HOME団体概要support シネマコリア!メルマガ登録サイトマッププライバシー・ポリシーお問合せ



サイト内検索 >> powered by Google

■日本で観る
-上映&放映情報
-日本公開作リスト
-DVDリリース予定
-日本発売DVDリスト
■韓国で観る
-上映情報
-週末興行成績
-韓国で映画鑑賞
■その他
-リンク集
-レビュー&リポート
■データベース
-映画の紹介
-監督などの紹介
-俳優の紹介
-興行成績
-大鐘賞
-青龍賞
-その他の映画賞


Interview 『神の眼の下(もと)に』俳優オ・グァンノク、キム・ヒョヌ プロデューサー

Text by 井上康子
2014/10/22掲載



 1990年代後半から長く作品を見ることができなかった、イ・ジャンホ監督の19年ぶりの長編だが、1980年代の『風吹く良き日』『低きところに臨みたまえ』に見られた強い熱情が変わらず健在だ。残念ながら監督の来福はなかったが、イスラム過激派に拘束される宣教師を演じたオ・グァンノクとプロデューサーに話を聞くことができた。

asiafocus2014-int2a.jpg
左からプロデューサー、オ・グァンノク


インタビュー


── 心の傷からの苦悩やだらしなさから、自分のアイデンティティを取り戻して喜びに溢れるまで、一人の人間のさまざまな姿を演じ切っていた。監督とは以前から交流があったのか? 監督が演技力を高く評価して主演を依頼したと聞いたが。

グァンノクさん:監督の『馬鹿宣言』『風吹く良き日』がもともと好きだった。初めて会ったのは全州国際映画祭で、監督のデビュー作のタイトル『星たちの故郷』を店名にし、同作品のポスターも貼ってある酒場だった。その後、2007年に公開されたイ・ムヨン監督『父とマリと私』の試写会で会ったが、出演した私の演技を評価してくれていた。それから、堤川(ジェチョン)国際音楽映画祭で会った時に「この作品に主演してほしい」と言われたが、その後3年間連絡がなかった。何か問題が生じて映画化できなくなったのかと思っていたら連絡をもらえた。

プロデューサー:映画を撮ろうとはしていたが、3年間いろいろ事情があって開始できなかった。

── 主人公ヨハンは集団に属さず一人で活動している通訳宣教師と言っていいのか?

グァンノクさん:ヨハンはもともと医療奉仕の宣教活動をしようとしていた人物。12年前にイスラム過激派に拉致されたことを契機に自分のアイデンティティを失ってしまった。韓国に妻子がいるのに戻らず、イスマル(作品中の架空の国)に留まり、観光ガイドをしたり宗教団体をレストランに案内して店からコミッションを取ったりするなどして生活している。宣教師という名前の詐欺師のような人物。

── 撮影現場の監督はどのような人か?

グァンノクさん:監督はもうすぐ70歳になるが情熱あふれる人だ。情熱的でリーダーシップを取れ、まさに「青年将軍」だ。

── 棄教を迫られて聖書を切り裂くシーンは見ていて主人公の苦しみが伝わってきた。監督からはどんな説明があったか? 演じるときはどんな思いがあったか?

グァンノクさん:監督はいろいろ説明してくれたが最終的には任せてくれたと思う。宗教は持っていないが聖書を傷つけるというのは嫌なことだった。人はみな平和を求めている。人間は本質的には純粋なのに信仰のための戦いがある。寂しく悲しいことだが、それが「地球の風景」だ。そういうことを心に留めて演技した。

プロデューサー:敬虔なクリスチャンである監督が遠藤周作の小説『沈黙』にインスピレーションを得て構想した作品だが、宗教的な側面だけでなく、アイデンティティを失った現代人の姿を描いているという側面も見てほしい。宗教を持っていないオさんが演じたことでバランスが取れ、一般の観客も見てくれて良い評価をしてくれた。

── 撮影はカンボジアで行ったそうだが、期間はどの位か? いろいろたいへんだったのではないか?

