)。ここが、ビョンスがカルチャーセンターに詩を習いに行くことと不思議に繋がる。詩作とは、極めて内的な探求だからだ。少なくとも『殺人者の記憶法』では、おぞましい犯罪行為がそう捉えられていることに何故か納得させられてしまう上に、ビョンス本人は殺人に「大真面目」なので、ユーモラスにさえ映るのである。

 原作小説は毎日まめにつけられた日記のようでもあり、時系列がバラバラになった断章を再構成したような印象もある。記憶喪失者の時間は、直線的に一方の向きへ流れていくものではないからだ。語り手であるビョンスの思考に違いないが、映画も同様だ。この強烈なイメージが、作られた偽物だったら…と脳裏によぎるたび、自分のいる世界が足元から揺らぎ始めるほの怖さがある。

 後半、ギアを入れ替えたように、研ぎ澄まされたアクション描写がたたみかけられるように現れる。手垢のついた感が否めない北朝鮮工作員という題材を見事にエンターテイメントとしてブラッシュアップ&アップデートした『サスペクト 哀しき容疑者』のウォン・シニョン監督ならではである。


『消された女』
 原題 날, 보러와요 英題 INSANE 韓国公開 2016年
 監督 イ・チョラ 出演 カン・イェウォン、イ・サンユン、チェ・ジノ
 2018年1月20日(土)より、シネマート新宿、シネマート心斎橋ほか全国順次ロードショー
 公式サイト http://www.insane-movie.com/

『殺人者の記憶法』
 原題 살인자의 기억법 英題 MEMOIR OF A MURDERER 韓国公開 2017年
 監督 ウォン・シニョン 出演 ソル・ギョング、キム・ナムギル、ソリョン(AOA)、オ・ダルス
 2018年1月27日(土)より、シネマート新宿ほか全国順次公開
 公式サイト http://www.finefilms.co.jp/kiokuho/


>>>>> 記事全リスト


Review 『MASTER マスター』 ~「ヴィラン(悪役)こそ映画の華」を再認識

Text by Kachi
2017/12/14掲載



 巨大組織ワン・ネットワークは、チン・ヒョンピル会長(イ・ビョンホン)に対する会員たちのカルト的支持のもと、巨額な投資詐欺で急成長を遂げていた。知能犯罪捜査班の刑事キム・ジェミョン(カン・ドンウォン)は、プログラマーのジャングン(キム・ウビン)を抱き込みヒョンピルの逮捕を目指す。ところがすんでのところで裏をかかれ、ヒョンピルは逃亡。組織の裏切り者として命を狙われたジャングンは瀕死の重傷を負い、検挙の失敗でジェミョンはエリートコースから窓際部署へと追いやられてしまう。1年後、ジャングンとジェミョンはひょんなことで再会。ヒョンピルの不穏な動きを知った二人は再び、彼を追うのだった。

master1.jpg

 『MASTER マスター』は、2008年に発覚した韓国史上最悪の巨額詐欺事件「チョ・ヒパル詐欺事件」をベースにしている。2004年から4年間に渡り、架空のレンタル医療機器への投資を募り、被害額は4兆ウォンにも上ると言われている。2008年と言えば、リーマン・ショックが起こった年だ。世界同時不況の最中であり、韓国でもウォンが大幅に値を下げて通貨危機に陥っていた時期でもある。チョ・ヒパルが金融不安に前後して、庶民のささやかな夢につけ込み、暗躍したことを考えると、一層罪深く感じる。

 劇中のチン・ヒョンピルは、元となった事件からは浮かび上がらない、悪人としての実像が魅力的に描かれている。ある時は誰もが信頼するカリスマ経営者。ある時はフィリピン英語を操り、スラム街の子供に食事を配る慈善家。容易く涙を流す一方、裏切り者はもちろん、自分自身を「抹殺する」ことすら厭わない。相手が求める人間像をふるまうこの男に、いかにして多くの人が騙されていったかが、真実味を持って観客に迫ってくる。

 今回、カン・ドンウォンは「ジェミョンを演じるのがかなり難しかった」とインタビューで語っている。彼は『義兄弟 SECRET REUNION』『超能力者』『群盗』のように、自分の力ではどうすることもできない悲しい運命を背負った役の時が、一番胸に迫るものがある。それに比べてジェミョンは、人物の奥行きという点では若干の寂しさも否めない(だからこそ、左遷された時のカン・ドンウォンの表情が素晴らしい)。ここまで魅力の強い“悪”の前では、純粋善が個性を戦わせるのは難しいと改めて感じた。

