HOME団体概要support シネマコリア!メルマガ登録サイトマッププライバシー・ポリシーお問合せ



サイト内検索 >> powered by Google

■日本で観る
-上映&放映情報
-日本公開作リスト
-DVDリリース予定
-日本発売DVDリスト
■韓国で観る
-上映情報
-週末興行成績
-韓国で映画鑑賞
■その他
-リンク集
-レビュー&リポート
■データベース
-映画の紹介
-監督などの紹介
-俳優の紹介
-興行成績
-大鐘賞
-青龍賞
-その他の映画賞


Review 『ハン・ゴンジュ 17歳の涙』 ~前へ進もうとする者へのエール

Text by 加藤知恵
2015/1/21掲載



 昨年末、韓国映画界の話題をさらった『ハン・ゴンジュ 17歳の涙』が、間もなく公開される。ヒューマントラストシネマ渋谷で開催中の劇場発信型映画祭「未体験ゾーンの映画たち2015」で、2月10日(火)から2月20日(金)まで計7回上映予定だ。

hangonju.jpg
『ハン・ゴンジュ 17歳の涙』

 昨年12月17日に授賞式が行われた第35回青龍映画賞にて、本作主演のチョン・ウヒが主演女優賞、イ・スジン監督が新人監督賞を受賞した。『鳴梁』(1,760万人動員)、『弁護人』(1,130万人)、『怪しい彼女』(860万人)をはじめ、数々の大作・話題作が候補に名を連ねた2014年の総決算の場において、この2つの賞をインディペンデント映画が受賞したことは異例とも言え、大きな注目が集まった。そして「小さな規模の映画で、有名でもない私がこんなに大きな賞をいただけるなんて」と感激の涙で声を詰まらせたチョン・ウヒも一躍時の人となった。

 チョン・ウヒが演じたのは、中学時代に集団レイプ事件の被害に遭った少女ハン・ゴンジュである。高校生になったゴンジュは事件が公になったことで転校を余儀なくされ、逃げるように友人や家族から離れて見知らぬ土地で下宿生活を始める。周囲に心を閉ざし、物音やカメラに怯え、未だにトラウマに苦しめられる彼女に対し、両親をはじめ周りの大人たちの態度はあまりにも冷たく無神経だ。「私は何も悪くないのに…」冒頭から彼女の行き場のない苦しみが表現される。

 本作のストーリーは、2004年に蜜陽(ミリャン)で起きた女子中学生集団性暴行事件をベースに脚色が加えられたものだ。同様に実際の暴行事件をテーマにして話題となった作品に『トガニ 幼き瞳の告発』がある。この作品は世論を動かし、事件の再調査や法改正までもが行われ、一種の社会現象になった。しかし本作のイ・スジン監督は「誰が被害者で誰が加害者かを問いただすことや、事件に再注目させることを目的にはしていない。ただ“諦めない”少女の話がしたかった」と語っている。

 確かにゴンジュは強い。トラウマに襲われながらも、苦しみと悲しみを怒りに変えるたくましさと、傷ついた他人を思いやる優しさを失わない。そして大好きな音楽で自分を解放し、水泳を習い恐怖心を克服しようと努力する。ひたすらに前へ進もうとする彼女の健気な姿には、不思議と悲壮感も感じられない。そんな繊細ながらも芯の強い役どころを、チョン・ウヒが絶妙なバランスで演じている。

 ゴンジュの人知れぬ怒りを無言で受け止め、唯一彼女の心を開いてやる存在が友人のウニ(チョン・インソン)だ。なかなか水泳の上達しないゴンジュに、さりげなく「力を抜けば浮けるのよ」とアドバイスする場面は特に胸に響く。暗く殺伐とした大人たちの姿とは対照的に、キラキラと光あふれる映像で映し出される少女たちの友情。そんな等身大のゴンジュを描く場面も見どころの1つだろう。しかし少しずつ明るさを取り戻しつつある彼女は、再び金と権力を振りかざす大人たちに傷つけられることになる。

 授賞式の場で「今回の受賞は自分に対する“諦めるな”というエールだと捉え、今後も女優として自信を持って努力していきたい」と語ったチョン・ウヒ。彼女自身も2004年のデビュー以来、『母なる証明』や『サニー 永遠の仲間たち』に出演するも、知名度が上がらず苦労を重ねてきた。まさに彼女自身とゴンジュが重なり合って生まれたこのコメントは、多くの映画ファンの心を動かした。

 絶望に追いやられたゴンジュは、果たしてどうなってしまうのか。ラストシーンは様々な解釈が可能だが、それでも私はゴンジュの強さと希望を感じずにいられない。衝撃的なテーマや“実話”という言葉につい身構えてしまう方にも、ぜひ一度違った視点から見ていただきたい作品である。


