HOME団体概要support シネマコリア!メルマガ登録サイトマッププライバシー・ポリシーお問合せ



サイト内検索 >> powered by Google

■日本で観る
-上映&放映情報
-日本公開作リスト
-DVDリリース予定
-日本発売DVDリスト
■韓国で観る
-上映情報
-週末興行成績
-韓国で映画鑑賞
■その他
-リンク集
-レビュー&リポート
■データベース
-映画の紹介
-監督などの紹介
-俳優の紹介
-興行成績
-大鐘賞
-青龍賞
-その他の映画賞


Review 『ネコのお葬式』 ~ネコがくれた、さよならのための一日

Text by Kachi
2016/1/30掲載



 悲しみや挫折を経なければ見つけられないものが、この世界には確かに存在していることを、生き物が教えてくれることがある。『ネコのお葬式』のドンフンとジェヒの人生に寄り添った一匹のネコは、悲しみと共に明日への希望も連れてきてくれたのだ。

catfuneral.jpg

 インディーズ歌手のドンフン(カンイン)と、漫画家を目指すジェヒ(パク・セヨン)は、共通の友人の結婚式で出逢い、互いに惹かれあって同棲を始める。ふと家に入り込んで来た子ネコに、韓国語で「雲」を意味する「クルム」と名付け、穏やかな日々を過ごしていた。だが、やがてささいなことで気持ちがすれちがい、破局。1年後、ジェヒはドンフンから、引き取って育てていたクルムが死んだという知らせを受けて再会し、ドンフンの生まれ故郷に埋葬する旅に出る。

 「考えれば私たち、無謀だった」とジェヒが振り返った、互いの夢にも愛にも未来があると信じて疑わずにいた「あの頃」と、劇中多くは語られないが様変わりした「今」を交互に見せつつ、ストーリーは進んでいく。展開がとりたてて目新しいわけでもない。いや、だからこそ、繊細なタッチで映し出されていく人生の苦みが、心にじんわりと染みわたる。

 作品を支えたのは俳優陣だ。ドンフンを演じた、男性アイドルグループSUPER JUNIORのメンバー、カンインは、映画出演作が少ないが、周囲に勧められた演技のレッスンを断ったそうだ。だが、CDデビューの夢がなかなか叶わない焦りと、純粋であるがゆえに真っ直ぐに愛情を伝えられない不器用さを等身大に表現するには、それが功を奏していた。ジェヒ役のパク・セヨンは、天真爛漫にドンフンを思い続けた過去と、彼と別れ、変わってしまった現在とで多彩な表情を見せ、お金持ちのお嬢様に扮した『ファッションキング』の時とはまるで違う魅力を感じさせた。クルムを弔う旅路の道中、ペロッと舌を出してドンフンを小馬鹿にしてみせるシーンは、いたずらなネコのようで実に愛くるしい。

 憧れていたこと。大切にしていたもの。たとえそれらを失っても、人生は続いていく。そして、暗い夜が来て一日が終わらなければ、新しい朝は訪れない。ドンフンとジェヒは、あの頃にちゃんと別れを告げることで、抱えていた後悔を癒やし、新しい幸福へと歩き出せるのだ。小さな命を終えたクルムが、ふたりの背中をそっと押してくれた。陽だまりのように優しい映画だった。


『ネコのお葬式』
 原題 고양이 장례식 英題 Cat Funeral 韓国公開 2015年
 監督 イ・ジョンフン 出演 カンイン(SUPER JUNIOR)、パク・セヨン、チョン・ギョウン
 2016年2月13日(土)より、シネマート新宿、シネマート心斎橋ほか全国順次ロードショー
 公式サイト http://catfuneral-movie.com/

Writer's Note
 Kachi。ネコが好きでイヌも好きです。でもカメを飼っています。


>>>>> 記事全リスト


関連記事
スポンサーサイト

Review 「もし、あなたなら/視線」シリーズ最新作『ある視線』 ~矜持をもって描かれた、貧困の拡大と宗教的兵役拒否

Text by 井上康子
2016/1/29掲載



第1作『もし、あなたなら』との出会い


 韓国には「軍事政権下で人権蹂躙が横行した」との反省から、国家人権委員会という機関が設けられている。そして、映画大国らしい活動だが、同委員会は「人権映画プロジェクト」により、名だたる監督たちに依頼して映画の製作を続けている。2003年に製作された第1作『もし、あなたなら(原題 여섯 개의 시선/英題 If You Were Me/劇場公開タイトル もし、あなたなら~6つの視線)』をアジアフォーカス・福岡映画祭2003で見ることができた時は、公的機関の人権映画らしからぬ、ユーモアも含む、高い完成度を持っていることに驚嘆した。上映後にゲストのチョン・ジェウン監督から「この作品の監督たちが、委員会に対して、作品に口出しをしないでほしいと申し入れ、約束が守られた」と聞くことができ、質が確保された理由が分かったし、監督たちの、監督としての矜持がこのように強い作品の勢いになっているのかと胸が躍った。こうして、第1作に惚れ込んだ筆者は、以降も可能な限り、人権映画プロジェクト作品を鑑賞した。