プロデューサー:監督はインドネシアで撮影したいと主張したが、作品内容からイスラム教徒の多いインドネシアでの撮影はトラブルが生じる危険性が高く、私がカンボジアでの撮影を勧めて最終的に監督も承諾した。

グァンノクさん:現地で1ヶ月半撮影した。アンロンベンというタイとの国境地域で、タイとの紛争が撮影1年前に起きていて、危険性を感じる地域だった。蒸し暑くて気温が40度を越えることもあり、ハエも多く衛生状態が良くなかった。宿の天井にはトカゲが行ったり来たりして、鳥のようにチチチと鳴いていた。落ちて来たら怖いと気になってなかなか寝付けなかった(笑)。野外で調理してくれる人がいたが、食べ物の管理がきちんとできてなくて、みんな下痢していた。たいへんな悪条件の中での撮影だった。

プロデューサー:キリスト教・海外宣教奉仕団のメンバーで長老を演じたパク・ヨンシクさんは滞在中のウィルス感染のため、遺憾なことに撮影終了1ヶ月後に敗血症で亡くなった。

── 現地滞在が長いという設定で現地の言語を流暢に話していたが、習得に苦労したのではないか?

グァンノクさん:クメール語を韓国で1ヶ月、個人の先生について勉強し、カンボジアにも他の俳優より1週間早く入って学習した。台詞を録音してカンボジアに行ったが、監督が現場で台詞をどんどん変えるので覚え直さないといけなくて、毎日2・3時間しか睡眠が取れなかった。

プロデューサー:プロ中のプロだと思った。普通だったら出演契約後に言語習得の話題が出るのに、契約前に「クメール語の先生を付けてほしい」と言われた。他の俳優が休んでいても、明け方までかかって台詞を覚えていた。そばで見ていて本物の俳優だと思った。

── 長く映画界で活躍し出演作がたいへん多く、60作品以上ある。出演作で最も印象に残っている作品は?

グァンノクさん:デビュー作『眼を閉じれば見える世界』と、多面的に人を描いた本作が最も印象的な作品だ。



取材後記


 出番が少ない場合も神秘性を伴った強い印象を残すのが俳優オ・グァンノクだ。彼の神秘性は天から届くような独特な声の響きに寄るところが大きいのではないだろうか。生で彼の声を聞くことができ、その声量の豊かさにも驚いた。詩を書く人だと聞いていたが、宗教と平和と戦争の「地球の風景」について語る彼の言葉はまさに詩だった。キム・ヒョヌ プロデューサーは日本に留学経験がある人で、日韓の映画界の懸け橋として今後も活躍するだろう。

asiafocus2014-int2b.jpg
ティーチインの模様(写真提供:映画祭事務局)



アジアフォーカス・福岡国際映画祭2014
 期間:2014年9月12日(金)~9月21日(日)
 公式サイト http://www.focus-on-asia.com/

特集 アジアフォーカス・福岡国際映画祭2014
 Report アジアフォーカス・福岡国際映画祭2014 ~日常を離れて映画を凝視する
 Interview 『慶州』チャン・リュル監督、俳優パク・ヘイル、キム・ドンヒョン プロデューサー
 Interview 『神の眼の下(もと)に』俳優オ・グァンノク、キム・ヒョヌ プロデューサー


>>>>> 記事全リスト


関連記事
スポンサーサイト

Interview 『慶州』チャン・リュル監督、俳優パク・ヘイル、キム・ドンヒョン プロデューサー

Text by 井上康子
2014/10/22掲載



 チャン・リュル監督は出世作『キムチを売る女』から、アジアフォーカスで上映された3作品『風と砂の女』『イリ』『豆満江(とまんこう)』、さらに日本未公開のドキュメンタリー『風景』まで、中国朝鮮族出身である自身の立場から、一貫してマイノリティの置かれた現実の厳しさを描いてきた人だ。そんな監督の最新作『慶州』は生と死が入り混じり、これまでの作品と全く異なる、現世を超越したファンタジックな味わいをもっている。3人のゲストに作品について語ってもらった。

asiafocus2014-int1.jpg
左からプロデューサー、パク・ヘイル、監督


インタビュー


── 監督のこれまでのような、マイノリティの視点で描かれた作品と全く異なる趣があった。視点が変わったのは心境に変化があったためか?

