HOME団体概要support シネマコリア!メルマガ登録サイトマッププライバシー・ポリシーお問合せ



サイト内検索 >> powered by Google

■日本で観る
-上映&放映情報
-日本公開作リスト
-DVDリリース予定
-日本発売DVDリスト
■韓国で観る
-上映情報
-週末興行成績
-韓国で映画鑑賞
■その他
-リンク集
-レビュー&リポート
■データベース
-映画の紹介
-監督などの紹介
-俳優の紹介
-興行成績
-大鐘賞
-青龍賞
-その他の映画賞


News 「フォーカス・オン・アジア」&ワークショップで注目の韓国短編3作品上映!

2012/10/15掲載



 東京国際映画祭の連動企画として、10月25日(木)から10月28日(日)まで、東京都写真美術館ホールにて「フォーカス・オン・アジア」&ワークショップが開催される。この催しは、米国アカデミー賞公認で、日本発・アジア最大級の国際短編映画祭「ショートショートフィルムフェスティバル&アジア(SSFF & ASIA)」が、ショートフィルムの面白さの啓蒙と、若手映像作家の育成を目的に、主催するもの。今年6月に開催された「ショートショートフィルムフェスティバル&アジア2012」から選りすぐりのショートフィルムと国際映画祭の常連監督による最新ショートフィルムを上映するほか、最終日の10月28日(日)には、初監督作品『モテキ』が空前の大ヒットとなった大根仁監督を講師に招いたワークショップが開催される。

ssff0.jpg

 気になる上映作品だが、SSFF & ASIA 史上初の日本人女性監督によるグランプリ作品『もう一回』(日本/平柳敦子監督)、アジア インターナショナル部門優秀賞を受賞した『泥棒』(台湾/Jay Chern監督)といった新鋭の作品に加えて、世界的な名声を得ているアン・ホイ、アッバス・キアロスタミ、アピチャッポン・ウィーラセタクンらのショートフィルムが特別上映される。

 韓国からは短編映画が三本、登場。『葬式』(ユ・ミニョン監督)は、キム・ギドク監督『ピエタ』が最高賞の金獅子賞を、チョン・ギュファン監督『重さ/The Weight』がクィア獅子賞を受賞して話題となった第69回ベネチア国際映画祭で、みごと最優秀短編賞を獲得した注目作。中国のインターネットTVがアジアの著名監督に依頼して制作したオムニバス映画『ビューティフル 2012』からは、『家族の誕生』『レイトオータム』のキム・テヨン監督編『歌う君は誰よりも美しい』が上映される。主演は韓国映画ファンにはお馴染みのコン・ヒョジンとパク・ヒスンだ。また、3年前の作品だが、映画『泥棒たち』、ドラマ『ドリーム・ハイ』に出演しているキム・スヒョン主演作『最悪の友達』(ナムグン・ソン監督)も上映。いずれも本邦初公開となる。

 三大映画祭受賞作、アジアの注目監督&俳優による期待作、そして若手スターの映画初主演短編と、長編にも劣らぬ注目のラインナップだ。


ssff1.jpg
『葬式』 原題 招待/2012年/ユ・ミニョン監督 ※ Aプログラムで上映


ssff2.jpg
『歌う君は誰よりも美しい』 2012年/キム・テヨン監督 ※ Bプログラムで上映
(オムニバス映画『ビューティフル 2012』の一編・原題『彼女の演技』)


ssff3.jpg
『最悪の友達』 2009年/ナムグン・ソン監督 ※ Cプログラムで上映



「フォーカス・オン・アジア」&ワークショップ ショートショートフィルムフェスティバル&アジア
 期間:2012年10月25日(木)~10月28日(日)
 会場:東京都写真美術館ホール
 料金:パスポート 前売 \1,300/当日 \1,500 1プログラム券 当日 \1,000
     ※ ワークショップは申し込み制
 公式サイト http://www.shortshorts.org/

関連記事
 Review 『未熟な犯罪者』『合唱』『最悪の友達』 ~葛藤と希望、青少年を見つめる3監督の視線


>>>>> 記事全リスト


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント


Copyright © 1998- Cinema Korea, All rights reserved.
Powered by FC2 Blog