HOME団体概要support シネマコリア!メルマガ登録サイトマッププライバシー・ポリシーお問合せ



サイト内検索 >> powered by Google

■日本で観る
-上映&放映情報
-日本公開作リスト
-DVDリリース予定
-日本発売DVDリスト
■韓国で観る
-上映情報
-週末興行成績
-韓国で映画鑑賞
■その他
-リンク集
-レビュー&リポート
■データベース
-映画の紹介
-監督などの紹介
-俳優の紹介
-興行成績
-大鐘賞
-青龍賞
-その他の映画賞


Report 第15回東京フィルメックス ~「フィルメックス作品」が持つスクリーンの言葉

Text by Kachi
2015/3/17掲載



 監督のカラーというものがあるように、映画祭が持つ独特のトーンがある。例えば、現在劇場公開中のシンガポール映画、アンソニー・チェン監督『イロイロ ぬくもりの記憶』。共働きの両親の一人息子と、家族を残して出稼ぎに来たフィリピン人メイドのふれあいを描いた佳品だ。淡々としつつも映像に力がある本作を観ていて「やはり」と思った。2年前の東京フィルメックスで上映され、観客賞を受賞していたのだ。

 セリフではっきりとは表現しないが、スクリーンからにじみでるように映像が観客に語りかけてくる。それが「フィルメックス作品」が持つトーンだ。昨年開催された第15回東京フィルメックスで上映された韓国の3作品を見て、そう強く感じた。


filmex2014a.jpg
『扉の少女(仮題)』(邦題『私の少女』で5月に劇場公開)

 イ・チャンドン監督がプロデュースしたチョン・ジュリ監督『扉の少女(仮題)』。ソウルから地方都市の麗水(ヨス)へ、派出所の所長として赴任したヨンナム(ペ・ドゥナ)が、村を徘徊する少女ドヒ(キム・セロン)に出会う。ある出来事によってヨンナムは都会を出たが、男権社会の警察で、上司として男性たちを統率しなければならない。田舎の水があわないヨンナムと、養父と祖母から日常的に虐待を受け、同級生にも虐められるドヒ。二人に味方はいない。

 疎外された女性と、虐待を受ける少女の出会いがきっかけとなる映画を撮ったのは、チョン監督曰く「それが一番寂しい二人だから」。ティーチインで久しぶりに来日したペ・ドゥナは、笑顔でファンを魅了していたが、作品では感情を秘めた女性を好演していた。ドヒを助けようとしたことで、逆にヨンナムはあらぬ疑惑をかけられるが、潔白を訴える押し殺した表情の凄みは、さすがというほかない。

filmex2014b.jpg
チョン・ジュリ監督(左)とペ・ドゥナ(右)

 子役として名高いキム・セロンの出演作は枚挙に暇がないが、やはりウニー・ルコント監督『冬の小鳥』だろう。養護施設に引き取られた少女を演じていた彼女の、黒目がちな瞳が瞬くたびに胸が苦しくなった。今作でも演技派の目は健在だ。ヨンナムとそっくりの髪型にして、はしゃぐドヒは可愛らしいが、そのあどけない瞳に燃えるような感情がゆらめく瞬間がある。その刹那の怖さは、ぞくりと後味を残す。ヨンナムとドヒの同じ瞳は、ポン・ジュノ監督『母なる証明』の母子を彷彿とさせる。危うい、共依存のような関係だが、離れずにいて欲しいと願ってしまう。本作の原題は『도희야』。「ドヒよ」と呼びかけてくれるのはヨンナムしかいないのだ。


filmex2014c.jpg
『生きる』

 『生きる』は、『ムサン日記~白い犬』で長編デビューしたパク・ジョンボム監督の2作目である。177分の大長編だ。

 ジョンチョル(パク・ジョンボム)は建設工場での職を失い、味噌工場に雇われている。心の病気を抱える姉スヨン(イ・スンヨン)は、バスターミナルで誰とでもセックスをし、ジョンチョルを苛立たせる。彼の希望は姪のハナ(シン・ヘッピッ)だけで、余裕のない暮らしでも彼女をピアノ教室へ通わせ、メロディオンでの練習を熱心に見ている。誰かを口汚く罵る時、ジョンチョルはハナに「耳を塞げ」と言う。だがハナも、幼いながらに不満を募らせている。教会へ通っているが、ハナは抑揚なく聖書をそらんじる。ピアノも神への祈りも、自分の生活に希望を持たせてくれないと悟っているのだ。