監督:歳を取ったためだ(笑)。人は歳を取ると丸くなるというが、それだ。それから、韓国へ行ったり来たりを繰り返して20年が経った。出会いがあり、思い出も積り、韓国語も話せるようになり、素晴らしい俳優にも恵まれ、その結果としてこの作品ができあがった。

── 春画に代表される「生」よりも、主人公の先輩の死やユニの夫の自殺と、「死」が強く描かれていると感じられたが、それも歳を取ったためか?(笑)

監督:歳を取れば死に近づくのは当たり前だ(笑)。慶州は王の墓である古墳があって、死に近い場所だ。それが作品で表現されている。

── 「かつて慶州で見た春画が気になって探す」というのは監督の実体験に基づいていると聞いたが?

監督:そうだ。1995年に初めて韓国に行ったが、友人と慶州にも行き、カフェで春画を見た。その7年後に知人が亡くなり、訪韓した折に衝動的に慶州に行った。作品中の「慶州のカフェを再訪するが春画がなくなっていた」というのも私の体験通りの話だ。女性が登場するのはフィクションだが(笑)。クリエイターは知りたいという思いを持ってないといけない。知りたいことを探る旅として慶州を描いた。映画を作りながら春画の作者を探して見つけることができ、撮影時は再現してもらった絵を使った。

── パク・ヘイルとシン・ミナをキャスティングした理由は?

監督:私の個人的な意見だが、パク・ヘイルは韓国で一番演技がうまい俳優だ。今のパク・ヘイルは欲望が溢れている年齢に当たる。これから10年経つと欲望が減少していくだろう。変化していく姿が見たいと思ってキャスティングした。残酷な話かもしれないが彼が老いていく姿を見守っていきたいと思っている。シン・ミナは、カフェの主人コン・ユニに必要な神秘性や美しさを持っている人なので選んだ。

── では、またパク・ヘイル主演で映画を撮るつもりか?

監督:彼が承諾してくれたら光栄だ(笑)。

── 監督は芸術家肌のこだわりがありそうだが予算を超過しそうになるなど、プロデューサーが困ることはなかったのか?

キム プロデューサー:事前に詳細に話し合いをして全く問題なく撮影を進めた。

── 主人公チェ・ヒョンは何を考えているのか分からないところがある不思議な人物だったが、監督は主人公について、どんな説明をしたのか?

ヘイルさん:監督と一緒に仕事をして、たくさん指示を出す監督ではないと思った。この作品は監督の実際の体験に基づいているので手がかりは監督から得られると思い、監督をとにかく観察した(笑)。

── 主人公が最初に登場した時に、監督そっくりの顔だ!と驚いた。監督に似せようとしたのか?

ヘイルさん:とても意識した。今はそこから抜け出したい気持ちだ(笑)。

── 監督はパク・ヘイルが欲望に溢れた年齢と言ったが、そうならば、主人公がユニの家で、彼女が寝室の扉を開けて待っていても、部屋に入らなかったことが気になる。

監督:彼は欲望もあるが責任感もある。そういう行動を取れば結局二人は苦痛を得る。彼を愛する妻もいるし。私だったら入っただろうが(笑)。実際のパク・ヘイルも入らないと思い、そういう俳優の性格も考慮した。

ヘイルさん:扉がもう少し開いていたら入ったかもしれない(笑)。

── 部屋に入らずに何をするかと思ったら、にわかに離れたろうそくを吹き消そうとするので拍子抜けした(笑)。監督からはどのような説明があったのか?

ヘイルさん:監督がろうそくを消してみようと言い、演じた。ろうそくをなかなか吹き消すことができず、消耗してフラフラになり、他のことは何も考えられない状態になってしまった(笑)。

── 肝心なところでろうそくを吹くなど、チェ・ヒョンは不思議な人だった。演じるに当たってどんな苦労があったか?

