HOME団体概要support シネマコリア!メルマガ登録サイトマッププライバシー・ポリシーお問合せ



サイト内検索 >> powered by Google

■日本で観る
-上映&放映情報
-日本公開作リスト
-DVDリリース予定
-日本発売DVDリスト
■韓国で観る
-上映情報
-週末興行成績
-韓国で映画鑑賞
■その他
-リンク集
-レビュー&リポート
■データベース
-映画の紹介
-監督などの紹介
-俳優の紹介
-興行成績
-大鐘賞
-青龍賞
-その他の映画賞


Review TOKYO FILMeX『コインロッカーの女』 ~新鋭監督が放つ、女たちの「新しき世界」

Text by Kachi
2015/12/24掲載



 「韓国ノワール」というジャンルが、いつからか確立して久しい。11月21日から開催された第16回東京フィルメックスにて上映された、新人ハン・ジュニ監督の『コインロッカーの女』は、暗黒街を舞台に女性をエネルギッシュに描いた、まさに女たちのノワール映画である。

filmex2015a.jpg
『コインロッカーの女』

 生まれてまもなくコインロッカーに捨てられたイリョン(キム・ゴウン)は、仁川・チャイナタウンを縄張りに、金になるならどんなことでもする“オンマ/お母さん”(キム・ヘス)に売られる。笑わず泣かず、ふてぶてしいイリョンはやがて借金取立人として“オンマ”の右腕にまでのし上がっていく。

 マフィア、やくざといった集団は、父権で支えられた共同体だ。そして、フランシス・フォード・コッポラの『ゴッドファーザー』を例に引くまでもなく、国や時代を問わず多くの映画でもそう描かれてきた。だが、例えば日本において高田宏治による『極道の妻たち』シリーズにみられる、鉄火肌の女性が生き生きとスクリーンに躍り出る魅力的な作品群に比べて、そもそも儒教的父権主義が根強い韓国では『花嫁はギャングスター』シリーズのような一部の例外を除き、韓国ノワール映画は長らく男性たちばかりが主役であった。『新しき世界』のソン・ジヒョ扮する潜入捜査官は、そんな中にあって一人気を吐いていたと言えるが、結局か弱い存在として男たちのドラマから退場させられてしまう。

 そうした作品が多いなか、本作は圧倒的に男性性が機能しない、女性たちの骨太な世界である。ゴッドマザー“オンマ”のもとには、ホンジュ(チョ・ヒョンチョル)とウゴン(オム・テグ)という若い男性が身を寄せているが、ホンジュには知的障がいがあり、イリョンはまるで子供に接するように彼の面倒をみている。ウゴンはひそかにイリョンに惹かれているが、そんなことはおくびにも出さず、ひたむきに彼女を支えている。オンマと袂を分かったチド(コ・ギョンピョ)は威勢が良いだけのごろつきであり、公権力につく男性たちも、オンマに凄まれて太刀打ちができない。何よりこれだけ荒くれ男が揃っているにもかかわらず、男性側から性が一切匂ってこない。

filmex2015b.jpg
ハン・ジュニ監督

 オンマはかつて、自らの手で己の母なる存在を殺した。イリョンもまた、債務者の息子でありながら穏やかで屈託なく生きるソッキョン(パク・ポゴム)との出会いで、オンマとの関係が大きく歪んでいく。『コインロッカーの女』には、自分を産み落とした存在を越えていこうとする彼女たちのひりひりするような成長の痛みと、これまでの韓国ノワールにはなかった女たちの尊厳が、生々しく息づいている。


第16回東京フィルメックス
 期間:2015年11月21日(土)~11月29日(日)
 会場:有楽町朝日ホールほか
 公式サイト http://filmex.net/

『コインロッカーの女』
 原題 차이나타운 英題 Coin Locker Girl 韓国公開 2015年
 監督 ハン・ジュニ 出演 キム・ヘス、キム・ゴウン、オム・テグ、パク・ポゴム
 2016年2月16日(火)よりヒューマントラストシネマ渋谷、2月27日(土)よりシネ・リーブル梅田にて「未体験ゾーンの映画たち2016」の1本として公開
 公式サイト http://aoyama-theater.jp/feature/mitaiken2016

