HOME団体概要support シネマコリア!メルマガ登録サイトマッププライバシー・ポリシーお問合せ



サイト内検索 >> powered by Google

■日本で観る
-上映&放映情報
-日本公開作リスト
-DVDリリース予定
-日本発売DVDリスト
■韓国で観る
-上映情報
-週末興行成績
-韓国で映画鑑賞
■その他
-リンク集
-レビュー&リポート
■データベース
-映画の紹介
-監督などの紹介
-俳優の紹介
-興行成績
-大鐘賞
-青龍賞
-その他の映画賞


Interview 『でんげい』予告編制作担当・林原圭吾氏 ~訴えるべきキーワードは「多様性」と「共生」

Text by 岸野令子(キノ・キネマ)
2016/8/28掲載



 大阪アジアン映画祭で絶賛された感動のドキュメンタリー『いばらきの夏』を、『でんげい』と改題して、私の会社で配給することになった。その経緯は「Essay 『いばらきの夏』から『でんげい』へ ~人との出会いから日本配給へ」をお読みいただくとして、宣伝の要は、チラシ・ポスター、そしてなんと言っても予告編である。これらの出来次第で作品の印象が決まり、興行の趨勢が決まる。

 チョン・ソンホ監督から預かった大事な作品だ。なんとしても多くの日本の観客に届けたい。本作にはプロ・アマ含めて多くの方に尽力いただいているが、予告編の制作は、映像翻訳者で西ヶ原字幕社代表の林原圭吾さんにお願いした。

 なぜ彼に依頼したのか、どんな点を注意し、何を思って制作したのか、普段なかなかお目にかかることのない予告編制作秘話。インタビュー形式でお届けします。


『でんげい』日本版予告編


── 予告編、チョン監督もよくできてるって褒めてたよ。

恐縮です。映画の主役は建国の子たち。撮ったのは監督。僕はたかだか予告編を作っただけですので。

── どのくらい時間かかった? 本編は何度も見た?

本編を通しで見たのは2回だけです。1回目は観客目線、2回目はキューシートを書きながら。編集ソフトと向かいあっていたのは1日半くらい。タネあかしですが、本編に長めのイメージカットがあったんです。BGMがまるまる1曲かかっていて、ここをベースにすれば整音の手間が省けるなと。僕も映画の配給をやってみて、チケット収入で必要経費をまかなうのがどんなに大変か分かるので、手間をかけず、安価に予告編を作ることも援護だと思うわけです。

── もっとタネあかしして。

予告編でまっ先に伝えるべきは映画の題材とジャンル。ドキュメンタリーの華はインタビューなので、先ほどのイメージカットにポイントになるインタビューをかぶせるという全体像はすぐに出来あがりました。当初、あらすじを説明するのに1ブロック追加して2部構成のつもりでしたが、公式ポスターが川辺のシーンのイラストだったので、予告編にも入れておこうと考え、現在の3部構成になりました。


dengei2-1.jpg
『でんげい』チラシ表面

大まかな構成ができたら、次はストーリー作り。本編の内容を30文字くらいで要約し、訴えるべきキーワードを決めます。今回の映画なら「伝統芸能と聞いて地神パルキを思い浮かべる人が日本社会に存在する」、キーワードは「多様性」と「共生」です。僕の本職は映像翻訳。映像編集のテクニックではクリエイターの足下にも及びません。そんな僕に岸野さんが予告編を頼んだのは、この部分を買ってのことだろうと思い、自負を持ってやりました。

── 意識した点は?

近年、『60万回のトライ』や『ウルボ~泣き虫ボクシング部~』など、在日の高校生を韓国人の監督が撮ったドキュメンタリーが続いており、差異化のためにも、他でもなく「建国高校」の「伝統芸術部」を取り上げることの意義を考えました。具体的には、高校授業料無償化やヘイトスピーチといった異議申し立てという文脈よりも、共生という文脈を強調し、日本社会の多様性が裏テーマとして浮かび上がるよう意識しました。無論、ダイバーシティなんて聞こえのいい話ではなくて、帝国主義の結果としての多様性、ですが。

もう一点は、上記のようなテーマ設定をしたがゆえに、内向きな映画に見えないよう注意しました。主役は部員たち。それを指導者や先輩、先生や家族が眺める。その姿を監督やナレーターが眺めて映画にし、その映画を観客が眺めるという、外向きのベクトルはずっと念頭に置いていました。

── お気に入りのシーンは?