ヘイルさん:監督を観察するということに最も力を注いだ。韓国人で北京大学教授役なのでネイティブではないが中国語もできるだけ勉強した。日本語も少し話す場面があったので恥ずかしい(笑)。高校で1年間日本語は学習したことがあった。作品をきっかけに太極拳も習い始めた。

監督:パク・ヘイルは「独特」の人だ。私の実体験に基づく話なので私の姿が出ると思っていたが、映画を見たら、私でなく、パク・ヘイルの映画になっていた。

── カフェにいた日本の中年女性観光客が主人公を俳優と勘違いして写真撮影を求めるのは韓流スターを追いかける日本女性を風刺しているように見えたが(笑)。

監督:美しい姿じゃないか。私は一度も追いかけられたことはない(笑)。

ヘイルさん:私も追いかけられたことはない。一人、息子が結婚する等と手紙をくれていた女性ファンがいたが、手紙が届かなくなった。

── 女性が撮影後に主人公に日本の過去を謝罪したのはたいへん印象的だった。

監督:国から国に謝るべきことで、普通の人の罪ではない。演じてくれたのはソウル在住の日本語の教授だったが、この撮影の時に彼女から「私は役のようによく謝っている。国が謝らないので、一般市民である私が謝らなくてはと謝罪している」と聞かされて感動した。



取材後記


 最後に監督から「昨日はパク・ヘイルと福岡の屋台でお酒を飲んだ。彼を屋台の主人公にして福岡で映画を撮りたい」という言葉があった。老いたパク・ヘイル演じる不思議な屋台の主人、ぜひ観たい。また、イム・スルレ監督『ワイキキ・ブラザース』で映画界入りしたパク・ヘイルが、久々にイム監督作品に主演した『提報者』が10月に韓国公開された。パク・ヘイルから「日本の観客が見ても楽しい作品なので是非ご覧になって下さい」とメッセージがあった。


アジアフォーカス・福岡国際映画祭2014
 期間:2014年9月12日(金)~9月21日(日)
 公式サイト http://www.focus-on-asia.com/

特集 アジアフォーカス・福岡国際映画祭2014
 Report アジアフォーカス・福岡国際映画祭2014 ~日常を離れて映画を凝視する
 Interview 『慶州』チャン・リュル監督、俳優パク・ヘイル、キム・ドンヒョン プロデューサー
 Interview 『神の眼の下(もと)に』俳優オ・グァンノク、キム・ヒョヌ プロデューサー


>>>>> 記事全リスト


関連記事

Report アジアフォーカス・福岡国際映画祭2014 ~日常を離れて映画を凝視する

Text by 井上康子
2014/10/12掲載



 「アジアフォーカス・福岡国際映画祭2014」(以下、アジアフォーカス)が9月12日から10日間、福岡市内会場で開催され、18ヶ国・地域からの39作品が上映された。韓国からは『慶州』『神の眼の下(もと)に』の上映・ゲスト来福があった。また、例年アジアフォーカス協賛企画として開催されている「台湾映画祭」との共催による「台湾映画大特集~台湾電影ルネッサンス2014~」では、『郊遊<ピクニック>』『KANO~1931海の向こうの甲子園~』など8作品が上映された。いずれの作品も上映前に長い行列ができ、会場はまさにお祭りの賑わいを見せた。

asiafocus2014a.jpg
『慶州』(韓国、2014年)


「存在することの困難さ」を見せる


 「変化するアジアの定点観測地」を自認するアジアフォーカスの梁木靖弘ディレクター曰く、今年の公式招待15作品に見出した共通性は「存在することの困難さ」。イラン映画『予兆の森で』は上映時間134分1カットの長回しの間、登場人物はひたすら環状の空間を彷徨い、逃げ場はないという前衛作品。今年「最も挑戦的な作品」と梁木ディレクターが絶賛し、若い観客からはシャーラム・モクリ監督に撮影方法についての熱心な質問があった。同じくイラン映画で、リアリズムに徹した『絵の中の池』は軽度の知的障害をもつ両親と、両親を恥じて他家の子になろうとする少年との葛藤を描いている。彼らの困難を上から目線で強調せず、いずれの家庭も困難と希望を抱いていることを見せる、深みのある作品だった。

