HOME団体概要support シネマコリア!メルマガ登録サイトマッププライバシー・ポリシーお問合せ



サイト内検索 >> powered by Google

■日本で観る
-上映&放映情報
-日本公開作リスト
-DVDリリース予定
-日本発売DVDリスト
■韓国で観る
-上映情報
-週末興行成績
-韓国で映画鑑賞
■その他
-リンク集
-レビュー&リポート
■データベース
-映画の紹介
-監督などの紹介
-俳優の紹介
-興行成績
-大鐘賞
-青龍賞
-その他の映画賞


Review 『パイレーツ』 ~キム・ナムギル VS ソン・イェジン 大海原を制するのはどっち?

Text by hebaragi
2015/4/26掲載



 『私の頭の中の消しゴム』『白夜行-白い闇の中を歩く-』『ザ・タワー 超高層ビル大火災』など、様々なジャンルの作品に出演してきたソン・イェジンが挑む初の本格アクション映画というだけで興味津々。また、ドラマ「サメ~愛の黙示録~」に続き、キム・ナムギルとソン・イェジンという人気の二人が共演する作品という話題もあり、韓国で866万人の観客動員を記録した史上空前の海洋アクション・アドベンチャーがいよいよ公開される。

pirates1.jpg

 舞台は1388年。高麗滅亡から朝鮮建国へ、国が大きく変わろうとしていた激動の時代だ。ストーリーは、当時の中国・明から受け取った国璽がクジラに飲み込まれ、その行方を巡る海賊、山賊そして官軍の壮大な対決をベースに展開していく。事実、朝鮮には建国から十年あまり国璽がなかったというエピソードが本作のストーリーにつながっている。日本から東アジアの歴史を見ると、日本と朝鮮半島、または日本と中国という視点で見ることが多いが、「朝鮮半島と中国」の関係でも様々な出来事が少なくない。当時の朝鮮国と明の関係について認識を新たにする作品でもあるといえる。

 官軍から山賊になったリーダー、チョン・サジョンを演じたキム・ナムギルは、剣術の名士としてのアクション・シーンも魅力だが、本作に出演しようと思ったきっかけについて「率直に面白いと思ったから」と答えている。また「映画のベースはコメディ」と語っているようにコミカルなシーンも多く、ソン・イェジンとのラブコメのような雰囲気も見受けられる。さらに、本作について「完璧な娯楽映画です。劇場に来て楽しんで帰るぞという思いで来てください。本当に面白いですよ」と語っているのも、あながち誇張ではない印象だ。

 一方の海賊船長ヨウォルを演じたソン・イェジンは、アクションに初挑戦した理由について「女性が出演できるアクション作品というのは珍しいことに加え、もっと年齢を重ねると出演のチャンスがなくなると思ったから」と答えている。本作では、終始凛とした表情でワイヤー・アクションをこなすなど新たな魅力を存分に見せたことが評価され、第51回大鐘賞で主演女優賞を受賞した。また「常に新しいものにチャレンジしているように思われるが」との問いに対しては、「同じことを繰り返すのが嫌いなので、最大限キャラクターや違う状況に置かれる映画を選んでいる」と答えている。実際、ディザスター映画『ザ・タワー 超高層ビル大火災』やスリラー『殺人の疑惑』でシリアスな役を演じたあとに本作に出演している。

 海賊の冷血なリーダー、ソマを演じたイ・ギョンヨンや、終始コミカルな表情が印象的な元海賊チョルボンを演じ、第51回大鐘賞で助演男優賞を受賞したユ・ヘジン、ヨウォルの部下である海賊の女性フンミョを演じたf(x)のボーカル、ソルリなど主役二人以外のキャストも豪華で、ストーリーに厚みを加えている。

 監督は2012年に『ダンシング・クィーン』をヒットに導いたイ・ソックン。本作では『パイレーツ・オブ・カリビアン』を意識したというが、意表を突く大胆な演出で見る者の五感を刺激している。また、美術チームが総力を結集して制作した超大型船舶二隻や港町の街並みや水路などの壮大なセット、国璽を飲み込んだクジラのCGなど、迫力あるシーンも印象深い。さらに、撮影は『ザ・タワー 超高層ビル大火災』や『TSUNAMI ツナミ』などスペクタクル映画の第一人者キム・ヨンホが担当し、まるでスクリーンから客席に水しぶきが飛び散って来そうな迫真の映像を見せてくれる。

pirates2.jpg

 作品後半、主演二人の関係が微妙に変化していくように感じられるのも見どころのひとつ。余談だが、過去にあった主演二人の恋愛の噂について、キム・ナムギルは「同性の兄弟のように感じており、お互い異性として意識できない」と語り、噂を一笑に付している。