人権映画プロジェクトの歩み


 第1作は、ネパールからの出稼ぎ労働者(パク・チャヌク監督)、障害者(ヨ・ギュンドン監督)を主人公にした短編の他に、パク・クァンス、イム・スルレ、パク・チンピョ、チョン・ジェウン監督による、6本の短編からなるオムニバス映画であった。短編オムニバスという形式は「もし、あなたなら/視線」シリーズとして踏襲され、第2作『もし、あなたなら2 五つの視線』(パク・キョンヒ、リュ・スンワン、チョン・ジウ、チャン・ジン、キム・ドンウォン監督/原題 다섯 개의 시선/英題 If You Were Me 2/2005年/シネマコリア2006で上映)、第3作『3番目の視線』(チョン・ユンチョル、キム・ヒョンピル、ノ・ドンソク、イ・ミヨン、キム・ゴク、キム・ソン、ホン・ギソン監督/原題 세번째 시선/英題 If You Were Me 3/2006年)、第4作『視線1318』(パン・ウンジン、チョン・ゲス、イ・ヒョンスン、ユン・ソンホ、キム・テヨン監督/原題 시선 1318/英題 If You Were Me 4/2008年)、第5作『視線の向こうに』(カン・イグァン、プ・ジヨン、キム・デスン、ユン・ソンヒョン、シン・ドンイル監督/原題 시선 너머/英題 If You Were Me 5/2010年/真!韓国映画祭2012で上映)と続き、今回紹介する第6作『ある視線』(パク・ジョンボム、シン・アガ、イ・サンチョル、ミン・ヨングン監督/原題 어떤 시선/英題 If You Were Me 6/2013年)が実写オムニバス「もし、あなたなら/視線」シリーズ最新作である。

 上記の他に、アニメーションによるオムニバス・シリーズである『もし、あなたなら…:アニメ編』(ユ・ジニ、クォン・オソン、キム・ジュン、パク・ユンギョン、チョン・ヨンジュ、チャン・ヒョンユン、イ・ジンソク、イ・エリム、イ・ソンガン、パク・チェドン監督/原題 별별 이야기/英題 If you were me : anima vision/2005年/「韓国アニメーション最新事情」で上映)、『いろいろなお話2:6色の虹』(アン・ドンヒ、リュ・ジョンウ、ホン・ドッピョ、イ・ホンス、イ・ホンミン、クォン・ミジョン、チョン・ミニョン、パク・ヨンジェ監督/原題 별별이야기 2 : 여섯 빛깔 무지개/英題 If You Were Me2 : Anima Vision/2007年)、また、長編『飛べ、ペンギン』(イム・スルレ監督/原題 날아라 펭귄/英題 Fly, Penguin/2009年/あいち国際女性映画祭2009、真!韓国映画祭2009で上映)、『未熟な犯罪者』(カン・イグァン監督/原題 범죄소년/英題 Juvenile Offender/2012年/東京国際映画祭2012、アジアフォーカス・福岡国際映画祭2013で上映)、『空の黄金馬車』(オミョル監督/原題 하늘의 황금마차/英題 Golden Chariot in the Sky/2013年)、『4等』(チョン・ジウ監督/原題 4등/英題 4th Place/2014年)も製作され、韓国で一般公開されてきた。また、実写オムニバス6作品、アニメーション・オムニバス2作品、長編4作品からなる「人権映画プロジェクト」全12作中、日本でも半分以上が何らかの形で紹介されている。これらの作品が、何かを教え込もうとするのではなく、韓国社会で今、生じている様々な人権侵害を「もし、あなたが当事者なら」と問いかけ、考えさせる役割を果たしてきた。


「もし、あなたなら/視線」シリーズ最新作『ある視線』


 パク・ジョンボム監督は『ドゥハンに』で障害と貧困を、シン・アガ、イ・サンチョル監督は『ボングは配達中』で貧困高齢者を、ミン・ヨングン監督は『氷の川』で宗教的兵役拒否をテーマにしている。