 冒頭、ジョンチョルは荒涼とした山から大木を引き抜き、岩石を黙々と取り除いている。味噌工場では、厳しいノルマを達成するために働きづめだ。ファーストシーンが象徴するように、彼の日常は、転がり落ちる岩を来る日も来る日も山頂へと押し上げ続ける「シーシュポスの神話」そのものだ。粗暴なジョンチョルが、たった一度口にした「教えてくれ、なぜ俺には何もない?」に弱さと孤独が垣間見え、痛切に響く。

 ただ一人、友人のミョンフン(パク・ミョンフン)が、スヨンを慕い、ジョンチョルを心配して寄り添う。パク監督によれば「IQ130くらいで、がむしゃらなジョンチョルとは違って純粋な人物」として登場させたそうだ。作品の閉塞感を和らげる存在で、ジョンチョルの良心が具現化したような人物にも見える。

filmex2014d.jpg
パク・ジョンボム監督

 「4時間以上の脚本を削ってもこの上映時間だった。韓国でも、あまりの長さに辛そうにしている観客をよく見た」とパク監督は笑う。だが監督も述べたように、生きること自体が、ある意味で苦しい。この177分は、観る者の映し鏡のような時間であった。だが最後に本作は小さな光を見せてくれる。そのかすかな希望のために「苦しくても、生きるんだ」と教えてくれる。


filmex2014e.jpg
『ONE ON ONE(原題)』(劇場公開予定)

 キム・ギドク監督『ONE ON ONE(原題)』。女子高生オ・ミンジュが突然7人組に拉致され、殺害されるショッキングなシーンから始まる。その後、7人組は一人ずつ、同じく7人の民間人による私刑集団に誘拐され、激しい拷問を受ける。しかし、「なぜオ・ミンジュを殺したか」と尋問される当人たちさえ、理由をまともに答えられない。謎を残したまま映画は終わる。

 キム・ギドクは「痛みを悟るのが人生」と語った。「人生では傷つくことがたくさんあるが、それも生きていく過程。解決を宗教に求めることもできるが、救いは自分で見出さないといけない。自分の欲や不安定さと向き合うことが自らを救うのではないか」。奇しくも監督が話した「生きることの痛みと救済」が、今回上映された韓国の3作品に通底するテーマであった。

 劇中、民間人の私刑集団は、政治家(女子高生を拉致した7人組の元締め)を襲撃することで恨みを晴らそうとするが、「それは解決にならない。批判している自分は卑怯ではないのか? 自分たちも卑怯であることを、国家を批判しつつ放置しているのではないか?という問題提起をしたかった」とギドクは語る。

 本作は、国家が国民に与える痛みについての寓意を描いているが、一人の俳優に善悪複数のキャラクターを演じさせることで、誰もが国民にも国家にも、つまり被害者にも加害者にもなり得る危うさを暗示する。我々は無意識に誰かを犠牲にして生きている。そして「オ・ミンジュ」のような犠牲者をすぐに忘れてしまうのだ。


filmex2014f.jpg
ティーチインでのキム・ギドク

 『扉の少女』のドヒとヨンナムの言葉は、瞳の奥にこそある。『生きる』の登場人物たちの孤独や希望は、少ないセリフでこそ十全に表現される。『ONE ON ONE』に限らずギドク作品の多くは、説明的なセリフを極力排し、画で強烈な印象を観る者に与えてきた。善悪や清濁、聖邪では割り切れない人間の営み・存在について、セリフで語らず、また、はっきりと答えを出さないことによって余韻を残す。それが「フィルメックス作品」なのだ。


第15回東京フィルメックス
 期間:2014年11月22日(土)~11月30日(日)
 会場:有楽町朝日ホール、TOHOシネマズ日劇、ヒューマントラストシネマ有楽町
 公式サイト http://filmex.net/