『ハン・ゴンジュ 17歳の涙』
 原題 한공주 英題 Han Gong-ju 韓国公開 2014年
 監督 イ・スジン 出演 チョン・ウヒ、チョン・インソン、キム・ソヨン
 「未体験ゾーンの映画たち2015」上映作として2月10日(火)よりヒューマントラストシネマ渋谷にて公開
  開催要領 http://www.ttcg.jp/human_shibuya/topics/detail/34661
 「未体験ゾーンの映画たち2015」は3月7日(土)よりシネ・リーブル梅田でも開催
  開催要領 http://www.ttcg.jp/cinelibre_umeda/topics/detail/34264

Writer's Note
 加藤知恵。邦題のサブタイトルは「17歳の涙」となっているが、これは韓国で一般に使われている「数え歳」の年齢だ。「満年齢」では、ゴンジュは高校生になったばかりの15歳もしくは16歳ということを補足しておきたい。


>>>>> 記事全リスト


関連記事
スポンサーサイト

News ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2015 ラインナップ発表 ~『ONE ON ONE(原題)』特別招待、キム・ギドク監督&イ・ウヌ来夕、韓国映画4本コンペイン

Text by hebaragi
2015/1/18掲載



 2月19日から開催される「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2015(以下「ゆうばりファンタ」)」のラインナップ記者発表が夕張市内で行われた。今回のキャッチコピーは「世界で一番、楽しい映画祭」。長い間、多くの映画人・映画ファンに愛されてきた「ゆうばりファンタ」も25回目の節目を迎えたが、これまで同様に「参加して楽しい映画祭」の理念のもと、映画の普遍的な魅力を夕張から発信していくコンセプトとのこと。期間中は、夕張市内7会場で85本の作品が上映されるほか、スペシャル企画も多数予定され総上映本数は100本を超える見込みとなっている。なお、これまで開会式などのメイン会場として使用されてきた「アディーレ会館ゆうばり」は、建物の老朽化のため「ゆうばりファンタ」での使用は今回が最後となる。

yubari2015a.jpg
記者発表の模様

 映画祭はこれまで同様、5部門から構成されている。劇場公開前の話題作をいち早く紹介する「特別招待作品部門」、映画祭おすすめのファンタスティックな作品を上映する「ゆうばりチョイス部門」、日本映画を中心とした興味深い傾向の作品や、惜しくもコンペインしなかった作品を、ジャンルにこだわらずトークショーやライブなどを盛り込んで紹介する「フォアキャスト部門」に加え、コンペ部門として中長編を対象とした若手の登竜門的な存在となっている「オフシアター・コンペティション部門(以下「オフシアター部門」)」と、今後が期待される若きクリエイターの短編を紹介する「インターナショナル・ショートフィルム・コンペティション部門(以下「ショートフィルム部門」)」がある。さらに今回は特別企画として、『幸福の黄色いハンカチ』で夕張と縁の深い俳優・高倉健をしのぶ追悼上映も多数予定されるほか、学生アニメーションの祭典ICAF実行委員会セレクション上映など、様々な企画が目白押しだ。

 今回も大きな見どころは新たな才能の発掘を目的としたコンペ部門だ。「オフシアター部門」では海外からの28本を含む236本の応募があり、このうち8本が審査対象として選ばれた。また、「ショートフィルム部門」では海外からの84本を含む268本の応募作品から20本が審査対象となっている。

 オフシアター部門の審査委員長には大森一樹監督、審査員には、マイク・ホステンク氏(スペイン/シッチェス映画祭・プログラムディレクター)、1995年度オフシアター部門審査員特別賞を受賞した西村喜廣監督、キム・ギドク監督の『メビウス』や廣木隆一監督の『さよなら歌舞伎町』への出演が注目されている韓国の女優イ・ウヌ(ウンウとも表記)、ドイツの映画研究家アレックス・ツァールテンといったそうそうたる顔ぶれが名を連ねている。プログラミングディレクターの塩田時敏氏は「今回のオフシアター部門は傑作から珍品まで幅広いラインナップ。新人に限らずデビュー済みの監督にも改めて光を当てる趣旨もある」と語っていた。また、ショートフィルム部門では、1995年度ファンタスティック・ビデオ・フェスティバル部門グランプリ受賞の石井克人氏(フィルムディレクター)、韓国のアン・ジェフン監督、ゆうばりファンタのオフシアター部門で受賞歴のある女優・菜葉菜(なはな)が審査にあたることになっている。