Writer's Note
 Kachi。『コインロッカーの女』は、久しぶりにジットリ血の匂いがする韓国映画でした。ナ・ホンジン監督を彷彿とさせる…と思ったら、本作のイ・チャンジェ撮影監督は、『チェイサー』『哀しき獣』でBカメラを担当していたカメラマンだと聞き、大いに納得したのでした。


>>>>> 記事全リスト


関連記事
スポンサーサイト

Review TIFF『今は正しくあの時は間違い』 ~「こぼれ落ちてしまう素敵なもの」から紡がれるホン・サンスの映画言語

Text by Kachi
2015/12/14掲載



 昨年12月、『自由が丘で』公開記念に東京藝術大学で開催された特別講義でのホン・サンス監督は、いつも目にするよりも、ずっと弁舌が冴え渡っていた。途中飛び入り登壇した加瀬亮を交えた長丁場の講義は、「たばこが吸いたいですね」と自ら切り出して終了するまで、よどみなく、笑顔で自身の映画手法を語り続けた。その中で特に私の心に深く刻みつけられたのが、物事に「ラインを引く」、つまり線引きをした部分にしか目が行かなくなることのつまらなさについてであった。端的に言えば、概念やイメージで物事をとらえることで映画がありきたりになるという意味である。監督は「線引きでこぼれ落ちてしまう素敵なもの」と言ったが、そうしたものを映画として表現する情熱を発言の端々に感じたのだった。

tiff2015a.jpg
『今は正しくあの時は間違い』

 新作『今は正しくあの時は間違い』の韓国版予告編は、もうすでに完成されたひとつの作品であった。逆再生される映像。話し手のセリフと全く異なってあてられている字幕。あまりに哲学的なタイトル。一体、この作品は観客をどこへいざなうのか。こんな予告映像を目にした時から、私は静かな熱狂を抱えたままだったが、第28回東京国際映画祭で本編を観てしばらくの間も、ずっとのぼせた状態であった。作品が素晴らしかったと同時に、あの講義で監督が話したことが、映画という形になって現れていたからだ。

 映画監督のチュンス(チョン・ジェヨン)は、自作の上映と講演のために水原(スウォン)に来ていた。彼が観光スポットの華城行宮で出逢ったのが、画家のヒジョン(キム・ミニ)だった。彼女を喫茶店に誘い、アトリエを訪ね、一緒に酒を呑み…。徐々に互いの心は近づいていく。

 妻子持ちのチュンスと、ヒジョンの抜き差しならないラブ・アフェアを、「あの時は正しく今は間違い」と「今は正しくあの時は間違い」という二部構成で語る。筋立てとしては、一部も二部も同じだが、その中の出来事では微妙に食い違いや反復が起きている。その差異と相似が、「今/あの時」、「正しい/間違い」というラインを取り払っていく。

 『自由が丘で』は、年上の恋人を追ってソウルを訪れた日本人男性の数日間を、時系列がばらばらになった手紙のままに展開するという新感覚な映画の叙法で、私たちを本当にわくわくさせてくれたのだが、『今は正しくあの時は間違い』でも、物語は時間というくびきから物語が解放される。そして何よりこれまでも男女の艶ごとを軽やかにスクリーンに描き出してきたホン・サンスの、二人が恋に至る事象をほどく手つきの何としなやかなことか。チュンスとヒジョンの危うい二人に、社会規範を云々するのも忘れてしまう。まこと恋とは、お互いの反応の産物だ。上手くいくと思ったことが意外な災厄となり、失敗したと落胆した矢先に思わぬ幸運が転がり込む。過ちやボタンの掛け違えさえも、二人のこれからにどう作用するか分からないのである。

 ホン・サンス作品を語ろうとするたび、嘆息するしかない。己の中にある陳腐な言葉が、ホン・サンスの映画言語に追いつく日はあるのだろうか。


第28回東京国際映画祭
 期間:2015年10月22日(木)~10月31日(土)
 会場:TOHOシネマズ六本木ヒルズ、新宿バルト9ほか
 公式サイト http://2015.tiff-jp.net/ja/

Writer's Note
 Kachi。ヒジョンを演じたキム・ミニのセリフ回しや仕草の艶っぽさと言ったら! 何かまだ言い足りないような、後ろ髪をひかれるようなしゃべり方には、誰だってずるずるとはまってしまいますね。