 中国第6世代の旗手ロウ・イエ監督の最新作『ブラインド・マッサージ』はマッサージ院を舞台に視覚障害をもつ男女の愛のもつれを描く。マッサージ院という閉ざされた空間に、見えない状況を重ねて、これでもかと閉塞感を高める手腕はさすがだ。

 自己中心的な大人の世界で、孤軍奮闘の一人暮らしをする少年を描いたカザフスタンからの『ひとり』、出稼ぎに出して行方不明になった少年を探す父を描いたインドの『シッダルタ』は、いずれも困難の果てに希望を感じさせてさわやかな余韻を残した。

asiafocus2014b.jpg
『タイムライン』(タイ、2014年)

 韓国映画と関係深い作品、類似性を感じた作品もあった。タイの『タイムライン』は、韓国で1990年代に大ヒットした『手紙』のタイ版リメイク『レター 僕を忘れないで』の続編という位置づけの泣けるメロドラマ。親世代は手紙、子ども世代はSNSで愛のメッセージを伝える。フィリピン『サピ』ではテレビ局職員が視聴率を得るために悪魔が憑依した女性の映像を不正な手段で流し、テレビ局が超常現象に見舞われる。日本で公開中の韓国『テロ,ライブ』と似ているが、フィリピンが土着的なカトリック信仰を、韓国が国家権力による被害者を素材にしているところにお国柄の違いが伺える。


観客の人気投票による受賞作は共感できる作品


 公式招待15作品中、観客による人気投票で1位になり「福岡観客賞」を受賞したのは、アジアフォーカス常連で、自国についての作品を取り続けているインドネシアのリリ・リザ監督作品『ジャングル・スクール』だった。スマトラ島の森で暮らす子どもたちに教育支援を行ってきた実在の女性を主人公に、彼らの暮らしを尊重する支援とは何かを強く訴え、多くの観客が素朴に共感できる作品だった。

asiafocus2014c.jpg
『ジャングル・スクール』(インドネシア、2013年)

 そして、人気投票第2位の「熊本市賞」は日本の『福福荘の福ちゃん』が受賞。お笑いトリオ森三中の大島美幸が男装してオッサンを演じ、モントリオールのファンタジア国際映画祭で最優秀女優賞に輝いた作品だ。他者とのコミュニケーションの難しさを笑いに昇華させていることに感動した。藤田容介監督が「豪快だけど心に闇を抱えている、といった両方の面を持ち合わせている主人公を演じるのはこの人しかいない」と主人公同様に実際にいじめにあった経験がある大島が演じることを想定して脚本も書いた意欲作。老若男女が楽しめる作品で会場は家族連れの観客も多かった。


韓国映画はチャン・リュル監督新境地作、イ・ジャンホ監督19年ぶりの長編


 チャン監督作品『慶州』は、かつて見た春画のことを思い出し、衝動的に慶州に訪れた主人公のゆったりとした旅の模様が描かれている。慶州の古墳と春画を通奏低音として、死と生、過去と現在がファンタジックに交錯していく。監督はマイノリティの視点で作品を撮り続けてきた人だが、新境地を開いている。パク・ヘイルも時に不思議な行動を取る主人公を演じ、新しい顔を見せてくれている。

asiafocus2014d.jpg
『神の眼の下(もと)に』(韓国・カンボジア、2013年)