Writer's Note
 Kachi。映画館勤務。昨年、同人誌『ことばの映画館』に参加。敬愛するイ・チャンドン監督の『オアシス』について書いています。


>>>>> 記事全リスト


関連記事
スポンサーサイト

Interview 『メイドロイド』ノ・ジンス監督、俳優ヨンゴン、女優ヨン・ソンハ ~「ゆうばりファンタ」では映画を作る人の情熱が感じられる

Text by hebaragi
2015/3/3掲載



 オフシアター・コンペティション部門にコンペインした『メイドロイド』のノ・ジンス監督、俳優ヨンゴンさん(サンス役)、女優ヨン・ソンハさん(ヒョナ役)に、ゆうばり国際ファンタスティック映画祭(以下、ゆうばりファンタ)の印象や作品についてお話をうかがった。

yubari2015maid2.jpg
左からヨンゴン、ノ・ジンス監督、ヨン・ソンハ


── 「ゆうばりファンタ」の印象

監督:5年ぶりに参加し、今回が2回目の参加。今回は開催期間を通して最後まで滞在できるので、観客と交流できるのが楽しい。

ヨンゴン:ゆうばりファンタへの参加は3回目で4作品目だが、今回新しい作品をもってこられてよかった。毎回、映画を作る人の情熱を感じられるのはゆうばりファンタならではだと思う。

ソンハ:海外の映画祭は初めて。韓国の大きな映画祭と違って小さな映画祭なので、ゲストと観客の距離が近いのがいい。今まで個人的に日本人についてあまり知らず距離感があったが、今回は良い面を見ることができた。夜は街の居酒屋でスタッフや観客と一緒にお酒を飲んだりして楽しく過ごしている。ノ・ジンス監督とは2014年の全州国際映画祭で上映された『被害者たち』への出演をきっかけに知り合って、今回、一緒に仕事をさせていただくことになった。

監督:今日の上映で、朝から一生懸命ピンク映画を見てくれた観客に感謝している。会場の雰囲気もとてもよかった。

── テーマについて

監督:日本のピンク映画文化に関心があり、よく見ていた。韓国にはこのようなテーマはなかなかない。そんなとき、ちょうどいい台本に出会った。台本は、ヨンゴンのアドバイスで当初のものから変えた部分もある。元々の台本では荷物が配達されてきたとき、主人公がすぐにロボットの存在を信用することになっていたが、演出の際にはロボットの存在を少し疑うように変えたりした。ラストシーンは、全てを失った主人公サンスがかわいそうだったのでファンタジー風にした。

── ロボット役を日本の女優(希志あいの)にした理由は?

監督:『サムライプリンセス 外道姫』(2009年/梶研吾監督)というVシネマに、今回ヒロイン役を演じた希志あいのが出演しているのを見て決めた。韓国製ロボットという設定にしたら、韓国はロボット技術が発達していないので信用されないのではと思った、日本製なら信用できると考えた。


yubari2015maid1.jpg
『メイドロイド』には希志あいのも出演

韓国ではあまり作りたがらないテーマ。韓国の俳優が出演する似たような映画もあるので新鮮な印象の作品にしたかったことと、韓国人のキャスティングが難しいので日本人をヒロイン役に起用した。私は日本の映画学校で学んだことがあり、キャストとスタッフとのコミュニケーションもスムーズだった。サンスについては日本語が分からないという設定にしたほうが面白いと思い、日本語の会話本を見ながらロボットと会話する設定にした。ただ、ひとつだけ残念なところがあった。ラストのベッドシーンは演技が型にはまっていて心が入っていない印象があったことだ。日本のAV文化については昔から知っていた。韓国では性文化を表面上隠すのが嫌で、日本のように明るく自由に楽しんで表現することに共感できた。

── 韓国ではこのような作品に対する規制はどの程度あるのか?

監督:そもそもピンク映画を作ってはいけないことになっており、違法とされている。ただし、インターネット上では日本のAVが見られる。女優・蒼井そらはとくに有名で、韓国だけでなくアジアで知らない人はいないくらいだ。韓国は、性的な事柄について関心がありながら、ないふりをするのが国民性だ。

── 実際に作品を見た印象は?

ソンハ:ピンク映画への出演が初めてだったので、最初見たときは緊張して心臓がドキドキした。今日、見たのは2回目で観客の立場で見たが、サンスの立場・役割がよく分かった。

監督:1回目に見たときは緊張した。2回目は映画ファンの目で見た。面白かったところ、惜しかったところ、こうすればよかったと思うところもある。

── 撮影について、今までの作品と比べてどうだったか?