 期間中に上映される韓国映画を紹介したい。

yubari2015b.jpg
『ONE ON ONE(原題)』

 特別招待作品部門では、キム・ギドク監督の最新作『ONE ON ONE(原題)』が上映されるとともに、監督のゲスト参加も予定されている。この作品は、韓国社会に対する様々な思いが込められており、民主主義の死を象徴するような悲劇的な事件と、死んでいった主人公の姿を重ねて描いている。今、世界の人が共有し苦悩を表しているともいえるような大きなテーマも隠れており、ヴェネチア国際映画祭「ヴェニス・デイズ」部門のオープニングを飾った。ちなみに、監督は『サマリア』が上映された2005年以来10年ぶりの夕張ゲスト参加となる。

 オフシアター部門では2本の韓国映画が日本初上映される。『MIZO』(ナム・ギウン監督)は、ゴミ箱で生まれた捨て子のミジョ(MIZO)が養子として引き取られた先で性暴力を受けた後、自身が拾われた際にくるまれていた血のついた毛布を手掛かりに本当の親を探すストーリー。その暴力的な内容から韓国では限定上映等級の判定が下されたという。また、『メイドロイド』(ノ・ジンス監督)では、人間そっくりの美女ロボットが登場。自分の夢に陥った一人の男の欲望と愛、そして挫折を描き、SF、アブノーマル、純情、ロマンスが交錯するコメディである。

 ショートフィルム部門でも2本の作品が上映される。『ハードル』(パク・ソンジン監督)は、アルツハイマー病の母を持つ無気力な女の子の心が凍っていくストーリー。『モラルボーイ』(キム・ドフン監督)は、人助けをして彼女とのデートに遅刻した男と彼女の関係を描いており、「固定概念が、現象に隠された真実をゆがめることができるのを明らかにしたかった」という作品だ。

 記者発表で挨拶に立った映画祭名誉大会長の鈴木直道・夕張市長は「映画祭は1990年、ふるさと創生をきっかけにスタートしたが、夕張市の財政破綻後は市民の力主体で復活し、25回目を迎えることができた。観客動員も、夕張市の現在の人口9千人を上回る1万2千人を超えているように、映画祭の楽しさを伝える力が年々力強くなってきているように感じている。25回という大きな節目にあたり、北海道、日本だけではなく、世界で一番だといえる映画祭の魅力をしっかりと世界に発信していく機会になれば」と、ゆうばりファンタの魅力を話していた。純白の雪に加え、今回は1,500枚もの黄色いハンカチに覆われる小さな街の心温まる映画祭・ゆうばりファンタ。まだ行ったことのない方は、ぜひ一度参加されることをおすすめしたい。きっと素敵な作品や映画人との出会いが待っていることだろう。


ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2015
 期間:2015年2月19日(木)~2月23日(月)
 会場:北海道夕張市内
 公式サイト http://www.yubarifanta.com/

Writer's Note
 hebaragi。たくさんの作品やゲストとの出会いを提供してくれたアディーレ会館ゆうばりが、映画祭の会場としては今回最後となることに一抹の淋しさを感じる。来年以降も新たな形でゆうばりファンタの魅力が続いていくことを願いたいものだ。


>>>>> 記事全リスト


関連記事

Review & Report 『ふたつの祖国、ひとつの愛 ─イ・ジュンソプの妻─』 ~今なお生き続ける天才画家の思い

Text by 加藤知恵
2015/1/3掲載



 12月21日、ポレポレ東中野にて『ふたつの祖国、ひとつの愛 ─イ・ジュンソプの妻─』の酒井充子監督と、タレントのセイン・カミュ氏のトーク・イベントが行われた。

junsop1.jpg
酒井充子監督(左)、セイン・カミュ氏

 没後50年以上経った今も国内外で広く愛される、近代韓国を代表する国民画家イ・ジュンソプ。彼の妻、山本方子は日本人であり、93歳となる現在も東京の自宅で暮らしている。本作は、これまで日本と台湾との関係をテーマに撮り続けてきた酒井監督が、同じく日本による植民統治を経験した韓国に目を向け、方子とジュンソプという一組の夫婦の姿を通して日本と韓国の関係を見直そうと試みたドキュメンタリーである。

「私の愛する大事な大事なアゴリ、お元気でお会いできる日を楽しみにしていてください。」

 冒頭で流れるこのナレーションは、方子が離れて暮らす生前のジュンソプに宛てて送った手紙の一節だ。“アゴリ”とは、面長だったジュンソプのあだ名である。1916年、現在の北朝鮮に位置する元山に生まれた彼は、幼い頃から美術の才能を現わし、日本へ留学中の1940年に文化学院美術部の後輩である方子と出会う。