 1980年代の日本で最も多く上映されたのはリアリズムの巨匠イ・ジャンホ監督作品ではないだろうか。筆者の韓国映画事始めも監督の『風吹く良き日』だ。監督19年ぶりの長編『神の眼の下(もと)に』は韓国人のキリスト教・海外宣教奉仕団がイスラム過激派に拉致され、棄教か死かという究極の選択を迫られる人間ドラマ。オ・グァンノクが苦悶の果てに自己を回復する宣教師を熱演し、感動を誘った。韓国2作品は大人気でいずれも初回上映満席だった。


台湾映画大特集:活況を呈する台湾からの多様な作品


 2008年『海角七号 君想う、国境の南』の登場以降ヒット作が続き、活況を呈している台湾映画界からの多様な作品はいずれもパワーに溢れていた。

 映画祭のオープニング作品に選ばれた『ロマンス狂想曲』は中国人プロデューサーと台湾人監督コンビが中国大陸と台湾の文化の違いをコミカルに見せた。『山猪(いのしし)温泉』は台風被害からの復興を、『天空からの招待状』は開発による自然破壊を描いているが、いずれも自国への強い想いと誇りに満ちていた。

asiafocus2014e.jpg
『ロマンス狂想曲』(台湾、2013年)

 『KANO~1931海の向こうの甲子園~』は日本統治時代の台湾から甲子園に出場した野球部の活躍を、実話を基に描いて大ヒットした作品で、日本でも2015年1月に公開が決まっている。台湾人(漢人)、先住民、日本人からなる野球部員と日本人監督が互いを信じ、自分の力を出し切ろうとする姿が何ともまぶしかった。マー・ジーシアン監督、俳優の永瀬正敏、坂井真紀による舞台挨拶とトークライブには大勢の観客が詰めかけ、「アジアで上映されること、ここにいる皆さんと作品を共有できることをうれしく思う」という監督の挨拶に熱い拍手が沸き起こった。

 『郊遊<ピクニック>』上映は、異才ツァイ・ミンリャン監督が引退作と表明したことに加え、監督と、監督作品で主人公を演じ続けたリー・カンションが来福したことが重なり、遠方からの観客も詰めかけた。リー演じる父が住みかにしている廃墟はまるで彼岸のようだ。そこで、父は、母に連れ去られた娘が人形に見たてていたキャベツをむさぼり食べる。彼の絶望と孤独の深さに圧倒される。そのシーンが14分も続くなど、長過ぎるという指摘はよく受けるそうだが「長回しのシーンを凝視していると音や色にも注目するようになる。ストーリーを追うこと、理解することを重視した商業的な作品と私の作品は異なる。凝視して感じるということが映画で重要なことだ」と言葉をほとばしらせる監督に司会の梁木ディレクターも大きく肯いた。引退については、含みのある発言だったようで「次はリーのコメディ作品を撮りたい」と旺盛な創作意欲をのぞかせた。

asiafocus2014f.jpg
ツァイ・ミンリャン監督(写真提供:映画祭事務局)

 慌ただしい日常生活から離れて、スクリーンを凝視し続け、ゲストの話に刺激を受けた。映画祭がもたらしてくれる至福の時間を過ごせた。


アジアフォーカス・福岡国際映画祭2014
 期間:2014年9月12日(金)~9月21日(日)
 公式サイト http://www.focus-on-asia.com/

特集 アジアフォーカス・福岡国際映画祭2014
 Report アジアフォーカス・福岡国際映画祭2014 ~日常を離れて映画を凝視する
 Interview 『慶州』チャン・リュル監督、俳優パク・ヘイル、キム・ドンヒョン プロデューサー
 Interview 『神の眼の下(もと)に』俳優オ・グァンノク、キム・ヒョヌ プロデューサー

Writer's Note
 井上康子。台湾の監督が『KANO』で日本統治時代にも台湾の人々と日本人の良い関係があったことを描いてくれて感謝。日韓の人のつながりを描いた『ザ・テノール 真実の物語』『ふたつの祖国、ひとつの愛 ─イ・ジュンソプの妻─』もとても期待している。


>>>>> 記事全リスト


関連記事

Copyright © 1998- Cinema Korea, All rights reserved.
Powered by FC2 Blog

FC2Ad