HOME団体概要support シネマコリア!メルマガ登録サイトマッププライバシー・ポリシーお問合せ



サイト内検索 >> powered by Google

■日本で観る
-上映&放映情報
-日本公開作リスト
-DVDリリース予定
-日本発売DVDリスト
■韓国で観る
-上映情報
-週末興行成績
-韓国で映画鑑賞
■その他
-リンク集
-レビュー&リポート
■データベース
-映画の紹介
-監督などの紹介
-俳優の紹介
-興行成績
-大鐘賞
-青龍賞
-その他の映画賞


Review ハートアンドハーツ・コリアン・フィルムウィーク 『春の夢』『バッカス・レディ』『空と風と星の詩人~尹東柱の生涯~』 ~憂鬱と悲しみを癒やす映画の旅

Text by Kachi
2017/7/23掲載



 ソウルの地下鉄6号線「ワールドカップ競技場」駅で降りて、韓国映像資料院へと足を運ぶ。ただでさえ最寄り駅から遠い、韓国映画の聖地へ徒歩で向かったある時、何かのはずみで、反対側の京義線「水色」駅の方へ渡ってしまった。列車の架線の向こう側にデジタルメディアシティのビル群が見えるけれど、一向にたどり着けない不安がよぎる。駐車場入り口でくすんだ色のビニールがはためく、古式ゆかしいモーテルの顔つきだけでも、ここが高級ホテルや放送局がひしめく上岩洞と平行して立つ街なのだろうかという戸惑いと、名状しがたい高揚感を覚えたことを鮮明に覚えている。

hearthearts-review2.jpg
『春の夢』

 「上岩の人はみな準備ができている表情をしているけれども、水色洞では全く準備のできていない表情に出会える」とは、そんな水色洞を物語の舞台にした『春の夢』のチャン・リュル監督の言葉だ。「準備のできていない表情」という言い回しほど、水色洞の人と町並みを表現するのに、これ以上の似合いはないと感じた。

 イクチュン、ジョンボム、ジョンビンの『風吹く良き日』よろしくな「ぬけさくトリオ」と、彼らの憧れのイェリ。3人は我こそイェリをものにしようと足を引っ張り合い、彼女が一人切り盛りする居酒屋で日々とぐろを巻いている。けれども、温室育ちで気楽そうなジョンビンは持病で頻繁に卒倒してしまうし、北出身のジョンボムは勤め先の社長から理不尽なクビを宣告されている。イクチュンも昔のワル仲間との悪縁を断ち切れないようである。活発なサッカー少女ジュヨンはイェリへの叶わぬ想いに胸を焦がす。にぎやかな宴もすべて泡沫に帰すことを想起させるアバンタイトルのように、みなかりそめに笑顔を浮かべながらも、憂鬱やもどかしさ、時に深い絶望をその身に宿している。

 ヒロインであるイェリの大胆さと余裕に3人はすっかりやられているが、北で生まれた彼女も母親を病気で亡くし、その上、一度は自分たちを捨てた父親が全身麻痺で寝たきりとなり、介護に追われている。一度、理想的な男性がイェリの店を訪れるが、まるで幻のように去って行ってしまう。「こんなではない私の人生が、どこかにあり得たはず」という夢想が目先で消えていく孤独は、誰に分かろうはずがない。チャン監督といえば、過去作『唐詩』での女性の舞踊シーンが印象深いが、『春の夢』でイェリが披露するゆるやかな舞は、優雅でありながら物悲しい。男3人が1人の女を巡り、ゆるい恋のさや当てに邁進する様や、モノクロームのルックはホン・サンスを彷彿とさせる。だがチャン監督の作品群は、多くにしてその水底にやりきれない悲しみがたゆたっていて、本作も通底するものがある。

hearthearts-review3.jpg
『バッカス・レディ』

 「バッカス1本いかが?」と、栄養ドリンクを差し出すのが誘い文句。『バッカス・レディ』は、鍾路に位置するタプコル公園で、“バッカスおばさん”と呼ばれる高齢女性たちが春をひさいでいるというショッキングな主題―しかも実話である―に目が行きがちであるが、まるでノンフィクションのような筆致と、味わい深いペーソスで、高齢娼婦の人生の夕暮れを描ききっている。