>>>>> 記事全リスト


関連記事

Report コリアン・シネマ・ウィーク2015 ~家族、夫婦、青春…。普遍的テーマを多様に映し出す

Text by Kachi
2015/12/5掲載



 去る10月23日より東京・四谷の駐日韓国文化院で、第28回東京国際映画祭提携企画「コリアン・シネマ・ウィーク2015」が開催された。2001年より東京国際映画祭協賛企画としてスタートし、15年目を迎える今年も日本劇場未公開作を含む6作品が上映された。

 ウ・ムンギ監督『チョック王』。「チョック」とはサッカーとバレーボールをあわせたような球技で、マンソプ(アン・ジェホン)は軍隊でチャンピオンになる腕前だった。しかし、除隊後に復学すると、チョック部は廃部になっていた。女子は「チョックなんてださい」と眉をひそめ、男子もあえて手を出さない。何よりも旗振り役のマンソプ自身が(親近感のわくルックスであるが)お世辞にもイケメンではない。だが、無謀にもキャンパス・クィーンのアンナ(ファン・スンオン)に猛アタックしたかと思うと、元サッカーの花形選手でアンナと微妙な関係のカン・ミン(チョン・ウシク)をチョック対決で華麗にねじ伏せる。話題に事欠かないマンソプは一躍学内の有名人に。

kcw2015a.jpg
『チョック王』

 これまで観たことがある韓国のスポーツ映画とも、日本のスポ根ものとも違う。はずしをきかせたBGM、伏線の回収の仕方を見ても、本作は一筋縄ではいかない映画だ。それでも、就職難や不況といった、現代の韓国の若者が抱えている問題にも触れているところにメッセージ性を感じる。我が身を振り返ると、青春時代は万能感に満ちていて、すべて手に入るような気がしたが、現実はひとつどころか何も手に入らなかったりするものだ。マンソプは、先が見えなくても、ださくても、好きなことをやっている。その瞬間がもう二度と戻らないからだ。本作はそんなメッセージをさらりと盛り込むところに好もしさがある。

 筆者はチョックにほとんどなじみがなかったが、足の縁(へり)で蹴るのがコツであるところを見ると、実は相当な身体能力が必要なのではないだろうか。脚を大きく振り上げるアクロバティックな動きは見ていてなかなか面白い。

 チン・モヨン監督『あなた、その川を渡らないで(仮)』。夫チョ・ビョンマン98歳。妻カン・ゲヨル89歳。今も伝統的な韓服に身を包む二人の仲むつまじい姿を、季節の移ろいとともにつづったドキュメンタリー映画である。2014年に韓国で公開されると、480万人を動員した。

kcw2015b.jpg
『あなた、その川を渡らないで(仮)』

 夏は川べりで水を、秋はかき集めた落ち葉を互いにかけあう姿は、ティーチインで監督が語ったように「愛らしく、いたずら好き」で、魅力的な二人だ。何よりビョンマン氏は、妻に対してはもちろん、家族の誰に対しても権力を振りかざさない。98歳と89歳という年齢を考えると、夫婦は強固な男性優位社会の洗礼を受けて育っているはずである。そんな二人が見せた、極めて現代的な夫婦の愛の形に新鮮な驚きがあった。

 脚本家ホン・ブヨンの同名小説を映画化した、キム・ドクス監督『お父さんをお貸しします』。テマン(キム・サンギョン)はソウル大出身という輝かしい経歴を持つが、10年前、事業に失敗。以来、美容院を一人で切り盛りする妻チス(ムン・ジョンヒ)に養われてだらだら日々過ごす、いわゆる「髪結いの亭主」。ついに、娘のアヨン(チェ・ダイン)はぐうたらな父親を中古バザーに出すという突拍子もないことを思いつく。だが、父親を早くに亡くした同級生男子が、意外にもテマンを気に入る。そして、前代未聞の「お父さんレンタル業」が開店する。

kcw2015c.jpg
『お父さんをお貸しします』

 子どものいたずらに大人が巻き込まれてあたふたとするも、おかげで普段見失っていた大切なことに気づくという筋書きは、日本でも今夏劇場公開された『犬どろぼう完全計画』を思わせる。『犬どろぼう完全計画』ほど、子どもの活躍が見られないのはやや肩すかしであったが、高齢化・住宅不足・学歴社会の功罪といった今日の社会問題も盛りだくさんに詰め込みながら手堅くまとめており、笑って泣けるホームコメディとして上出来だった。オナラで愛を確認し合うシーンは『傷だらけのふたり』を思い起こさせ、最高にくだらなくて微笑ましい。