 だが後半、ヒョンピルと対峙することでジェミョンのキャラクターが尻上がりに立っていく。悪役が照り返しのように“善”を際立たせていったのだ。被害者が存在している限り、悪は現実世界で裁かれるべきである。同時に、こうして悪の魅力を存分に感じさせてもらえることこそ、フィクションの愉しみである。ヴィラン(悪役)こそ映画の華であることを再認識した作品であった。

master2.jpg

 今回、イ・ビョンホン、カン・ドンウォンといった俳優陣が相次いで来日し、日本公開を盛り上げてくれたのは、実に嬉しかった。特にカン・ドンウォンは『義兄弟 SECRET REUNION』以来7年ぶりの舞台挨拶であり、会場はファンの歓喜に沸いた。

 もう一人の主演であるキム・ウビンの来日は叶わなかった。彼は5月に鼻咽頭がんの診断を受け、治療に専念しているところだと報じられている。劇中、ぼろぼろの身体からジャングンが生還し、ヒョンピルを追い詰めていくさまに胸を熱くして観ていた。キム・ウビンの復帰を心から待っている。


『MASTER マスター』
 原題 마스터 英題 Master 韓国公開 2016年
 監督 チョ・イソク 出演 イ・ビョンホン、カン・ドンウォン、キム・ウビン
 2017年11月10日(金)より、全国上映中!
 公式サイト http://master-movie.jp/


>>>>> 記事全リスト


Review 『密偵』 ~闇の時代、ソン・ガンホの顔

Text by Kachi
2017/12/11掲載



 「時代を演じる顔」と呼ぶべき俳優は、この世に何人存在するだろうか。私は、今のところソン・ガンホという役者以外を想像することができない。たとえば『殺人の追憶』では、軍事政権下の重苦しさといった荒涼とした時代を、あるいは『観相師 ―かんそうし―』では、朝廷の権力争いの無慈悲さを、その面貌だけで存分に感じさせてくれた。ここに『王の運命(さだめ) ―歴史を変えた八日間―』『弁護人』を加えると、ソン・ガンホ映画の一つの特徴が見えてくる。主人公は皆、歴史の悲劇をなんとか回避しようと闘う人物であることだ。映画の中であっても事実は変わらないわけだが、その闘いが決して実を結ばないことを分かっていてもなお、ソン・ガンホの「歴史の立会人」を忘れることができない。

mittei.jpg

 イ・ジョンチュル(ソン・ガンホ)は、朝鮮総督府警務局部長ヒガシ(鶴見辰吾)の命を受けながら、大韓民国独立を目指す運動家たちの過激な破壊活動を取り締まっていた。次の標的を義烈団のリーダー、チョン・チェサン(イ・ビョンホン)に定め、まず主要構成員のキム・ウジン(コン・ユ)を取り込もうと目論んでいた。一方の義烈団側も警察の動きを察知しており、民族感情を武器にジョンチョルを懐柔しようとする。

 韓国映画の「日帝時代」というジャンルは、ここ最近変化の兆しを見せている。『暗殺』は独立を目指した者たちの挫折と信念のドラマでもあり、『空と風と星の詩人~尹東柱の生涯~』は、詩作と革命に命を燃やした若者たちの青春劇でもあった。分かりやすく反日的であるよりも、人物像が多様で、抵抗運動を通じて「人間の正しさ」に邁進し、倒れていった彼らへのシンパシーを抱かせることで、あの時代が如何に残忍であったかを痛感させる作りになっている。『密偵』はさらに、民族の強い結束を維持しながらも、目的を果たすために、失敗した者を容赦なく切り捨て、裏では仲間を欺くといった独立運動の負の側面や弱みにも踏み込み、人間的な悲劇として描き出すことに成功している。

 独立運動家を取り逃がした(ふりをした)ジョンチュルに、ヒガシは「君が朝鮮人に生まれたのは仕方がない。忘れてやろう」と言い放つ。「名誉日本人」の称号を獲得しなければ犬にも劣るという、悲壮な背景を持つ登場人物である。重厚なイメージのジョンチュルだが、芯のところで感情的に弱く、義烈団のリーダー、チョン・チェサンのようにカリスマティックに団員を導いていくことも、キム・ウジンのように自らの正義を強く信じることも叶わない(だからこそ、ウジンたちはジョンチュルを懐柔しようとしたのだろう)。同じ警察組織の人間で、ライバルのハシモト(オム・テグ)のように、任務の名のもとで冷酷に立ち回ることも結局はできなかった。映画の冒頭、独立運動家が盗品の仏像を売却しようとする現場にジョンチュルは駆けつけ、生かして捕らえるつもりが、追いつめられた相手は自害する。ジョンチュルは、民族の英雄にも裏切り者にもなれない人物である。しかし、実際かの時代に思想を抱いて生きた者がどのくらいいただろうか。ジョンチュルの脆さこそ、混乱をひたすら生き抜こうともがいた人間の、普遍的惑いであるに違いない。