「当時はリーさんが3人いてね、だから“ちびリー”と“でかリー”と“あごリー”って。」

 笑みを浮かべながら回想する方子。運動や歌も得意だったジュンソプは、女子生徒の間で人気があったのだという。また日本では気軽に男女交際が行われていない時代、2人が腕を組んで歩いていたところを友人の母親に見られ、告げ口をされたと屈託なく語る彼女。重苦しい植民統治期のイメージに風穴をあけてくれるような清々しいエピソードである。

 そんな2人は第二次世界大戦が激化を極める1945年4月、方子が身の危険を挺して朝鮮へ渡り、ジュンソプの故郷元山で結婚式を挙げる。しかしこの激動の時代において、2人の結婚生活は決して幸せ一色とはいかなかった。

 朝鮮半島では1948年に南北政府が樹立し、1950年には朝鮮戦争が勃発。戦火に追われたジュンソプは、老いた母を北に残し、方子と息子2人を連れて南の釜山に避難する。その後も4人は転々と避難生活を余儀なくされ、貧困と疲労で方子と子供たちが病を患うと、方子は1952年6月に子供たちを連れて一時的に日本へ帰国する。その後にジュンソプと方子が送り交わした200通余りの手紙の一部が、本作で紹介されているのである。

junsop2.jpg
避難先の一つ、済州島にあるイ・ジュンソプ通り

 「わたしのかわいい大事な南徳(=方子の韓国名)君」「私の最高最大最美のよろこび、また限りなくやさしい最愛の人」常にそのような呼びかけで始まるジュンソプから方子への手紙には、必死ともいえるほどの溢れる思いが込められる。これには酒井監督とセイン氏も「恥ずかしくなるくらいに情熱的。夫婦という関係でありながら、これだけのラブレターを書けることがすごい」と若干の照れを見せつつも、「当時は手紙が気持ちを伝える唯一の手段であり、1通1通に全力で思いを込めざるを得ない状況でもあったのだろう」と壮絶な時代背景に思いを馳せた。

 また自身も幼い頃にレバノンでシリアとイスラエルの紛争を経験し、日本人の妻と国際結婚をしているセイン氏は「当時の記憶が心の傷にならなかったのは、父と母の愛に守られて育ったから。だからこそ離れ離れになったジュンソプ一家を思うと胸が痛む」と実体験を交えて語った。

 方子たちの帰国以降、寂しさと再会への希望を力に変えて創作に打ち込んだジュンソプ。民族情緒溢れる画風で家族や子供たち、そして自身を投影したともいえる牛などをテーマに描き続け、次々と代表作を残していく。

 しかし彼が最愛の家族と過ごすのは、1953年にかろうじて滞在が許された日本での一週間が最後となった。1955年にソウルで個展を開いた彼は、タバコの箱の銀紙に描いた作品を当局から春画だと判断され、撤収を命じられる。故郷を失い、家族とも離れ、追い求め続けてきた芸術にも絶望した彼は、経済的逼迫の中で心身に病を来たし、翌年に39歳の若さで亡くなってしまうのである。

 彼の死後、再婚もせずに女手一つで息子2人を育てあげた方子。本作には彼女が渡韓し、当時交流のあった友人や思い出の場所を訪れ、ジュンソプの絵を見ながら回顧する場面も収められる。悲しみと自責の念を消化しつくしたがゆえに、涙も見せず淡々と語る彼女だが、ふと物思いにふける瞬間、その表情には何ともいえない憂いが漂う。

 ジュンソプと方子の関係を「民族・時代・国籍に関係なく、ただ一緒にいたいからそばにいた2人」だと語る酒井監督。ただ祖国を愛し、家族を愛し、芸術を愛したイ・ジュンソプの純粋な思いは彼の作品にも現れている。「彼の絵から伝わるものを、小さな画面ではなく、ぜひスクリーンを通じて感じてほしい」と監督はトークを締めた。

junsop3.jpg
済州島「イ・ジュンソプ美術館」の石碑


『ふたつの祖国、ひとつの愛 ─イ・ジュンソプの妻─』
 監督 酒井充子 出演 山本方子、イ・ジュンソプ
 2014年12月13日(土)より、ポレポレ東中野ほか全国順次ロードショー
 公式サイト http://u-picc.com/Joongseopswife/

Writer's Note
 加藤知恵。1951年に済州島で一年足らずの避難生活を送ったジュンソプ。彼の作品にはここで家族と過ごした思い出が描かれることも多く、済州島を愛した画家として知られている。西帰浦にある「イ・ジュンソプ美術館」には本作で紹介された手紙も展示されているので、興味のある方はぜひ訪れてほしい。


>>>>> 記事全リスト


関連記事

Copyright © 1998- Cinema Korea, All rights reserved.
Powered by FC2 Blog

FC2Ad