 ミン・ビョンフン監督『愛が勝つ』。他の作品同様に家族を題材にしているが、こちらは大変ヘビーな内容。スア(オ・ユジン)は成績優秀な高校生だが、過剰に教育熱心な母親(チェ・ジョンウォン)は彼女により高いレベルを目指すよう強いている。友人とも遊べず、息もつまる日々を送るスアは、自傷行為や窃盗などの問題行動を繰り返す。他方、医師である父(チャン・ヒョンソン)は、性的暴行疑惑で社会的信頼が失墜し、精神的に追い込まれている。3万ウォンのタクシー代を踏み倒した嫌疑をかけられ、潔白を訴える姿はほとんど狂気に満ちている。

kcw2015d.jpg
『愛が勝つ』

 劇中では、スアの親友ソウォンの家族が、スアの一家と対照的な家族として登場する。ソウォンは勉強が得意ではなく、父親はギャンブル三昧で、そんな夫に手を焼く母親。暮らし向きは楽でなさそうだが、それでも親子3人、家族の誕生日を祝う光景は穏やかだ。マイナスを抱えながらも寄り添い信頼しあうのが家族のあり方なら、完璧さを求めようとする家庭は、かえって歪み、もろく壊れてしまう。

 時折、観る者の容易な解釈を拒むような観念的なカットが差し挟まれるが、それは母の心象風景であった。タイトルは、愛情のかけ方を間違えたスアの母への痛烈な皮肉なのかと思ったが、彼女を見つめる監督の視線に感じられたのは、罰するような厳しさよりも、暖かい憐れみだ。母の心こそがいびつで、もろかったのだ。

 『許三観(ホ・サムグァン)』。『ローラーコースター!』に続く監督ハ・ジョンウの2作目は、中国の小説家、余華の代表的小説「許三観売血記」を原作にした、意外にもホームコメディドラマである。

kcw2015e.jpg
『許三観(ホ・サムグァン)』

 1953年の公州。ホ・サムグァン(ハ・ジョンウ)は、ポップコーン売りの美女オンナン(ハ・ジウォン)に一目惚れ。すでに恋人がいたオンナンだったが、サムグァンは彼女の父を言いくるめて強引に結婚。3人の息子にも恵まれる。ところが、サムグァンが特に可愛がっていた11歳の長男、イルラク(ナム・ダルム)が、オンナンの前の男の子供であることが発覚。家族に波乱が巻き起こる。

 「血」が本作を観る上で重要なポイントである。劇中、サムグァンは病院で血液を売り、金銭を得ている。「血液事業の日韓比較、最大の相違点は「預血」か否か--特別講演より」(2002年/日本輸血学会)によれば、1950年に勃発した朝鮮戦争を機に、韓国にはアメリカ海軍によって血液銀行が導入され、以降1954年に国立の血液センター、1958年には韓国赤十字社内に血液センターが設置される。1975年に禁止されるまで、売血は一般的であったようだ。

 実子でないと分かった瞬間、サムグァンがイルラクを冷たく突き放したように、何よりも家を守ること、血統主義を反映した描写が、そこかしこに見え隠れする。だが、「血」ゆえに親子の絆が危うくなるも、「血」によって再び家族になるのだ。

 笑いを誘うための冗長なやりとりも多く、120分を超える上映時間はやや長すぎた感もあるが、後半、文字通り血の出るような思いで家族を守ろうとするハ・ジョンウの父性愛は真に迫るものがあった。子役たちの演技も秀逸だった。特に、イルラク役のナム・ダルム。「あざとい」と意地悪な視線を送る暇もなく、涙腺をガタガタにゆるめられてしまった。