 主人公のソヨンは、かつて“洋公主”(在韓米軍を対象にした売春婦)で、今は初老の韓国人男性が相手である。しかし、近頃は実入りも芳しくない。客も高齢ゆえに、病や死で姿を見せなくなっていた。ある時、半身不随で人生を悲観した過去の馴染み客から、安らかに死なせてほしいと懇願される。

 死ぬほど気持ちよくさせてくれる性技の持ち主として評判の彼女が、現実に死ぬ手伝いをするというのは、実にブラックな洒落だが、冒頭、ある訳ありの男児を、ソヨンがもののはずみのように保護してしまった本当の理由を誰も分からないように、表向きに見えるものと事実には大きな隔たりがあり、しかも他人はうかがい知れないものである。ある瞬間にソヨンがつぶやいた「本当のことは誰にも分からないもの。外側だけで決めつけるのね」という台詞は、彼女の人生に染みこんだ労苦についてにも言えることなのだ。

hearthearts-review4.jpg
『空と風と星の詩人~尹東柱の生涯~』

 日帝時代を舞台にした作品は、その中で傷ついた人々の記憶に焦点が当てられ、スクリーンに表現されることがほとんどである(もちろん、そうあるべきである)。『空と風と星の詩人~尹東柱の生涯~』は、尹東柱(ユン・ドンジュ)とそのいとこである宋夢奎(ソン・モンギュ)が京都で逮捕され、特高警察による執拗な取り調べの場面から始まる。無論、私たちが省みるべき歴史的悲劇とは無縁ではない。だが、この映画が趣を異にしているのは、悲惨な時代に砕け散った青春にこそ主眼が置かれている点だ。若さを生きる不安や嫉妬が、美しいモノクロ画によって柔らかく活写されているのだ。

 イ・ジュニク監督は東柱と夢奎の関係を「尹東柱にとって宋夢奎は、自身の影のような存在」と考えたという。では「影」の夢奎にとって、東柱はいかなる存在だったのだろう。散文が新聞に掲載されるほどの文才を持ちながら、なぜ彼は武力による革命運動に身を投じたのだろうか。

 劇中、時に東柱と夢奎は激しくぶつかり合う。「自分も独立運動の仲間に加えてほしい」と訴え、「お前は詩を書け」とはねつけられる東柱は、劣等感に似た感情を募らせていく。夢奎は直接的な革命にしか国家の希望を見出せなかったのかもしれないが、それ以上に、東柱とその詩才のため、ペンを銃に変えたのではないか。東柱が永遠に無垢なままであらんことを望んだがために。

 父子の軋轢で命を落とした悲劇の息子『思悼』(邦題『王の運命(さだめ) ―歴史を変えた八日間―』)。心身の深い傷から必死に立ち直ろうとする少女の名を冠した『ソウォン』(邦題『ソウォン/願い』)。イ・ジュニク監督の作品のいくつかは、そのタイトルが、ある特定の人物に対する、慰めに満ちた呼びかけになっている。『空と風と星の詩人~尹東柱の生涯~』の原題は、『ドンジュ』である。彼の存在に心を揺り動かされた者たちが、その名を呼んでいる。

hearthearts-review1.jpg
ハートアンドハーツ・コリアン・フィルムウィーク


『春の夢』
 原題 춘몽 英題 A Quiet Dream 韓国公開 2016年
 監督 チャン・リュル 出演 ハン・イェリ、ヤン・イクチュン、パク・ジョンボム、ユン・ジョンビン
 2017年7月22日(土)より、特集上映「ハートアンドハーツ・コリアン・フィルムウィーク」の1本としてシネマート新宿ほか全国順次ロードショー
 公式サイト http://www.koreanfilmweek.com/

