HOME団体概要support シネマコリア!メルマガ登録サイトマッププライバシー・ポリシーお問合せ



サイト内検索 >> powered by Google

■日本で観る
-上映&放映情報
-日本公開作リスト
-DVDリリース予定
-日本発売DVDリスト
■韓国で観る
-上映情報
-週末興行成績
-韓国で映画鑑賞
■その他
-リンク集
-レビュー&リポート
■データベース
-映画の紹介
-監督などの紹介
-俳優の紹介
-興行成績
-大鐘賞
-青龍賞
-その他の映画賞


Review 『朴烈(パク・ヨル)』 ~日本人女性を同志にした独立運動家の熱い闘い

Text by 井上康子
2017/8/16掲載



 『空と風と星の詩人~尹東柱の生涯~』に続き、イ・ジュニク監督が日本の植民地下に実在した人物を描いている。前作が詩人、尹東柱(ユン・ドンジュ)を主人公にした静謐なイメージの白黒作品であったのに対して、本作は独立運動家にしてアナーキストの朴烈(パク・ヨル)を主人公に据えた、熱く、原色が目に焼き付く作品だ。

pakuyoru.jpg

 登場する人物や出来事は事実に基づいていると監督は強調している。独立運動家の愛人としてはたいへん意外であったが、ヨルの愛人にして同志が日本人だったというのも事実だ。金子文子というアナーキストで、二人の出逢いは運命的で印象深い。ヨルは東京で車引きをして生計を立てているが、朝鮮人と分かるや、日本人客は正当な車代を払わないばかりか彼を足蹴にする。自身の境遇を書いた「犬ころ」という詩が同人誌に掲載されるが、それを読んだ女給の文子は彼こそが生涯の伴侶だと確信し、同棲を申し出る。文子は親に捨てられ、朝鮮の親戚に売られ、虐待の中を生き延び、権力を不当に行使する者に対する怒りを煮えたぎらせていた。まさに二人は同志だった。

 主なストーリーはこういうものだ。関東大震災後、「朝鮮人が井戸に毒を入れた」等のデマが広まり、6千人余りの朝鮮人が虐殺された。日本政府は虐殺を隠蔽するために、ヨルが皇太子を暗殺しようとしたという事件をでっちあげ、そちらに関心を集めようとする。ヨルと文子は状況を逆手に取り、冤罪であるのに罪を認め、裁判を権力者の不当性と蛮行を訴えるための公的な場として利用し、さらには独立運動の英雄になろうとする。

 パク・ヨルは韓国でもそれ程著名な人物ではないようだ。監督は約20年前に『アナーキスト』(2000年)を製作中に彼を知り、その人生と思想に魅了され、考証を重ねて作品にした。これまで表舞台に登場しなかった彼の真実の姿を見せようという気迫を感じることができる。ヨルと文子が拘束され、裁判にかけられる過程は、日本の法廷で占領下の朝鮮人がこのように堂々と大胆な行動を取ることができたのだと誰もが驚く痛快なものだが、不自然さを感じさせることはない。また、監督の過去作品『王の男』(2005年)、『ソウォン/願い』(2013年)のように、力を持たない者たちの底意地を丁寧に描いて見せて、真骨頂を発揮している。

 主演のイ・ジェフンは足蹴にされ、殴られる程に爆発的に熱を放つヨルを文字通り熱演した。ヨルと対等のエネルギーを放っていた文子役のチェ・ヒソは日本在住歴があり、自然な日本語を披露。彼女は『空と風と星の詩人~尹東柱の生涯~』でも主人公を支える日本人女学生役で出演している。

 ヨルと文子を翻弄した運命は日韓の不幸な歴史そのものだ。見終わって、それを思うと何とも居たたまれない気持ちがしたが、ヨルと文子が見せた、国同士が不幸な関係の時であってもそれを易々と越えてしまう、人と人の絆の強さに救いを見出せた思いがした。


『朴烈(パク・ヨル)』
 原題 박열 英題 Anarchist from Colony 韓国公開 2017年
 監督 イ・ジュニク 出演 イ・ジェフン、チェ・ヒソ、キム・イヌ
 日本未公開作

Writer's Note
 井上康子。抵抗の対象は日本ではなく、日本の権力者と捉えている『朴烈(パク・ヨル)』の登場人物たちを見て、約30年前にソウルのタプコル公園で声をかけてくれた老人を思い出した。彼は叔父が日本留学中に憲兵に殺害されたことも終始穏やかに語り、自販機のコーヒーを御馳走してくれた。


