HOME団体概要support シネマコリア!メルマガ登録サイトマッププライバシー・ポリシーお問合せ



サイト内検索 >> powered by Google

■日本で観る
-上映&放映情報
-日本公開作リスト
-DVDリリース予定
-日本発売DVDリスト
■韓国で観る
-上映情報
-週末興行成績
-韓国で映画鑑賞
■その他
-リンク集
-レビュー&リポート
■データベース
-映画の紹介
-監督などの紹介
-俳優の紹介
-興行成績
-大鐘賞
-青龍賞
-その他の映画賞


Review 『短い記憶』

Text by mame
2012/6/19掲載



 ヘファ(ユ・ダイン)とハンス(ユ・ヨンソク)は、若くして子を授かるが、子供は生まれてすぐに死んでしまう。父親であるハンスは、子供が生まれる前に彼女の前から姿を消し、2人はそれ以来会っていない。5年ぶりに現れた彼を、彼女はなじり、無視する。そんな彼女に食い下がり、彼は死んだはずの2人の子は、実は養子に出されて今も生きていると告げる…。

mijikaikioku0.jpg

 良い意味で韓国映画らしくない作品でした。必要最小限のセリフと効果音、そして韓国の冬の白い空気。それが主役2人の若さをより引き立たせています。ここでいう若さとは、ハツラツとした、まぶしい若さではなく、若いが故に迷い立ち止まってしまう、そんなもどかしい若さのことです。

 この作品には実にたくさんの犬が出てきます。主人公であるヘファが働いているのも動物病院で、彼女は捨てられている犬を見ると放っておけずに、自分の家に連れ帰って育てています。

 犬は多産のシンボルとして知られます。犬は父親が誰か分からなくても、1人で産むことができるのに対して、まだ若い2人は、自分達が親になることを怖れ、逃げ出したい気持ちでいっぱいになり、その結果子供を失ってしまいます。子供を失ったつらさは、5年経った今でも、2人の心に深く刻まれて、今後も消えることはないでしょう。それでもこの作品には、意外に悲しい雰囲気は漂っておらず、動物病院の院長やその子供、そしてたくさんの犬達がヘファの心を癒してくれている、そんな優しい空気に包まれています。

 5年の時が経っても、2人はまだ若いままであり、過去を振り返りつつも、前に進んでいくしかない、そんな希望を感じさせるラストになっています。



 監督のミン・ヨングンはドキュメンタリー出身の若手でこれが長編デビュー作。ドキュメンタリーで培った細やかな描写や、暗喩的な映像が随所に盛り込まれていて、派手な演出はないものの、つい引き込まれてしまいます。また、主役のユ・ダインの澄んだ瞳は、次世代のぺ・ドゥナを彷彿とさせて、観る者の心に深く残ります。

 日本での公開は初夏になりますが、韓国の寒い冬と、それを暖める小さな出来事を綴った若い2人の成長物語は、きっと多くの人の心に残るでしょう。





『短い記憶』
 原題 ヘファ、ドン/英題 Re-encounter/韓国公開 2011年
 監督 ミン・ヨングン 主演 ユ・ダイン、ユ・ヨンソク
 2012年6月9日(土)より、全国のコロナシネマワールドほかにて順次公開
 2012年8月18日(土)より、キネカ大森にて上映
 公式サイト http://mijikaikioku.jp/

Reviewer's Profile
 mame。1983年、岡山県生まれ。2004年、韓国・弘益大学美術学部に交換留学。韓国映画は留学を決めるきっかけにもなった。専攻は木版画。現在は会社勤めをしながら作品制作を続けている。


>>>>> 記事全リスト


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント


Copyright © 1998- Cinema Korea, All rights reserved.
Powered by FC2 Blog