『バッカス・レディ』
 原題 殺してあげる女 英題 The Bacchus Lady 韓国公開 2016年
 監督 イ・ジェヨン 出演 ユン・ヨジョン、チョン・ムソン、ユン・ゲサン
 2017年7月22日(土)より、特集上映「ハートアンドハーツ・コリアン・フィルムウィーク」の1本としてシネマート新宿ほか全国順次ロードショー
 公式サイト http://www.koreanfilmweek.com/

『空と風と星の詩人~尹東柱の生涯~』
 原題 동주 英題 DongJu; The Portrait of A Poet 韓国公開 2016年
 監督 イ・ジュニク 出演 カン・ハヌル、パク・チョンミン
 2017年7月22日(土)より、特集上映「ハートアンドハーツ・コリアン・フィルムウィーク」の1本としてシネマート新宿ほか全国順次ロードショー
 公式サイト http://www.koreanfilmweek.com/


>>>>> 記事全リスト


関連記事
スポンサーサイト

Interview ハートアンドハーツ・コリアン・フィルムウィーク 『あの人に逢えるまで』カン・ジェギュ監督 ~分断という辛さだけでなく、情緒的なものも見ていただけたら

Text by Kachi
2017/7/23掲載



 カン・ジェギュ監督の短編映画『あの人に逢えるまで』で、主人公の女性がたたずむ背景が、ゆっくりと「あの日」に帰って行く。時間は不可逆だが、人の心の時間はそうではない。それを教えてくれる唯一にして無二の芸術が映画なのである。そしてだからこそ、現実の時間は戻せないという事実を、より強く私たちに感じさせ、胸をしめつける。誰かを待つという時間が、人間の人生の中で最も悲しく純粋であることが、28分間の中に凝縮された、名匠の名にふさわしい短編映画である。

 作品の核心部分に触れている箇所があります。

hearthearts-int1.jpg
カン・ジェギュ監督


── 冒頭に引用されているのは、ヨニがバスの中で読んでいる詩ですよね。あれがどういう詩なのか、また、どうして引用されようと思ったのかお教え下さい。

「ギーターンジャリ」という題名で、インドのタゴール氏(ラビンドラナート・タゴール)の詩です。私は常日頃、詩を沢山読む方ではありません。でもタゴールの詩は個人的に好きです。この詩は、待つ人の心の切実感を凝縮している詩だと私は思います。それでその詩を使いました。

── ムン・チェウォンさんとコ・スさんをキャスティングされた経緯についてお聞かせ下さい。

二人とも韓国では有名な俳優たちなので、「短編映画で彼らのような俳優を使う必要があるのだろうか?」とも考えました。撮影期間が5日間で、準備をする時間も限られていました。私が考えているヨニ、またはミヌという人物を、適切に表現してくれる人たち、特にヨニのような人を演じるには、20代と70代の演技のバランスがとても重要なのです。若い時のほんわかとしたロマンス。そして、一人の男性を生涯待ち続ける純粋な女性の表現。それを、ムン・チェウォンという女優が常に持っている人だなと思うようになりました。先にキャスティングしたムン・チェウォンさんに一番合うのは誰かな?と思って、コ・スという俳優をひとつのフレームの中に入れた時に、1950年代という時代感、「本当に愛し合っている者同士に見えるかどうか?」という条件を総合して見た時に、コ・スが一番合っているのではないかと思いました。


hearthearts-int2.jpg

── 監督からはどのような演技指導をされたのでしょうか?

まず観客は20代のムン・チェウォン(ヨニ役)を見るのですが、ヨニは実際には70代後半です。若い女性がなぜ70代の演技をするのか? それは後から分かることなのですが、20代の役でも70代後半の演技をしていることを悟られないようにするために、お二人にそれを共有し、演技をしてくださいとお願いしました。

── 監督が撮影しながらこだわったシーンはありますか?