『ドゥハンに』

 中学生チョルンには、同級生で脳性マヒのドゥハンという親友がいる。ドゥハンは障害のために、チョルンは貧しさのために、激しいイジメに遭っている。パク・ジョンボム監督の前作『ムサン日記~白い犬』でもそうであったように、弱者は情け容赦なく扱われるが、チョルンはドゥハンをかばい、彼の誕生日には貯金をはたいてケーキをプレゼントする。貧しさと障害という欠損が二人の繋がりを深める。けれど、裕福なドゥハンの家庭を見たチョルンは格差に混乱し、彼らの友情に危機が訪れる。

ifyouwereme6a.jpg
『ドゥハンに』(パク・ジョンボム監督)

 障害者ドゥハンの境遇が中心の作品と思いきや、中盤からはチョルンが、親不在でまともな食事にありつけない程の貧困に追い込まれていることが描かれていく。監督が中学生の時の経験をもとに脚本を書いた話だというだけあって、監督自身が投影されたチョルンの貧しさにあえぐ心情がひしひしと伝わってくる。障害以上に、格差の深刻さが印象に残る。

『ボングは配達中』

 ボングは高齢だが、食べていくために宅配のアルバイトをしている。ある日、幼稚園の送迎バスから取り残された幼児を送り届けようとするが、街の防犯カメラに捉えられた彼は、誘拐犯に間違われてしまう。

ifyouwereme6b.jpg
『ボングは配達中』(シン・アガ、イ・サンチョル監督)

 「もし、あなたなら/視線」シリーズで、初めて高齢者の貧困問題を取り上げた作品。日本で「下流老人」という新語で、貧困に苦しむ高齢者が大量発生していることが理解されたように、韓国でもこの問題の認知度が高まっているのではと思われた。一人暮らしのボングを通して、高齢者の孤独も同時に描かれている。ボングの状況は過酷だが、シン・アガ、イ・サンチョル監督の前作『Jesus Hospital(原題 밍크코트)』とは異なる「楽しめる作品に」という監督たちの意向から、ボングと幼児のほのぼのロードムービーになっている。ボングを質問攻めにする幼児とぶっきらぼうなボングのやりとりが何とも微笑ましい。

『氷の川』

 入隊の令状を受け取ったソンジェは、エホバの証人の信者として、銃を取らないという教義に従い、兵役を拒否する決意をする。けれど、母親は息子を愛するゆえに「韓国には兵役か監獄かの2つの選択肢しかない」と入隊を迫る。

ifyouwereme6c.jpg
『氷の川』(ミン・ヨングン監督)

 良心的兵役拒否も「もし、あなたなら/視線」シリーズで初めて取り上げられた。国家人権委員会は独立的地位を保持する機関だが、国の制度である兵役について疑問を投げかける作品が製作されていることは注目に値する。長編『短い記憶(原題 혜화,동)』で知られるミン・ヨングン監督は、自身が宗教的兵役拒否者に対する偏見を持っているという自覚から、主人公を宗教的兵役拒否者にし、収監予定の当事者に会い、彼らの苦悩を知ったそうだ。氷の川に佇むソンジェがその苦悩を表現している。この作品の特色は、母と主人公の葛藤を中心に、家族の問題として兵役拒否を描いていることだ。この問題にあまり関心を持ったことがなかった筆者は、家族の問題として描かれたことで、宗教的兵役拒否者も家族を持つ人であり、兵役拒否が家族全体の大きな苦悩になるということを初めて意識できた。監督自身が持っていたという偏見や無関心をほどく試みが、家族の問題として描くという形を選ばせたのではないだろうか。


第1作から変わらないもの


 第1作『もし、あなたなら~6つの視線』を見た時は、女性は美しくなくてはならないと日本以上に求められるなど、日本と韓国の差異が印象に残ったが、本作では、日本にない兵役の問題を別にして、高齢者や学生にも貧困が拡がっていることが描かれ、日本と同様の問題が韓国でも重視されているように思われた。

 第1作から一貫して変わらないのは、国の問題を国におもねることなく描く、自分をさらけ出し、自身の偏見も越える、監督たちの矜持を強いエネルギーとして感じることだ。


『ある視線』
 原題 어떤 시선 英題 If You Were Me 6 韓国公開 2013年
 監督 パク・ジョンボム、シン・アガ、イ・サンチョル、ミン・ヨングン 出演 イム・ソンチョル、キム・ハンジュ、イ・ヨンソク、ファン・ジェウォン、コンミョン、キル・ヘヨン、パク・チュヒ
 ※ 本作は日本未公開作です。
 韓国版公式ブログ http://blog.naver.com/ifyouwereme6