>>>>> 記事全リスト


関連記事
スポンサーサイト

Review 『軍艦島』 ~過酷な状況で必死に生きる人々を描くアクション・エンターテイメント・ドラマ

Text by hebaragi
2017/8/10掲載



 長崎県の端島(はしま)は、別名「軍艦島」と呼ばれる。2015年にユネスコの世界文化遺産に登録され、現在は観光地にもなっている。島にある炭鉱での労働のためピーク時には約5千人もの人々が住んでいたが、その中には、朝鮮半島から様々な名目で連れて来られ徴用工として労働を強いられた人々も少なくないといわれている。

gunkanjima.jpg

 映画『軍艦島』のストーリーは、リュ・スンワン監督が「歴史的事実にインスピレーションを受けて制作した」とコメントしているように、強制徴用という史実を元にした「集団脱走」というフィクションの要素を含むものとなっている。

 映画のストーリーはこうだ。

 主人公ガンオク(ファン・ジョンミン)は、クラリネットを演奏する楽団長であり、京城(現在のソウル)のバンド・ホテルでの生演奏を生業としていた。あるとき「日本で稼げる」という誘いに乗り、ガンオクはまだ幼い一人娘ソヒ(キム・スアン)、チンピラのチルソン(ソ・ジソブ)、日本統治下の朝鮮で苦難の日々を送ってきたマルリョン(イ・ジョンヒョン)らとともに軍艦島に行くこととなる。

 島に到着した日。印象深いシーンがある。一行を迎えた炭鉱会社の職員が、軍歌「同期の桜」をリクエストし、ガンオクたちが情感たっぷりに演奏するところだ。もちろん、日本の植民地支配の時代であり、朝鮮人にとって日本の軍歌を演奏することは屈辱に違いない。しかし、ガンオクは、島で生きていく覚悟を決めたかのような演奏ぶりだ。一方、一緒に軍艦島に渡った労働者たちは、事前の予想に反し、地下一千メートルの危険な採炭現場で過酷な労働を強いられる。ガス爆発などの事故も発生し、また、労働者の賃金もピンハネされるなど苦難の日々が続く。また、連れてこられた女性は島内の遊郭での労働を強いられ、客から乱暴な仕打ちを受けたりもする。そんな中、労働者たちは、過酷な現実から逃れようと集会を開くなどして団結を強めていく。

 日本の敗戦が濃厚となっていくなかで、会社は数々の不当な行為を隠蔽しようとして関係書類を焼却したり、労働者たちを坑道に閉じ込めて爆破し、自らに都合の悪い事実を隠蔽しようと画策する。一方、朝鮮から派遣された光復軍のムヨン(ソン・ジュンギ)が、そうした企てに気づき、労働者たちを島から脱出させるための行動を決意することとなる。

 切迫した状況の中で、労働者たちは脱出を企てるが、それを阻止しようとする会社側と銃撃戦となり、多数の労働者が倒れる。生き残った労働者たちは、帰国すべく石炭運搬船に乗り込み、長崎港を目指すが、その日は奇しくも1945年8月9日。長崎に原爆が投下された日であり、船上からキノコ雲を見ることとなるラストシーンでエンドロールを迎える。

 本作は、ストーリーをめぐり、公開前から日本と韓国で様々な話題を呼んできた。たとえば、作品中、島から脱出するためのロープを作るために主人公や労働者たちが旭日旗を引き裂くシーンがあり、日本では「反日映画では」との評価も聞かれる。

 確かに、そのような指摘も否定はできない。しかし、リュ・スンワン監督は、全編を通じて過酷な状況を必死に生き抜く人々を描くとともにアクション的要素も盛り込んでおり、エンターテイメント作品として見ることもできよう。また、舞台となる軍艦島のセットは大がかりなものであり、多額の制作費をかけた力作として見ることもできる。本作のテーマは重く過酷だ。しかし、見終わった後はアクション大作としての演出に圧倒された印象が強い。

 軍艦島については、世界文化遺産に登録された際にユネスコからの勧告もあり、日本が2017年末までに徴用工などに関するインフォメーションセンターを設置することを表明している。その事実については本作のラストにも掲載されているが、未だに実現の見通しは立っていない。

 本作は、韓国では公開(7月26日)から8日間で500万人の観客動員を記録する大ヒットとなっている。日韓の歴史を考え、相互理解を深めるためのひとつのきっかけとして、多くの日本人にも見てほしい作品である。


『軍艦島』
 原題 군함도 英題 The Battleship Island 韓国公開 2017年
 監督 リュ・スンワン 出演 ファン・ジョンミン、ソ・ジソブ、ソン・ジュンギ、イ・ジョンヒョン、キム・スアン
 日本未公開作
 公式サイト http://www.gunhamdo2017.co.kr/

Writer's Note
 hebaragi。半年ぶりに訪れたソウルでは、『軍艦島』のほかにも、イ・ジュニク監督の『朴烈(パク・ヨル)』、ポン・ジュノ監督の『オクジャ』を見た。いずれの作品もジャンルこそ異なるが、心に伝わってくるものがあったのが大きな収穫だった。


>>>>> 記事全リスト


関連記事

Copyright © 1998- Cinema Korea, All rights reserved.
Powered by FC2 Blog

FC2Ad