20代のヨニが70代後半のおばあさんだったということが、鏡に映ることで分かるシーンがあります。それをどう観客に伝えたらよいのか、かなり神経を使いました。また、どのような状況でそれを見せるのが一番いい方法なのか、特に顔が変わるということをどういう方法で見せればいいのかという点に悩みました。

── 制作過程についてお聞きします。元から女性が主人公のお話だったのですか?

そうですね。『ブラザーフッド』を撮った時に、ドキュメンタリーを見ました。戦争に行った夫を待つおばあさんのお話でした。『ブラザーフッド』では少し変えて、兄弟で待つ、というふうにしましたが、元々は、生涯ずっと戦争でいなくなってしまったおじいさんを待ち続けたおばあさんの話を描きたいと思っていました。その話をこの短編に持って来ました。

── 3人の俳優が実に役にマッチしていました。特にこの映画のクライマックスシーンは、どのように演出されたのでしょうか。特にソン・スクさんは大変なベテラン女優なので、どういった演技をお願いしましたか?

この映画で、とても大事な大切なシーンです。若いヨニにも二つあります。観客に見える若いヨニは、ミヌと別れた時のその時点でのヨニです。ヨニはその後60年間という時間が、そのままの形で止まっています。20才の時は、若い時に愛する男性と別れてそれきり時間が止まってしまい、70代の後半になった今もその時のままなのです。私は二つの顔、別れる時のまま止まってしまったヨニ、そして80を目の前にした今のヨニを描きたかったのです。初めに、「やりたいように好きに演技をしてごらんなさいよ」と言うと、必ず共通性、または相違性が出て来ます。この二つの演技、そしてこの感情を見る時の想い、これは私にとってはとても揺れ動くそういう感情でした。また二つの顔、そして感情を1シーンで同時に見られるということ、それが良かったし、これを見たかったんです。ソン・スクさんに「特にこうして欲しい、ああして欲しい」という話はしませんでした。ただこのシーンは、「二人の演技を私は編集して使いますよ」ということはお伝えしました。二人は一人のヨニだからです。若いヨニが演技する時、ソン・スクさんが見ていて、年老いたヨニを演じる時は、若いムン・チェウォンさんが見ていました。


hearthearts-int3.jpg

── 監督は、南北問題といった社会的なテーマを映画にすることが多いと思います。現在、ちょうど北に融和的と言われている新政権が誕生しました。こうしたことで、監督が映画でテーマにされてきたような「韓国社会の痛み」は、今後変化があると思われますか?

南北問題がどのように進展するかによって、監督として映画を撮る状況が変わってくると思います。ここ10年程はかなり緊張していて、南北間で話し合いというのも持たれない時期が続きました。実はこの『あの人に逢えるまで』と似た内容のシナリオで長編を考えています。それは北朝鮮での撮影が不可欠になってくる作品です。今までの政権では北で撮影するなんて、口にすることもできませんでした。ですが現在の政権では、対話、またはそれに対する努力をしているので、とても肯定的に、そして平和的に進む…。そうすると撮影も北でできる、そういう可能性も出てくるのではないでしょうか。

── 楽しみに待っていたいと思います。最後に日本の観客にメッセージをいただけますか?

(この映画には)時代と歴史と個人という三つの軸があります。歴史によって、国家の利益のために個人の生きざまが変わってきます。そういう中での個人と歴史の関係性を、見てもらえると良いかと思います。また、愛というものの価値観、一人の男性と一人の女性が、お互い生涯を通して愛し続ける。これはそういう愛のお話です。また、この愛のお話を代弁するのが「待つ」という行為です。分断という辛さだけではない情緒的なものも、一緒に見ていただけたら嬉しいです。


hearthearts-int4.jpg


『あの人に逢えるまで』
 原題 민우씨 오는 날 英題 Awaiting 韓国公開 2014年
 監督 カン・ジェギュ 出演 ムン・チェウォン、コ・ス、ソン・スク
 2017年7月22日(土)より、特集上映「ハートアンドハーツ・コリアン・フィルムウィーク」の1本としてシネマート新宿ほか全国順次ロードショー
 公式サイト http://www.koreanfilmweek.com/