Writer's Note
 井上康子。『もし、あなたなら~6つの視線』で、女性に対する偏見を描いた短編『彼女の重さ』ではイム・スルレ監督自身が本人役で出演し、「あの太ったおばさんが監督!ウソだろ」と言わせている。自分をさらけ出す監督の思い切りの良さに、それまで以上にファンになった。


>>>>> 記事全リスト


関連記事

Report ハン・ヒョジュ光臨! ~『ビューティー・インサイド』ヒロイン役で「二度とできない大切な体験をした」

Text by Kachi
2016/1/19掲載



 ハン・ヒョジュ。映画ほどは韓国ドラマを追わない私も、彼女が主演していた、李氏朝鮮時代を舞台にした時代劇『トンイ』は、必死に見続けたものである。笑ったときの清楚な口元が、ありし日の夏目雅子を思わせる。何というか、目が離せない、ずっと見ていたい女優である。

han_hyoju1.jpg

 今月22日に全国公開される『ビューティー・インサイド』は、今まで聞いたことのないストーリーにハン・ヒョジュが主演と聞いて、それはもう日本公開を楽しみにしていたのだった。14日、東京・虎ノ門のニッショーホールで行なわれた特別試写会に、ヒロインのイス役を務めたハン・ヒョジュが登壇すると聞き、勇んで駆けつけた。

 会場の拍手と歓声に迎えられ、ついにハン・ヒョジュが登場。こんな間近で彼女を見たのは初めてだったのだが、本当に美しい。時折話す日本語が流暢でもあり、可愛らしくもある。

 完成した作品を最初に観たときの感想を聞かれると、「この映画が伝えようとしている物語、映像、音楽がとても美しく、出演している大勢の俳優の方々も素敵で、とてもきれいな映画ができあがったと感じた」と答えた。

han_hyoju2.jpg

 朝、目が覚めるたびに外見が変わってしまう男性(ウジン)と恋に落ちるというのは、シーンごとに相手の俳優が変わるということだ。これについて話が及ぶと「ひとつの作品で、これほど大勢のすばらしい俳優の方たちにお会いできるのは光栄なこと。もう二度とない機会だと思っていた」と話し、「大変というより、毎日新しい俳優の方を迎えるような気持ち。もちろんぎこちなく思うこともあったが、私にとってはそのすべてが大切な経験。ひとつも逃さずに楽しみたいという思いでした」と続けた。イスは、毎日姿が違うウジンに対し、愛情と困惑の板挟みに苦しむが、ハン・ヒョジュ自身は大変刺激的な経験として楽しんで演じていたようだ。

 イベントの締めくくりでハン・ヒョジュが口にした「(この映画が)愛について改めて考える時間になってくれたらうれしいです」という言葉にうながされるように、私は『ビューティー・インサイド』に思いをめぐらせた。劇中、ウジンがイスに一目惚れをした後、彼女をデートに誘うため「彼女に会うための顔」になるのを待つというシーンがある。だが映画が進むにつれ、ウジンにとっても、イスにとっても、どの姿が正解かなんて分からないということが分かってくる。そして愛するという行為そのものが、正解のない探しものを二人で見つけにいくことなのではないか…。そんなことを考えつつ、私は会場を後にした。

han_hyoju3.jpg


『ビューティー・インサイド』
 原題 뷰티 인사이드 英題 The Beauty Inside 韓国公開 2015年
 監督 ペク監督(ペク・チョンヨル) 出演 ハン・ヒョジュ、キム・デミョン、ト・ジハン、ペ・ソンウ、パク・シネ、イ・ボムス、パク・ソジュン、キム・サンホ、チョン・ウヒ、上野樹里、イ・ジェジュン、キム・ミンジェ、イ・ヒョヌ、チョ・ダルァン、イ・ジヌク、ホン・ダミ、ソ・ガンジュン、キム・ヒウォン、イ・ドンウク、コ・アソン、キム・ジュヒョク、ユ・ヨンソク
 2016年1月22日(金)より、TOHOシネマズ新宿、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国順次公開
 公式サイト http://gaga.ne.jp/beautyinside/