ヨンゴン:(『エイリアン・ビキニの侵略』『探偵ヨンゴン 義手の銃を持つ男』など)今まではアクション映画が多かったので体を使った演技が多かった。今回の作品は主人公サンスの性格のディティールを短い時間で表現しなければならないので難しく感じた。一応、監督が考えていたことは表現できたように思う。

監督:撮影が終わるといつも思うことだが、反省点もあり学んだことも多かった。しかし、一段階ずつ進歩しているようにも感じた。希志あいののスケジュールが多忙なため、60時間連続撮影となったのが大変だった。

── カラオケボックスの接待女性について

ヨンゴン:作品中のヒョナのように歌やダンスの接待をする女性はいる。実際、自分も作品と同様にバイトをしたことがある。作品中のように、窓にブランケットをかけて室内を見えなくする行為も違法だが実際に行われている。韓国でも、他国同様に男女関係はあり、していることはしている。性文化は建前上、表には出てこないが色々と存在している。

ソンハ:日本では軽い気持ちでそのようなバイトをすることもあるが、韓国では学費を支払うためにそういうバイトをせざるをえない普通の女子大生も多いと聞いたことがある。サンスとヒョナは違うようでいて、同じように心に暗い気持ちをかかえている。

監督:ヒョナも、やらざるを得なくてバイトをしているという設定にしている。

── ラストシーンについて

監督:ハッピーエンドにしてはいけないと思っていた。サンスのキャラクターとして、貯金をして、そのお金で女の人をなんとかものにできると思っていること自体がそもそも間違いだというメッセージを込めた。最後に全てを失ってしまう主人公だが、それではかわいそうなので、ラストシーンはファンタジーにした。もし女性が主人公なら違う結末になったと思う。今回は男性の感情にしたがって展開していく映画にした。

ヨンゴン:サンスがヒョナに告白する場面を見て自分の演技なのになぜか涙が出た。

ソンハ:ヒョナが泣いた理由は、初めて人間的に裏切られた(ヒョナを性的な対象としてしか見ていなかったサンスの思いに対して)と感じたからだと思う。

監督:ヒョナには自分がかわいそうだという自己憐憫の感情があったと思う。

── お気に入りのシーンは?

監督:サンスがヒョナに「ニュージーランドへ行こう」と告白するシーン、ロボットがベッドで寝ているところで、後ろから寄り添ったサンスに気づいて目をあけるシーンが印象に残っている。ほかにもお気に入りのシーンはたくさんある。

ソンハ:希志あいののダンスシーンがとてもセクシーだった。韓国では見ることができないものなので、女性から見てもセクシーに感じた。

監督:事前に台本を送っておいたら、希志あいのがダンスシーンを自分で考えて準備してくれた。何かダンスの型があるようにも感じた。

── カラオケボックスで流れていた曲について

監督:『百万本のバラ』はヒョナのテーマとして情緒的に彼女の気持ちに合っていたので使った。もともとロシア民謡で、歌詞が流れずメロディだけだと著作権料が不要で自由に使えるのも理由。カラオケボックスの部屋の中を主人公サンスが覗いているのを知っていて、歌詞にある「私を見て 月を見るように私を見て」という意味を込めた。ちなみに別のシーンでヒョナが歌っていた『アリラン』も民謡なので著作権料が不要だ。

── 日本映画について

監督:好きな作品は成瀬巳喜男監督の『浮雲』。監督では三池祟史と北野武が好きだ。一緒に仕事をしたい俳優はたくさんいるので特定することは難しいが、竹中直人や蒼井優と仕事がしてみたい。今回ゲストで来ている女優・村田唯(『密かな吐息』主演・監督)とも仕事をしてみたい。

ヨンゴン:三池祟史、園子温が好きだ。北野武の監督作品に出てみたい。

ソンハ:私も園子温が好き。作品では『嫌われ松子の一生』が好き。20歳のときに作品を見て「白鳥に憧れてたのに、目覚めると真っ黒なカラスになってました」というセリフが印象的で、自分がいろいろと辛い時期だったので、自分よりも大変な人生があるということを知ったのが印象に残った。俳優ではオダギリ ジョーが好き。

── 最後に『メイドロイド』についてアピールしたいことは?