>>>>> 記事全リスト


関連記事

Report ハートアンドハーツ・コリアン・フィルムウィーク 『あの人に逢えるまで』カン・ジェギュ監督×李鳳宇氏トークショー

Text by Kachi
2017/7/23掲載



 南北の離散家族をテーマに描いた究極の短編ラブストーリー『あの人に逢えるまで』のトーク付き特別先行有料試写会が、6月22日、シネマート新宿にて開催された。ゲストは本作のほか、『シュリ』『ブラザーフッド』など南北分断をテーマにした作品を生み出してきたカン・ジェギュ監督。司会は、2000年に映画配給会社シネカノンの代表として『シュリ』を日本に紹介した映画プロデューサーの李鳳宇氏である。なお、李鳳宇氏は現在、『あの人に逢えるまで』を配給する株式会社レスペの最高執行責任者(COO)を務めている。

 『あの人に逢えるまで』は、特集上映「ハートアンドハーツ・コリアン・フィルムウィーク」で、7月22日(土)よりシネマート新宿ほか全国順次公開予定。

hearthearts-repo1.jpg
(左)李鳳宇氏、(右)カン・ジェギュ監督


李鳳宇:まず、この短編映画を作るきっかけをお聞きしたいと思います。

監督:皆さんご存知のように、韓国は近代の歴史において、36年間の植民地、朝鮮戦争、独裁政権、そして発展と、とても沢山の変化をもたらしてきました。過去をどのように暮らして来たのか、そして現在はどうなのか、また未来はどのようにしていくのか、という答えを探せないまま、とても早く走ってきたようです。こうした中で、「戦争の痛みや本質について正当な答えを出さないままでは、これからの未来に対して予測はできないのではないか?」「他の人がこの題材に手を付けなくても、私だけでもこの話はしていかなければいけないのじゃないか?」と『シュリ』『ブラザーフッド』を作りました。

李鳳宇:カン監督と言えば、韓国を代表する監督で、韓国でも日本でも、『シュリ』以前『シュリ』以降と言われ、この作品が韓国映画の歴史を変えたとも言われています。監督は『シュリ』以降も色んな映画を撮っていらっしゃいますが、韓国の人にとっては『シュリ』という映画がどのような存在にあるのでしょうか? その後、様々な南北を扱う映画が、堰を切ったようにたくさん生まれています。南北を捉えた視点が変わって来ているようにも感じているんですけれども。その辺りは先駆者として、監督はどのようにお感じになっていますか?

監督:『シュリ』は韓国映画の分岐点と言えます。芸術映画、または産業映画としての映画のターニングポイントとなっていました。当時、韓国映画は作家の世界観を表現する芸術でした。映画が商品として成り立つのであろうか? 産業として成り立つのであろうか? と考えていました。当時韓国では『風の丘を越えて~西便制』(1993年)が100万人(ソウルでの観客数)を超え、当時興行的に大ヒットした映画でした。また、外国の映画としましては1998年に『タイタニック』が、韓国でも450万人(全国観客数)という最高の興行成績を得ました。そんな中、1999年に『シュリ』が620万人(全国観客数)という記録を打ち立てました。「韓国の映画でもこのような興行ができるのだ。ヒットが作れるのだ」と、韓国映画を作る上で180度変化をもたらした映画になりました。当時、韓国映画では「これだけは作ってはならない」というジャンルが、南北問題、特に北朝鮮を題材とした映画でした。しかし『シュリ』の成功によって、南北や北朝鮮の映画がヒットするのだということが知れ渡りました。その後、こういう南北の映画というものが、他のどこでも真似のできるものではない、韓国だけが作れる映画だということも分かるようになりました。

観客1:俳優を選ぶ時に大切な事は、監督としてどういうことでしょうか?