1分20秒頃の舞台袖のシーンは、当初エンディング候補だったキラーカットです。岸野さんからのリクエストで現在のエンディングになり、このカットを他で使えることになった時、今の位置に置いて前半のハイライトにしました。ジャンプした後ろ姿で静止画にするのは、アメリカのロックシンガー Bruce Springsteen の"Born to Run"(1975)のライブビデオが元ネタです。



Bruce Springsteen "Born to Run"ライブビデオ

結果的にうまくいったのは、パク・チョルミンのカット。体育館からナレーション・ブースへ画が移る際、時空が飛んでしまう感がありました。そこで、体育館の画に載せた「その輝きと共にありたい」というキャッチコピーを、ナレーション・ブースの画まで引っ張りました。それによって、共にありたいと願う主体が、一義的にはコピーを書いた僕ですが、パク・チョルミンのようにも見え、ひいてはあれを見た1人1人のようにも見えます。広がりとか普遍性とか当事者意識とか、そういうものにつながれば本望です。


dengei2-2.jpg
本作ではパク・チョルミンがナレーションを担当


『でんげい』
 原題 이바라키의 여름(いばらきの夏) 英題 The Summer in Ibaraki 韓国公開 2015年
 監督 チョン・ソンホ 出演 建国高等学校伝統芸術部の生徒たち、先生たち、パク・チョルミン(ナレーション)
 2016年11月5日(土)より、シネ・ヌーヴォにてロードショー
 公式フェイスブック 「でんげい」(いばらきの夏 改題)
 公式ツイッター @kishinoreiko222

Interviewee Profile
 林原圭吾。映像翻訳者、有限会社西ヶ原字幕社代表。数々の韓国映画・ドラマの字幕・吹き替え翻訳を担当する傍ら、韓国映画『鯨とり ナドヤカンダ』のDVD制作や、『南営洞1985 国家暴力:22日間の記録』『南部軍 愛と幻想のパルチザン』の配給も手がける。11月に公開予定の映画『弁護人』の字幕翻訳を担当。


>>>>> 記事全リスト


関連記事
スポンサーサイト

Essay 『いばらきの夏』から『でんげい』へ ~人との出会いから日本配給へ

Text by 岸野令子(キノ・キネマ)
2016/8/28掲載



 韓国ドキュメンタリー『いばらきの夏』を正式に日本公開することになり、私の会社、キノ・キネマが配給・宣伝することになった。久しぶりに大仕事である。

dengei1-1.jpg

 そもそも、今年3月の第11回大阪アジアン映画祭で特別招待作品に選ばれた『いばらきの夏』のパンフレット解説原稿を頼まれたことが、この映画との出会いである。映画祭事務局から来たDVDは英語字幕のみで日本語字幕が入っていない。しかし、この作品は日本のしかも大阪の話で、半分は日本語なので助かった。見れば、建国高校伝統芸術部の9人が大阪代表として、茨城県で開かれる全国高校総合文化祭に出場する、その日に至る奮闘記である。何かの大会を目指して頑張るチームの物語は、青春映画の王道そのものだ。

 韓国・釜山のTV局MBCが製作した本作は、日本の民族学校の生徒たちやその親たち、いわゆる在日同胞の姿を韓国国内の人々に知らせたいとして企画されたそうだ。それはそうであろう。でも、私はこの映画を日本人に見せたいと思った。なぜなら、朝鮮学校を扱った映画は何作もあり、主に在日朝鮮人や民族問題に関わる日本人の間で「自主上映会」が催されてきたが、一般的映画ファンの日本人にはなかなか見る機会がないのが現状だから。そして『ウリハッキョ』や『60万回のトライ』など朝鮮学校の映画は知っているけれど、別の民族学校を描いた作品にはまず出会ったことがないからだ。

 学校法人 白頭学院 建国幼・小・中・高等学校は、1946年に創設された建国工業高校・建国高等女学校が始まり。その沿革は学校のホームページに譲るとして、中高等学校伝統芸術部は、民族文化の継承に力を注ぐ活動の中でも、そのレベルの高さは驚異的で、全国高校総合文化祭には2016年で連続12年出場という。『いばらきの夏』は2014年の第38回大会に出場した時の記録だが、この年で連続10年であった。

dengei1-2.jpg

 映画は、高1から高3までの9人の生徒の練習風景と、それぞれの家族や、進路の問題など、日本の高校生と変わらぬ生活が捉えられる。違うのは、将来韓国の大学に留学したい、とか、民族のアイデンティティに触れるところ。