 果たして国璽をめぐる3グループの対決の行方はどうなるのか? 最後まで手に汗握るシーンの連続が興味深い。本格アクションの中にコメディも込められ、娯楽映画として大いに楽しめる作品といえるだろう。


『パイレーツ』
 原題 해적: 바다로 간 산적 英題 The Pirates 韓国公開 2014年
 監督 イ・ソックン 出演 キム・ナムギル、ソン・イェジン、ユ・ヘジン、イ・ギョンヨン
 2015年5月22日(金)より、TOHOシネマズ新宿ほか全国ロードショー
 公式サイト http://www.pirates-movie.info/

Writer's Note
 hebaragi。常に新たなジャンルに挑戦し、様々な魅力を発揮してきたソン・イェジン。次回作『幸せがいっぱいの家』もクランクアップしたとのこと。公開が今から楽しみだ。


>>>>> 記事全リスト


関連記事
スポンサーサイト

Report 第10回大阪アジアン映画祭 ~10周年はアジアンスターの競演でより華やかに

Text by mame
2015/4/8掲載



 今年もこのレポートをお届けする時期がやってきました!

 毎年待ち遠しくてたまらない、大阪アジアン映画祭(以下、OAFF)です。今年は記念すべき10周年を迎え、作品数も過去最大の45本となり、チケット発売初日から完売続出という嬉しい幕開けとなりました。昨年に引き続き躍進を続けるフィリピン映画、東南アジアのアクション映画に着目した特集「ニューアクション! サウスイースト」など魅力的なラインナップに、今年もスケジュール調整にギリギリまで悩まされました…。

oaff2015a.jpg
『国際市場で逢いましょう』ユン・ジェギュン監督の舞台挨拶

 今回鑑賞できた韓国監督作品は3本。昨年末、韓国で公開され大ヒットを記録したユン・ジェギュン監督の『国際市場で逢いましょう』、OAFFではもはやおなじみのキム・テシク監督による最新作『太陽に向かって撃て』、日本映画学校を卒業したイ・ユンソク監督による『雨時々晴れ』。その他関連作品として日韓合作の『BRAKEMODE』(ヤングポール監督)、CJエンターテインメントと共同制作のベトナム映画『ホイにオマカセ』(チャーリー・グエン監督)など、国際色豊かな作品が集います。

 クロージングに選ばれた『国際市場で逢いましょう』は、時代の流れに翻弄されながらも、自分を犠牲にして家族のために生きる男を描いたホームドラマ。舞台挨拶に現れたユン・ジェギュン監督の「今の豊かさがあるのは両親世代の努力のおかげ」とのメッセージ通り、ファン・ジョンミン演じる人情味溢れる父親に思いを馳せると、胸が熱くなってきます。邦題で付け足された「逢いましょう」の意味が明らかになる終盤は、さらに感慨深いものがこみ上げてきます。

 キム・テシク監督の『太陽に向かって撃て』はジャンルとしては西部劇風ロードムービーといったところですが、ドライブスルーでの結婚式、刺青から抜け出す青い鯉など、どこか監督ならではの独特の映像感覚が冴えています。寡黙なヒーロー、カン・ジファンの男前ぶりはいうまでもなく、まさにオリエンタルビューティーの色気を漂わせるユン・ジンソが、非現実的な空間にうまくはまっていました。

 『雨時々晴れ』は韓国に留学経験もある広澤草が主演。映画館で恋が始まったり、浮気の言い訳が「映画観てた」のひと言で済んだり、映画好きな人々には妙に思い当たるエピソードが絶妙なラブストーリー。ロケ地も俳優陣も日本人なのですが、繰り返し流れるオリジナルBGMや、月を見上げるシーンなど、観ていてこっぱずかしくなるぐらい乙女チックな展開が続くせいか、どこか邦画と違う空気の漂う作品でした。


 もちろん、韓国映画以外にも気になる作品はまだまだあります!