監督:一番大変だと思うものは、映画を作る上での一番基礎になるシナリオです。次に難しいのがキャスティングだと思います。監督が出演を願っている俳優が、もしかしたら「監督は嫌だよ」と言うかもしれません。またキャスティングのギャランティ、スケジュールの問題など、なかなか合わない事がとても多いです。監督の立場からして、シナリオは真っ白な白紙を埋めるようなものです。白紙に俳優の想いを当てはめてみて、私が考える人物と現実の人物、主観的な評価、客観的なデータといったものを共有するのが、大切だと思います。

観客2:撮影地は誰がどうやって決めていますか?

監督:撮影地はとても重要だと思います。映画にはセットで撮る場合、合成で撮る場合などありますが、私の場合はロケーション撮影がとても多いので、大切な要素になっています。陽がいつ出て沈むのか。また一年の天気はどうなのか。雨がどれくらい降るのか。霧がどれくらい出るのか。風がどのくらい吹くのか。そうした撮影地のコンディションなども分析して決めていきます。制作費もかなり関連します。制作費が多い映画でしたら、コンピューターで加工したり、イメージを作ったりすることもできます。『LION ライオン 25年目のただいま』という映画ご覧になったでしょうか? この映画は幼い頃、駅に兄と遊びにいった子供が、兄がちょっと目を離した隙に、弟が電車に乗り、また家から遠く離れてしまい、またあまりの幼さで家を探すことができず、そして20年以上経った後にどうにか家を探してきたというお話です。幼い子供が感じた、怖さ、恐怖。そしてその世界が少年の立場からはどれだけ大きな壁になったか?という心理的・感情的なものを、この映画の撮影地を探していくと分かるので、この映画を観ていただくと、撮影地がどのような役割をするのか、に同感していただけるかと思います。

李鳳宇:今日、実は6月22日なんですね。このイベントに今日を選んだのは、皆さんご存知のように、6月25日は韓国では「ユギオ」と言いますが、朝鮮戦争が勃発した日だからです。韓国の人々にとっては、非常に悲劇的な日でありますし、毎年この日に色々なことを考えるのです。この(朝鮮戦争が始まった6月25日に近い)6月22日に、日本という韓国の隣の国で、離散家族を描いた監督の作品を上映するということについて一言お願いします。

監督:多分、ここにいらっしゃる日本の皆様、そして韓国の人においても、戦争というのは決して他人事ではないと思います。これまでたくさんの戦争で、離散の苦しみ、家族の別れ、父母との別れ、娘と親との別れなど、とても辛い時間を験してきています。3年間の朝鮮戦争で、400万人以上の戦死者が出ました。また、65年という南北分断の歴史には、痛みも伴いました。今、毎日のようにテロと戦争が起こっています。こういう時代に私たちは住んでいます。骨身に沁みた痛さを、日本の人も韓国の人々も感じています。北朝鮮のミサイル問題も起きています。私たち近くに住む人間たちとして、戦争は決して起こしてはいけないものです。そして、日本、韓国の両国は戦争を絶対反対すべきです。そういう思いで未来を切り開いていきたいと思っています。ありがとうございました。

hearthearts-repo2.jpg
『あの人に逢えるまで』


『あの人に逢えるまで』
 原題 민우씨 오는 날 英題 Awaiting 韓国公開 2014年
 監督 カン・ジェギュ 出演 ムン・チェウォン、コ・ス、ソン・スク
 2017年7月22日(土)より、特集上映「ハートアンドハーツ・コリアン・フィルムウィーク」の1本としてシネマート新宿ほか全国順次ロードショー
 公式サイト http://www.koreanfilmweek.com/


>>>>> 記事全リスト


関連記事

Copyright © 1998- Cinema Korea, All rights reserved.
Powered by FC2 Blog

FC2Ad