監督:楽しいピンク映画にしたつもりなので楽しんで見てほしい。まともな男性がダメになっていく様子を見てほしい。韓国で公開したらどんな反応が来るのか興味深い。

── 今後の予定について

監督:次回作は『赤いラクダ』というタイトルの暗いドラマだ。


yubari2015maid3.jpg


ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2015
 期間:2015年2月19日(木)~2月23日(月)
 会場:北海道夕張市内
 公式サイト http://yubarifanta.com/

Writer's Note
 hebaragi。監督も出演のお二人も、難しいテーマを楽しんで制作している様子が伝わってくるインタビューだった。三人の今後の活躍に注目していきたい。


>>>>> 記事全リスト


関連記事

Report ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2015 ~25回目の「おかえりなさい」は青春映画と女優パワーの魅力炸裂

Text by hebaragi
2015/3/3掲載



 25回目の節目を迎えた映画祭初日、今年もゲストと観客は「おかえりなさい」の言葉で迎えられた。開催期間中は例年に比べて雪も少なく気温も高めで推移するなど天候にも恵まれ、会場間の移動も苦にならなかった。実際、屋外イベントを含め、映画祭を満喫した映画ファンが多かったようで観客動員も昨年を上回った。まさに今回のテーマである「世界で一番、楽しい映画祭!」にふさわしい5日間だったといえる。今回は初日のオープニングセレモニーで3人のアクション女優(武田梨奈、花井瑠美、三田真央)がプロジェクションマッピングとコラボレートしたパフォーマンスを披露するなど、若手女優にスポットをあてた企画が目立ったのが大きな特徴だ。オープニング上映は主演の松田龍平を迎えての『ジヌよさらば~かむろば村へ~』。その後5日間にわたり84本の作品が観客を楽しませた。「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2015(以下、ゆうばりファンタ)」のレポートをお届けする。

yubari2015a_20150303203803ffe.jpg
オープニングセレモニーのパフォーマンス


青春映画の力作が光るオフシアター・コンペティション部門


 オフシアター・コンペティション部門(以下、オフシアター部門)ノミネート作品の特徴として、青春映画の力作が目についたことが挙げられる。グランプリを受賞した『メイクルーム』(森川圭監督)はAV撮影現場のメイクルーム一室を舞台にしたワンシチュエーション青春群像劇で、様々なエピソードが興味深く描かれている作品だ。審査員特別賞を受賞した『眠れる美女の限界』(二宮健監督)は三十路手前の女優志望の自堕落なヒロインの現実と妄想が華麗なヴィジュアルで描かれている。北海道知事賞を受賞した『歯まん』(岡部哲也監督)はモンスターになってしまった少女の悲劇を「生と性と愛」をテーマに描いたダークファンタジーで、見る者に強烈な印象を残した。シネガーアワードを受賞した『MIZO』(ナム・ギウン監督)は、親に捨てられた少女の復讐青春劇で、韓国では公開禁止処分を受けた話題の作品。スカパー!映画チャンネル賞を受賞した『私たちのハァハァ』(松居大悟監督)は北九州の女子高生4人が自転車で東京を目指す楽しい青春ロードムービー。また、受賞こそ逃したが、『うつろう』(久保裕章監督)は中年女性と男子中学生の交流を繊細かつ叙情たっぷりに描いた秀作。『鼻目玉幸太郎の恋!』(田代尚也監督)はユニークな人物設定が楽しい。さらに『メイドロイド』(ノ・ジンス監督)は、コンビニとカラオケ店でバイトをする青年の元に届いた謎の日本製アンドロイドと青年の不思議な交流と満たされない現実の恋愛をシリアスかつユーモアたっぷりに描いた楽しい青春映画だ。