 コリアン・シネマ・ウィークといえば、最終日に上映された『国際市場で逢いましょう』が象徴しているように、安心して泣き、笑える王道ストーリーが売りの作品が近年は特に多かった。『あなた、その川を渡らないで(仮)』の上映中、笑いとすすり泣きが絶えなかったように、今年もその路線から大きく外れてはいない。一方で『愛が勝つ』のように芸術映画的色合いが強い作品を上映することは、結構な挑戦であったのではないか。また、各作品の主題は家族や夫婦、青春といった普遍的テーマでありながら、その描き方や、作品に込められたメッセージは実に多様だった。コリアン・シネマ・ウィーク作品の豊かさを改めて感じた6日間であった。


コリアン・シネマ・ウィーク2015
 期間:2015年10月23日(金)~10月28日(水)
 会場:韓国文化院ハンマダンホール
 公式サイト http://www.koreanculture.jp/

Writer's Note
 Kachi。『許三観(ホ・サムグァン)』でハ・ジョンウと互角な演技をみせてくれたナム・ダルムは、『群盗』でカン・ドンウォンの幼少時代を演じるなど、もうだいぶ顔の売れている子です。つぶらな瞳が往年の唐十郎さんに激似。


>>>>> 記事全リスト


関連記事

Review 『殺されたミンジュ』 ~キム・ギドクの新作は善悪の観念を揺さぶる人間不条理劇

Text by mame
2015/12/2掲載



 『アリラン ARIRANG』で復活後、コンスタントに作品製作を続けるキム・ギドク監督の新作『殺されたミンジュ』は、彼がその人生で得た哲学の集大成に思えた。生きる上での息苦しさや矛盾を突きつけ、観る者の観念をひどく揺さぶる。

oneonone.jpg

 物語はスピーディーに進む。夜の町で女子高生が何者かの集団に襲われ、あっという間に息絶える。彼女の名はオ・ミンジュ。容疑者を成敗するために、名もなきテロ集団が立ち上がる…と聞けば、痛快な復讐劇に進むかと思いきや、そこはキム・ギドクならでは。本来明らかなはずの悪人と善人との境界が曖昧になり、哀しい人間不条理劇に発展する。

 ミンジュ殺害に関った者をひとりずつ拷問にかけていくにつれ、テロ集団の素性も明らかになるが、社会不適合者の寄せ集めでしかない彼らの結束は、ふとしたきっかけでバラバラになりそうなほど、もろく危うい。彼らは拷問する相手にあわせて、嬉々として服装を変え、身分を詐称する。自分ではない何者かになった気分はさぞや爽快だろう。だが、結局はうまくいかない日常から目を背けているだけではないか…。そうした視点を、私たちは拷問にあった男(キム・ヨンミン)がテロ集団を観察する中で発見する。「社会悪を倒す」という目標を掲げて拷問にのめり込む者もいれば、しょせん何も変わらないと諦める者もいる。傍から観察する分には、その光景はひどく滑稽だ。

 集団の力は強い。ひとりだとできないような大きな事を成し遂げることができる。だが、そこにはあっという間に支配者と従属者ができ上がり、集団ならではの息苦しさも生じる。

 「俺は殴られて我慢しているやつが大嫌いだ!」とテロ集団のリーダー(マ・ドンソク)は叫ぶが、「我慢するのもそう悪い事ではない」と返され、彼の主張は虚しく宙に浮く。世の中に対する激しい怒りは、誰にも共感される事なく行き場を失う。

 飼い馴らされていないか? キム・ギドクは訴える。世の中でうまくやっていくには、ある程度の妥協も必要だ。だが、妥協する事で失ってしまったものを、取るに足らないもの、必要のないものと判断して諦めてしまう。本当にそれで良いのだろうか?

 答えのでない世の中への怒りが、キム・ギドクが映画を作る上での原動力となっているのは間違いないだろう。


『殺されたミンジュ』
 原題 일대일 英題 One on One 韓国公開 2014年
 監督 キム・ギドク 出演 マ・ドンソク、キム・ヨンミン、イ・イギョン、チョ・ドンイン
 2016年1月16日(土)より、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国順次公開
 公式サイト http://www.u-picc.com/one-on-one/

Writer's Note
 mame。キム・ギドク作品は設定が非現実的ながらも、どこか笑える要素が入っているのがたまらなくツボです。今回は比較的深刻なテーマでしたが、テロ集団の不毛な内輪揉めに思わず笑わされました。


>>>>> 記事全リスト


関連記事

Copyright © 1998- Cinema Korea, All rights reserved.
Powered by FC2 Blog