 でも、メインは、その練習風景である。部活なので、子どもたちは自主的に選んだわけだが、そのハードな日々に驚かされる。「伝統芸術部に入ったら、嫁にやったと思え」と言われるくらい、親とゆっくり話す間もない。というより疲れ果てて口もきけないという感じか。そして、チャ・チョンデミ先生の厳しさは鬼のごとし。大阪弁で叱りとばすチャ先生のキャラクターの強烈なこと。チャ先生は「自分の民族の豊かな文化に触れて、初めて誇りを持てるようになった」と若い頃を振り返って語る。ソウルから指導に来てくださる韓国芸術総合大学校パク・ジョンチョル教授は「韓国の子どもに教えるより、こっちの子どもの方が熱心で教えがいがある」とおっしゃる。

 私が何より、この映画を広めたいと思うのは、この民族学校の伝統芸術部が、大阪代表として、他の都道府県代表とともに競演するという点だ。他県は皆、日本の伝統芸能ばかりであるから、ある意味異色の代表なのだ。でも、いや、在日コリアンが一番多い、それゆえ大阪代表が朝鮮の民族芸能であって全然構わないってことが嬉しい。

 彼女たち彼たちは言う。「韓国の伝統の踊りと歌と民族楽器の演奏が、日本の観客にわかってもらえるだろうか」 伝わらなければ意味がない。そのために努力する。ある生徒のお父さんは「入賞しなくてもいい。日本の伝統芸能の中に混じってするのだから、わからなくても構わない」という。それは入賞しなかった時、がっかりしないようにという思いやりであろうが、結果は結果、出来るだけの努力はしないと後悔すると生徒たちは思う。だから、練習あるのみ。

 いっぱい叱られ、いっぱい泣いて、ついにその日がやって来た。バスで12時間の旅。本舞台でのリハーサルはたったの10分、本番も15分だ。

 さて…。

dengei1-3.jpg

 大阪アジアン映画祭のゲストで来られたチョン・ソンホ監督とお会いすることができたので、私は「この映画が日本公開できるといいですね」と伝えた。後日、アジアン事務局から連絡があって、監督が「是非あなたに日本配給をしてもらいたい」と言っているとのこと。ああ、それは、やりたいのは山々だけど、権利を買うお金がありませんとメールで伝えたら、特別の条件で構わないという返事であった。

 幸いにして私の友人たちの多くが建国関係者とわかり、「是非やってほしい、応援する」と後押ししてくれている。公開に向けてタイトルを『でんげい』と決めたのも、関係者でプロの方のアイデアだ。「でんげい」それは建国高校伝統芸術部の通称である。舞台を通して韓国と日本、ひいてはアジアの人々との架け橋になろう、と誰かが言った。

 映画の終わりの方で、舞台の上から生徒が挨拶する。「アンニョンハセヨ! パンガップスムニダ、お会い出来て嬉しいです!」

 そう、まさにこれは出会いの映画でもあるのだ。

dengei1-4.jpg



『でんげい』
 原題 이바라키의 여름(いばらきの夏) 英題 The Summer in Ibaraki 韓国公開 2015年
 監督 チョン・ソンホ 出演 建国高等学校伝統芸術部の生徒たち、先生たち、パク・チョルミン(ナレーション)
 2016年11月5日(土)より、シネ・ヌーヴォにてロードショー
 公式フェイスブック 「でんげい」(いばらきの夏 改題)
 公式ツイッター @kishinoreiko222

Writer's Profile
 岸野令子。映画パブリシスト、有限会社キノ・キネマ代表。主にミニシアター系作品の関西宣伝担当。韓国映画宣伝作品は『子猫をお願い』『クロッシング』『チスル』『傷だらけのふたり』など。韓国映画配給作品は『永遠なる帝国』(アジア映画社と共同)、『もし、あなたなら~6つの視線』(シネマ・コリアと共同)、『まぶしい一日』(シネマ・コリアと共同)。


>>>>> 記事全リスト


関連記事

Report カリコレ2016『弁護人』トークイベント ~宇都宮健児氏「弁護士の使命とは、社会的弱者の味方でいること」

Text by Kachi
2016/8/28掲載



 去る8月6日(土)、東京・新宿のシネマカリテで開催中のカリテ・ファンタスティック!シネマコレクション2016で、『弁護人』の先行プレミア上映が行なわれた。2013年末に韓国で公開されると1,100万人以上を動員し、韓国映画としては歴代8位(2014/2/2時点)の観客数を記録。本年11月には待望の日本公開が控えている。

bengonin1.jpg

 『弁護人』は、故・盧武鉉元大統領がまだ政界入りする前、弁護士をしていた頃に扱った「釜林事件」(*)を基にしている。高卒から苦労して弁護士になったソン・ウソクは、不動産登記と税務を専門にのし上がっていく一方、低学歴の金満俗物弁護士として、釜山法曹界では鼻つまみ者であった。だがある日、懇意にしていた食堂の息子が不当に逮捕されたことで、ウソクの弁護士人生は大きく変わっていく。