yubari2015b_201503032038053a2.jpg
『メイクルーム』森川監督


多彩な魅力のショートフィルム・コンペティション部門


 「インターナショナル・ショートフィルム・コンペティション部門(以下、ショートフィルム部門)」では、国内外から20本の作品が出品されたが、秀作揃いでレベルが高かった。グランプリを受賞した『今月のあの日』(ジラッサヤー・ウォンスティン監督)はタイの中学生二人の主人公の思春期を描いた秀作。審査員特別賞を受賞した『拝啓アトム』(吉池巨成監督)も思春期の心の揺らめきを描いている。優秀芸術賞には三本が選ばれた。『ハードル』(パク・ソンジン監督)はアルツハイマー病の母の介護をする娘がテレビでハードル競技の番組を見て変わっていく様子をシリアスに描いた作品。『Green Glows』(白田明日香監督)は森の動物たちの生き方を描いた美しいアニメーション。『恵まれたマシーン V』(ジョシー・マリス監督)も、図らずも大紛争に巻き込まれた異国の旅行者を描いたアニメーション。受賞作以外にも、自由奔放な女性をユーモアたっぷりに描いた『姉は自由人』(加藤行宏監督)や留年が決まった学生がなんとか卒業しようと奮闘するコメディ『真田志郎、5年生になる』(ダニエル・トイボネン監督)、ミステリアスなバスを舞台にした『終点、お化け煙突まえ』(富名哲也監督)、バスジャックをテーマにしたブラックコメディ『520フェイラン』(アルベルト・ベントラ監督)など興味深い作品が目白押しだった。

yubari2015c.jpg
優秀芸術賞を受賞した『ハードル』パク・ソンジン監督


『ONE ON ONE』に長蛇の列


 招待作品部門の『ONE ON ONE(原題)』は、当初予定されていたキム・ギドク監督とイ・ウヌの来夕が直前にキャンセルされたにもかかわらず、上映前の会場に長蛇の列ができ、ギドク人気の根強さと新作に対する関心の高さがうかがえた。また、上映前には、一人8役という特殊な作品設定についての解説があったほか、上映後にも韓国映画に造詣の深い芳賀恵さんによる解説があった。殺害された女子高生の名前がミンジュ(민주)となっているのは「民主(민주)」主義についての暗喩であり韓国社会における民主主義の危機を描いたという監督の意思や、有形無形の規制がある韓国の映画業界をめぐる事情などが詳しく説明され、観客が理解を深めることができたのは有益な機会であった。筆者は作品自体初見だったが、今回も予想どおりのギドクワールドが展開されており、今後の日本公開を待ちたい思いを強くした。

yubari2015d.jpg
『ONE ON ONE』の解説


楽しい女優トークイベント


 25周年企画として、多数の女優を迎えたトークイベントが2日間にわたって開催されたのも楽しい試みだった。『真夏の夜の夢』を監督した松本花奈は現役女子高生、『密かな吐息』監督・主演の村田唯は北海道出身の新人監督だ。オフシアター部門のグランプリ受賞作『メイクルーム』主演の森田亜紀は公開待機中の『へんげ』にも出演している。『歯まん』出演の水井真希は、2014年のオフシアターコンペの『ら』で監督として参加し、ゆうばりファンタ参加は今回9回目の常連。加弥乃は元AKB48メンバーで『ら』の主演女優。花井瑠美は元新体操選手で『ジェリー・フィッシュ』『少女は異世界で戦った』に出演している。『夜があけたら』主演の武田梨奈は『ハイキックガール』『KGカラテガール』『少女は異世界で戦った』などのアクション映画を主体に活躍を続けており、今年公開予定の作品は7本にのぼるという。まさに多彩なメンバーであり、今後の日本映画界で注目を集めるであろう女優たちへの認識を新たにしたイベントでもあった。なお、武田梨奈はゆうばりファンタ常連を目指し、次回の映画祭に向けた企画を募集する予定とのことでもあり、ゆうばりファンタならではの新たな展開も期待される。

yubari2015e.jpg
左から花井瑠美、加弥乃、水井真希


転機を迎えるゆうばりファンタ


 四半世紀を迎えたゆうばりファンタだが、2016年は今回までのメイン会場の老朽化に伴う新会場確保という大きな課題が待ち構えている。移転予定先のゆうばり文化スポーツセンターは大規模な改修が必要なため、映画祭継続のために基金を立ち上げることになったとのこと。映画祭実行委員長の澤田宏一氏は「26回以降も継続できるように皆さんのご支援を」と語っていたが、一度でも参加した関係者や映画ファンの思いも同じではないだろうか。次回の新たな出発を願いつつ、雪のゆうばりを後にした。

yubari2015f.jpg
フォトセッションの模様


ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2015
 期間:2015年2月19日(木)~2月23日(月)
 会場:北海道夕張市内
 公式サイト http://yubarifanta.com/


>>>>> 記事全リスト


関連記事

Copyright © 1998- Cinema Korea, All rights reserved.
Powered by FC2 Blog

FC2Ad