 『ヴァイオレーター』(ドド・ダヤオ監督/フィリピン)は、どこか得体の知れない怖さが不気味なスリラー。悪魔に憑かれた少年が出てくるのはキリスト教徒が多いフィリピンならではですが、「え!今の何?」と思わせる、心霊現象にも似た映像が現れたり、まさに「フィリピンの黒沢清」を彷彿とさせる作風でした。

oaff2015b.jpg
『マリキナ』ミロ・スグエコ監督のサイン会

 『マリキナ』(ミロ・スグエコ監督/フィリピン)は、実在する「靴の街」マリキナを舞台に、そこに生きる家族の過去と現在を優しく見つめた作品。現在のマリキナは他の都市と同様、安価な輸入品に押されて全盛期の活気からはほど遠いそうですが、この映画が最盛期の活気を取り戻すきっかけになってくれれば、と望んでしまいます。監督の「革靴は安い靴と違い、手入れすれば何年でも履けるからね」との期待を込めたコメントが印象的でした。

 その他、OAFFでは一昨年の『イスタンブールに来ちゃったの』に続いてのトルコを舞台にしたラブストーリー『カッパドキアの甘い恋』(バーナード・チョウリー監督/マレーシア・トルコ)や、お洒落なGTH社によるコメディ『アイ・ファイン、サンキュー、ラブ・ユー』(メート・タラートン監督/タイ)は、表情豊かなヒロインがとても魅力的な作品です。こちらも主演ふたりのキュートな魅力が満載の『運命というもの』(アントワネット・ジェダワン監督/フィリピン)を観賞後のバーナード監督からは「マレーシアにもあんなカッコ良い俳優がいたら良いんだけど…」との意外なコメントが。

 それもそのはず、今年完売した作品の特徴として人気俳優の活躍が目立ちます。前述の『国際市場で逢いましょう』では東方神起のユンホ、『太陽に向かって撃て』はカン・ジファン、『逆転勝ち』(コン・ウェンイェン監督/台湾)では人気ロックバンド「五月天(メイデイ)」のモンスターの出演が話題となり、いずれもチケットは完売が相次ぎ、舞台挨拶についての問合せが殺到したとか。そして今年新設された「オーサカAsiaスター★アワード&トーク」では、『GF*BF』『失魂』での演技も記憶に新しいチャン・シャオチュアンが登場。もちろんこちらもチケットは秒殺でした。

 映画好きとしては、つい監督に注目して作品を選びがちですが、お目当ての俳優の活躍にキラキラと目を輝かせる女性ファンを見ると、もはや映画はライブに次ぐファンとの交流の場として機能しているのだと感じさせられます。最近はミュージシャンのライブ映像の映画化が盛んですが、直接出会った時とも違う、スクリーンの中でしか見られない表情に、人々は惹きつけられるのでしょうか。

oaff2015c.jpg
クロージング・セレモニー グランプリは『コードネームは孫中山』

 レッドカーペットや中之島クルーズのほか、ゲストとの交流の機会が増えてますます華やかになったOAFF。今後も話題性と質を兼ね備えた作品で、映画ファンのみならず様々なファンを取り込んで大きく成長していく事を期待します!


第10回大阪アジアン映画祭
 期間:2015年3月6日(金)~3月15日(日)
 会場:梅田ブルク7、ABCホール、シネ・リーブル梅田、シネ・ヌーヴォほか
 公式サイト http://www.oaff.jp/

Writer's Note
 mame。話題の映画をいち早く楽しめるのも映画祭の魅力。昨年は『KANO』や、見逃した『So Young』『GF*BF』が一般公開され、自信を持って周りにオススメしたり、観賞後は改めて映画祭の余韻に浸ったりして楽しんでいました。


>>>>> 記事全リスト


関連記事

Review 『群盗』 ~ハ・ジョンウ×カン・ドンウォン 二大スターが初共演する豪華アクション

Text by hebaragi
2015/4/7掲載



 2014年の韓国映画は、『鳴梁』や『パイレーツ』など、時代劇が観客動員の上位を記録する一年であった。本作もその一本である。

kundo.jpg

 舞台は朝鮮王朝末期の1862年。日本では幕末から明治維新へ向かおうとする時代だが、朝鮮では相次ぐ自然災害と悪徳官僚や富豪貴族による搾取が重なり、民衆は困窮を極めていた。そんな中、不当に搾取された食糧を取り戻し、民衆に返してまわる義賊「智異山チュソル」が活躍していた。と畜人として極貧にあえぎながら生きてきたトルムチ(ハ・ジョンウ)は、大富豪チョ家の悪徳武官ユン(カン・ドンウォン)からある依頼を受けたことをきっかけに宿敵の間柄になり、命を狙われることになる。そこを「智異山チュソル」に救われ、「世の中をひっくり返す(倒置)」の意味を込めたトチ(도치)と命名され、大きく変貌をとげていく。こうして、トチとユンの壮大な対決が始まることとなる。