Writer's Note
 Kachi。納豆、はちみつ梅干し、大根おろし、とろろ、焼き魚。ハン・ヒョジュが好きな日本の食べ物だそうです。


>>>>> 記事全リスト


関連記事

Review 『ビューティー・インサイド』 ~奇抜な着想から紡がれる、ありふれた恋の試練と感動

Text by Kachi
2016/1/7掲載



 誰しも恋をすると、その人に会う次の朝を待ちわびるものだ。でもたとえばもし、眠りについたが最後、もう好きな人に会えなくなるとしたら…。

beautyinside.jpg

 『ビューティー・インサイド』の主人公キム・ウジンは、18歳の朝、目を覚ました瞬間から寝て起きるたびに心以外の性別、年齢、国籍さえも違う人間になるという、奇妙な体質になってしまう。初めは驚き絶望するも、やがて自らの運命を受け入れていく。彼の秘密を知るのは、母(ムン・スク)と、親友のサンベク(イ・ドンフィ)だけだった。やがてウジンは通販限定のオートクチュール家具職人として注目を集めるようになる。目覚めたら別人になってしまっているので、恋愛はいつも一晩限り。そんなウジンが、家具店に勤める女性イス(ハン・ヒョジュ)に一目で心を奪われてしまう。

 私たちは好きな相手の顔を日に何度も思い出すわけだから、その顔が毎日違ってしまうのは、なるほどこれは恋愛において究極の試練である。「恋が始まるのは外見からと考えていたし、それを皮肉的に表現してみたくもあった」と、ペク監督は語る(プレスシートのインタビューより)。「恋愛で大事なのは見た目より中身」という言葉がきれいごとなのはまぎれもない真理だ。個々人の希望通りに作るオーダーメイドの家具のように、好きな誰かの好みぴったりの自分になれたら、どんなにいいだろう。とはいえ人を愛する理由は複雑なものだ。「どうしてこの人を好きなのか?」なんて、一生解けない命題である。

 総勢123人に1人の役柄を演じさせるという突飛な筋立てに、CMディレクターの映画デビュー作と聞くと、こだわりの強い映画ファンは、監督の手腕を疑ってしまうかもしれないが、これが新人らしからぬ手堅い作りなのである。ウジンが別人の姿になる仕掛けのディテールの説明を潔く省き、彼の秘密という設定の妙によりかかることなく、むしろ二人が歩む、決して甘くない恋の道のりにフォーカスしていったことが奏功している。恋に落ちるのは簡単でも、愛が続いていくことはたやすくない。必ずしも理解してくれるとは限らなくても、好きな相手にこそ、自分のハンディキャップを知ってほしいし、受け入れてほしい。そんな、恋愛の本質だからこそ直面する難しさを描き切った監督の姿勢に、作品への真摯さが好もしい。

 俳優陣にも恵まれた。ユ・ヨンソクやチョン・ウヒ、日本の女優、上野樹里といった演技巧者を、ストーリーの要となるシーンでウジン役に据えたことで、画面がグッと引き締まる。さらにイスを演じたハン・ヒョジュは、ウジンをその奇妙な体質ごと受け入れようとする葛藤を、かすかに曇ってゆく表情で繊細に表現した。

 とんでもなく数奇な運命を背負った一人の男性と、彼を愛することになった女性がたどる恋の軌跡。ぜひ劇場で観て、心を震わせていただきたい。


『ビューティー・インサイド』
 原題 뷰티 인사이드 英題 The Beauty Inside 韓国公開 2015年
 監督 ペク監督(ペク・チョンヨル) 出演 ハン・ヒョジュ、キム・デミョン、ト・ジハン、ペ・ソンウ、パク・シネ、イ・ボムス、パク・ソジュン、キム・サンホ、チョン・ウヒ、上野樹里、イ・ジェジュン、キム・ミンジェ、イ・ヒョヌ、チョ・ダルァン、イ・ジヌク、ホン・ダミ、ソ・ガンジュン、キム・ヒウォン、イ・ドンウク、コ・アソン、キム・ジュヒョク、ユ・ヨンソク
 2016年1月22日(金)より、TOHOシネマズ新宿、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国順次公開
 公式サイト http://gaga.ne.jp/beautyinside/

Writer's Note
 Kachi。お気に入りの俳優や女優がどのシーンのウジンを演じるのかも、本作を観る楽しみにするのも良いのではないでしょうか。しかし私の大好きなチョン・ウヒがあのシチュエーションで登場するなんて!


>>>>> 記事全リスト


関連記事

Copyright © 1998- Cinema Korea, All rights reserved.
Powered by FC2 Blog