(*)1981年、釜山で社会学系の書籍の朗読会に参加していた学生らを、国家の反動分子として不当に逮捕した、韓国史に残る冤罪事件。

 盧武鉉氏をモデルにした主人公ソン・ウソク役に扮した、韓国の国民的俳優ソン・ガンホは、彼の真価が最も発揮される「俗物だが、いざとなれば義理に厚い兄貴」を力演。いわれなき罪で警察から激しい拷問を受ける食堂の息子・ジヌ役のイム・シワン(ZE:A)は、過酷なシーンに全力で挑み、国家暴力の恐ろしさ、許しがたさを訴える役割を全うした。カメラが長回しで捉える法廷シーンも、実物さながらの緊迫感で見応え十分であった。

bengonin2.jpg

 上映後のトークイベントには、弁護士の宇都宮健児氏が登壇し、作品の感想や、人権派弁護士として氏が知られるようになったサラ金事件を担当した経験などを語った。

宇都宮:迫力が凄いと思いました。お金のことばかり考えていた弁護士だったのが、クッパ店の息子の事件によって変わっていく。ウソクは高卒で弁護士資格を取得したので、法曹界では馬鹿にされていましたが、彼が窮地に立たされた時、釜山弁護士界の多くの弁護士が立ち上がってくれた。そういうところに感動しました。若い弁護士や、今、ロースクールに通っている学生、司法修習生に観てもらいたいと思います。弁護士法の第一条には、弁護士の使命として「基本的人権の擁護と社会正義の実現」と書かれています。長く弁護士をやってきて思うのは、高利でお金を借りなければならないような社会的・経済的弱者や、マイノリティといった人々の基本的人権は、いつも危うくなっているということです。強者や、豊かな人たちは自分で人権を守れる人が多いので、そうではない人は弁護士が守るのが使命です。弁護士は社会的・経済的弱者の味方でなければならないのです。


 劇中、ウソクは日雇い労働をし、子供の出産費用すら払えないどん底の暮らしをしている。貧しさから、弁護士の夢を諦めかけたこともほのめかされる。宇都宮氏も、駆け出しの弁護士時代に苦い経験をしていた。

宇都宮:弁護士というのは、どういう事件を扱うかということで鍛えられます。座学だけしていては、本当の意味で「弁護士になった」とは言えないんです。弁護士としての魂、姿勢とはそういうものです。実は私も、弁護士になった頃は鳴かず飛ばずでして(苦笑)、二回クビになっています。そんな時に、弁護士会の方から「サラ金事件を担当してくれないか?」と持ちかけられました。1970年代の終わり頃で、かなりの高金利で借金をし、払わないと暴力的取り立てをされるという事件があったんですが、引き受ける弁護士はいなかった。弁護士会は私がクビになっていたのは知っていたので、「宇都宮さん、暇だろう?」と(会場・笑)。

 どういう事件でも、ありがたいと思って引き受けたのですが、当時は法の規制もなく、誰もやったことがないから弁護の方法が分からない。見よう見まねで始めてみると、厳しい取り立てに耐えかねて睡眠薬自殺を図った方や、手首を切った痕がある女性が、深刻な顔で依頼に来たりするわけです。でも、私が側につくことで多少は取り立てが和らいで、二回目に来る時は少し顔色がよくなっていたりしました。そういうことがある中で、これは重要な事件だ、と思うようになって、サラ金事件を多く引き受けるようになりました。そして更に、弁護士や弁護士事務所までたどり着けない人のために、立法運動をやるようになり、人に知られる弁護士になっていきました。だからサラ金事件を扱わなければ、大変うだつの上がらない弁護士のままで、こういうところでお話しすることもなかったというわけです。この主人公の弁護士も、きっかけは偶然でした。最初の事件にぶつかった時、どう向き合うかということです。


bengonin3.jpg

 近年だとチョン・ジヨン監督の『南営洞1985 国家暴力:22日間の記録』(2012)や、『私の独裁者』(2014)など、国家暴力が蔓延した1980年代を背景にした作品で、無辜の民への目を覆いたくなるような拷問と人格破壊が生々しく映し出されている。しかしこれは、日本と無関係とはいえない。