 予想どおり二大スターの共演は魅力的だ。スキンヘッド姿も新鮮なハ・ジョンウはインタビューで「役作りにおいては愛嬌を失わずにいたいと思った」と答えている。その言葉どおり、重い出来事が続く中で重さを感じさせない役作りは成功したといえそうだ。一方のカン・ドンウォンは、除隊後4年ぶりの復帰作で『デュエリスト』『チョン・ウチ 時空道士』に続く本格アクション史劇に挑んだ。劇中では民衆の敵である憎々しくも美しき武官を演じ、自分の目的のためには無条件で人を殺せる悪役でいながら、どこか悲しみをたたえた深みを感じる表情が印象的な役どころとなっている。スタントなしのアクションや乗馬チェイスも観客を大いに魅了している。

 監督はデビュー作『許されざるもの』でカンヌ国際映画祭を湧かせ、『悪いやつら』で新風を巻き起こしたユン・ジョンビン。監督はハ・ジョンウと同じ大学の演劇映画学部出身だが、驚いたことに、10年前、大学の演劇公演でスキンヘッドのジョンウを見たときから彼に注目していたという。その後、ハ・ジョンウをキャスティングした『ビースティ・ボーイズ』と『悪いやつら』を監督したことが『群盗』につながった。また、本作では「心に届く映画を作りたかった。理性ではなく、まず胸がワクワクする映画。それが『群盗』の出発点だ」と語っているとおり、ラストまで手に汗握るシーンが展開する。なお、アクション映画で多用されるワイヤーアクションは「動きを美しく見せることはできるが、乱世をひっくり返す義賊の現実感とはかけ離れている」として除外されたということだ。また、「智異山チュソル」の本拠地など30もの巨大セットが建設されたことも注目点だ。こうしたプロダクションデザインは『ザ・タワー 超高層ビル大火災』や『光州5・18』などで群像映画を経験してきたパク・イリョンが担当している。

 ラスト近く、二人の対決がクライマックスに達するシーンで、カン・ドンウォンの結っていた髪がほどけ、長い髪をさらさらと波打たせながら走る姿はハッとする美しさだ。また、彼の186センチという長身を考慮し、振り下ろす刀は通常よりもはるかに長いものが特注されたというエピソードも興味深い。トチが持つ小さい刀とユンの持つ長い刀の対決。果たしてどちらに軍配が上がるのか? ラストまで目が離せない展開が続く。

 韓国の時代劇といえば、華麗な衣装が印象に残る王室時代劇も人気だが、本作は民衆の生活感を等身大で描き、スピード感あふれるアクションシーンを存分に味わえる。また「英雄ではなく、不特定多数の平凡な人々が世の中を変えられる」というメッセージを重視したという監督の思いも伝わってきた。韓国メディアからの評判は必ずしも芳しくなかったという本作だが、「観客にとって面白いか面白くないかが重要で、それ以外は意味がない。2時間どう楽しく見られるかが重要だ」と語る監督の思いは日本の観客にも十分伝わっていくのではないだろうか。


『群盗』
 原題 군도:민란의 시대 英題 KUNDO : Age of the Rampant 韓国公開 2014年
 監督 ユン・ジョンビン 出演 ハ・ジョンウ、カン・ドンウォン
 2015年4月25日(土)より、シネマート新宿ほか全国順次公開
 公式サイト http://www.guntou.net/

Writer's Note
 hebaragi。時代劇の中では『春香伝』が好き。何度も映画化されているが、オーソドックスなラブストーリーは何度見ても感動する。そろそろ新たな『春香伝』が見たい。


>>>>> 記事全リスト


関連記事

Copyright © 1998- Cinema Korea, All rights reserved.
Powered by FC2 Blog

FC2Ad