 なぜこの時代に、なぜこの国に生まれたのか。血とともに朝鮮半島に染み込んだ屈辱と抵抗の歴史に思いを馳せれば、苦悩や煩悶と名付けてしまうにはあまりに深い問いかけである。『観相師 ―かんそうし―』でソン・ガンホ演じる観相家ネギョンが、息子を失い、自らもぼろ切れのようになった後で、「現し世(うつしよ)に何が見えるのか」と問われるが、未来を占うことができたはずの彼が何も答えられない。『密偵』ラストのジョンチュルの顔は、それと似ている。しかし虚無的なラストがなおも観客の胸を打つのは、悲劇を変えようともがいた多くの誰かを、ソン・ガンホの顔にははっきりと見出せるからなのだ。『密偵』を見終わった後に心に残るのは、やはりソン・ガンホの顔だった。


『密偵』
 原題 밀정 英題 The Age of Shadows 韓国公開 2016年
 監督 キム・ジウン 出演 ソン・ガンホ、コン・ユ、ハン・ジミン、オム・テグ、シン・ソンノク、鶴見辰吾、イ・ビョンホン
 2017年11月11日(土)より、シネマート新宿ほか全国ロードショー
 公式サイト http://mittei.ayapro.ne.jp/


>>>>> 記事全リスト


Review 『あなた、そこにいてくれますか』 ~人生の幸福とは何か? 大人が観るべきファンタジー映画

Text by Kachi
2017/10/14掲載



 韓国映画界ではここ数年、タイムリープ(瞬間的に時間を超えて過去や未来へ行く能力)を題材にした作品が増えている。『リバイバル 妻は二度殺される』(2015)、『時間離脱者』(2016)など、韓国ではSFものはあまりヒットしないと言われている中でも興行的に健闘する作品もある。昨年日本で話題の中心となったアニメ『君の名は。』も、韓国公開時は観客動員数367万人、興収295億ウォンで、現時点で韓国で公開された邦画史上もっとも当たった映画になったという。ジャンルの盛り上がりとも言えるのかもしれないが、やはり時間を旅する夢というものは誰もが抱くのかもしれない。

anasoko.jpg

 先に挙げた作品は、過去や未来の時間に飛ぶことで殺人を防ごうとする筋立てであるが、『あなた、そこにいてくれますか』は、それらとは少し毛色の異なるタイムリープ映画である。医師のスヒョン(キム・ユンソク)は、医療ボランティアで訪れたカンボジアを去る直前、長老から障がいを持った新生児の手術を頼まれる。帰国を遅らせて治療を終えたスヒョンは、お礼にと不思議な薬を手渡される。韓国に戻り、何の気なしに錠剤を口にしたスヒョンが眠りに落ちると、30年前の世界にさまよいこんでいた。さらに若き日の自分自身(ピョン・ヨハン)と鉢合わせする。

 スヒョンの心残りは、30年前に愛した女性ヨナ(チェ・ソジン)を守れなかったことだ。中年のスヒョンは過去を変えることで彼女の命を救おうとするのだが、そのためにはヨナとの関係そのものを犠牲にしなければならず、青年時代のスヒョンから激しく拒絶される。たとえタイムリープでこの先に絶望があることが分かったとしても、今、自分が不幸せになる選択は、容易いものではない。そのせいで愛する人に災厄が降りかかるとしても、力ずくで運命と闘おうとするだろう。自分自身を優先させる頑なさ、それを変える難しさが、この映画にはある。

 間違った道を選んだと気づいたとき、ターニングポイントに戻れたとしても、人生から「後悔」という言葉が消えてなくなるわけではない。よりよい人生を送るため、人間は日々選択と決断を繰り返しているというが、「選ぶ道を誤った」という言葉には、もしかすると、あまり意味はないのかもしれない。

 過去の時間へ戻れることを知ったスヒョンは、自分だけのために出来ることもあったに違いないのだが、愛する人のことだけを思った。『あなた、そこにいてくれますか』というタイトルには、「私が存在していたい」のではなく「あなたが存在していてほしい」という祈りが込められている。人生の幸福のあり方をそっと教えてくれる、大人が観るべきファンタジー映画であった。


『あなた、そこにいてくれますか』
 原題 당신, 거기 있어줄래요 英題 Will You Be There? 韓国公開 2016年
 監督 ホン・ジヨン 出演 キム・ユンソク、ピョン・ヨハン、チェ・ソジン
 2017年10月14日(土)より、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国順次ロードショー
 公式サイト http://gaga.ne.jp/anasoko/


>>>>> 記事全リスト



Copyright © 1998- Cinema Korea, All rights reserved.
Powered by FC2 Blog

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。