宇都宮:全斗煥軍事政権時代は、韓国でもっとも弾圧が厳しかった。作品の中で行われている拷問は、日本の特高警察が韓国併合をしていた際、韓国の独立運動家を弾圧したやり方を真似ているのではないかと感じました。有名なプロレタリア作家の小林多喜二が、築地警察署へ連行され、その日のうちに亡くなり、親族が遺体を引き取ると、全身が拷問で腫れ上がっていた。こういうことが平気で行われていた時代があったということを、我々は忘れてはいけないと思います。


 会場からは「劇中、ウソクがジヌの弁護人を引き受けたことで、本人や同僚、家族が様々な嫌がらせを受ける場面がありますが、サラ金を相手にされていた宇都宮先生はそういったことはありましたか?」との質問があった。

宇都宮:電話での暴言は頻繁にありましたが、だんだん慣れました(会場・笑)。一人の相談者が、だいたい20~30社からお金を借りているので、それらを全部相手にしなければならないのですが、二回目に勤めた事務所でイソ弁(=居候弁護士)をしていた頃、あるサラ金業者が若いチンピラのような男性を連れて、私にどうしても会いたいと言ってきたので喫茶店に向かうと、若い兄ちゃんがドスをちらつかせていて、「(この事件から)手を引け」って言うんですね。私は体もあまり大きくないし、柔道や剣道をやってるわけではない。中学の途中から大学まで、卓球はやってましたが…(会場・笑)。でも、私のところに相談に来るサラ金の被害者は、どう見ても私より弱そうな人なので、私が引いてしまうと、追い込みや取り立てが全部その人にいってしまう。そういう人たちが背中を押してくれて頑張れたということがあります。業者と兄ちゃんには「話し合いに来たのなら応じるが、そういうことなら引き下がれない。ケンカをするなら、弁護士のケンカは裁判だ」と言って、帰ってきたのですが、当時はまだ駆け出しだったので、後をつけられて刺されないかと心配にはなりましたね。そうすると、業者が若いのを使って、真夜中に無言電話をかけてくるんですよね。2週間ぐらい続いたので、業者を被告にして、債務不存在確認訴訟(サラ金の債務の存在額を確認する訴訟)を簡易裁判所に起こすと、ピタッと電話は止みました。そこで裁判を通して、大変な高利でお金を貸しているわけですから、利息制限法に基づくと、150万円の債権が3万円ほどになって和解しました。

 そういうことを繰り返していく中で、あまり恐れなくていいと感じました。ヤミ金業者が広がった時には、多くの弁護士事務所にイヌやネコの生首が放り込まれたり、頼みもしない寿司が10人分も出前されてきたり、救急車や消防車を呼ばれたり、ひどい事務所は、「殺人事件が起きた」と通報されて所轄の警察署に踏み込まれたり、右翼団体に「俺は弁護士の○○だ。右翼なんか怖くない」と、なりすましの電話をかけられて、事務所に押しかけられたりという嫌がらせを受ける所がありましたね。私は6万7,000社くらいのヤミ金を告発して、そのうち何人かは逮捕されているので、私の事務所に手を出すヤミ金は全くなかったですね。不当な動きに対しては、毅然とした対応をするというのが一番大切なんですが、中には相手に見くびられないようにと高飛車に出て、感情を刺激するようなことを言って銃弾を撃ち込まれた人もいます。でもへりくだったら相手の言うことを認めることになる。だから右翼団体や暴力団とやり合う時は自然体でいることが一番なんです(会場・どよめきと笑)。向こうも人間なんだと。


bengonin4.jpg

 奥様が韓国ドラマ・ファンということで、一緒にご覧になっているという宇都宮氏。韓国の弁護士会や市民団体との交流も多く、今年からは韓国語の勉強もされているのだという。最後に「都知事選に出て当選していたら今日はなかったのですが、撤退して、こういう場に出てこられて、大変良かったと思います」と、都知事選の一件にユーモアを交えて触れると、会場からは拍手が起きた。


『弁護人』
 原題 변호인 英題 The Attorney 韓国公開 2013年
 監督 ヤン・ウソク 出演 ソン・ガンホ、オ・ダルス、キム・ヨンエ、クァク・トウォン、イム・シワン
 2016年11月12日(土)より、新宿シネマカリテほか全国順次ロードショー
 公式サイト http://www.bengonin.ayapro.ne.jp/


>>>>> 記事全リスト


関連記事

Copyright © 1998- Cinema Korea, All rights reserved.
Powered by FC2 Blog

FC2Ad