HOME団体概要support シネマコリア!メルマガ登録サイトマッププライバシー・ポリシーお問合せ



サイト内検索 >> powered by Google

■日本で観る
-上映&放映情報
-日本公開作リスト
-DVDリリース予定
-日本発売DVDリスト
■韓国で観る
-上映情報
-週末興行成績
-韓国で映画鑑賞
■その他
-リンク集
-レビュー&リポート
■データベース
-映画の紹介
-監督などの紹介
-俳優の紹介
-興行成績
-大鐘賞
-青龍賞
-その他の映画賞


Review 『ポドリ君の家族残酷史X -韓国の夜と霧-』 ~アナーキー過ぎる一卵性双生児の弟が浮き彫りにした韓国の自己矛盾

Text by Kachi
2013/6/27掲載



 人種に関わらず、古来より一卵性の双子が生まれる可能性は、1,000の出産に対して4組といわれている。そんな中で、奇抜な発想力で魅了する一卵性双生児のクリエイターが、現代に二組もいる。一組は、アメリカ人のスティーヴとティモシーのクエイ兄弟。無機質と生々しさを併せ持った素材が織りなす美しい作品が特徴だ。そしてもう一組が、非妥協的映画集団ゴクサを率いて実験的な作品を世界に放ち、注目を浴びている韓国の映像作家、キム・ゴクとキム・ソン兄弟だ。

podori-kun.jpg

 その弟のキム・ソン監督が、往年の保守系漫画家が作った韓国警察のマスコット、ポドリ君の人形を主人公に撮ったのが、『ポドリ君の家族残酷史X -韓国の夜と霧-』だ。国に忠誠を誓う警察官ポドリ君が、会えない父をひたすら思いつつ、秩序を乱すしぶといネズミたちと繰り広げる悪戦苦闘に、ブラックな笑いや下ネタもふんだんに盛り込んだ、カルト映画の新たな傑作である。

 過去に国民へのプロパガンダに使われた「大韓ニュース」や、民主化デモとその鎮圧を想起させるシーン、ポドリ君の両親が李明博(イ・ミョンバク)と朴槿恵(パク・クネ)という危うい設定に、ざらついた映像と音楽が興を添える。キム・ソン監督は、タブーなき批判精神で韓国が抱えて来た政治的問題や自家撞着=自己矛盾を過激にあぶり出し、徹底的におちょくり倒す。

 韓国で「GeeBak(ジーバク:ネズミミョンバク)」は、ネズミに顔が似ている李明博の蔑称で、韓国語の「ネズミ」は男性器を揶揄する意味を持つ。とあるシーンのポドリ君の姿からは、作り手の「二人は正真正銘の親子!」なんて声が聞こえてきそうで、思わずニヤリとしてしまう。一方、キッチュなコラージュ人形たちには、朴正煕(パク・チョンヒ)による、ベトナム戦争の派兵で生まれたライタイハン(韓国軍兵士と現地人女性との間にもうけられた混血児)の悲劇をイメージして慄然とする。韓国の歴史通であればあるほど笑わせられもし、才能の非凡さに恐れを覚えるはずだ。

 クエイ兄弟や、シュルレアリストのクリエイターであるヤン・シュヴァンクマイエルの諷刺作品『ボヘミアにおけるスターリン主義の終焉』の影響を認めつつ、これらの作品とは違うと監督は語る。耽美的なクエイ兄弟とシュヴァンクマイエル作品に比べ、『ポドリ君~』の悪趣味なおふざけは、現実を鋭く切り裂く皮肉の刃となっている。

 韓国では『自家撞着:時代精神と現実参加』のタイトルで公開が待たれたが、映像物等級委員会(韓国の映倫)は、2011年6月に特定の権力への嫌悪を、2012年9月は当時大統領候補だった朴槿恵の描写を、それぞれ問題視し、二度に渡り事実上の上映禁止処分の決定をした。だが裁判を経た今年5月、ソウル行政法院は「大人にとって、この映画は自由な批判にまかせておくべきだ」との判決を下した。勝訴を手にした監督は、とある記事で(このインタビューのタイトルは)「朴槿恵の手先である映像物等級委員会よ、自滅せよ」にしてくれ、と笑う。その舌鋒に次回作も期待せずにいられない。


『ポドリ君の家族残酷史X -韓国の夜と霧-』
 原題 자가당착 : 시대정신과 현실참여 英題 Self-Referential Traverse: zeitgeist and engagement 韓国未公開
 監督 キム・ソン 出演 チョン・アヨン、カン・ソク、イ・ラニ
 2013年6月29日(土)より、シアター・イメージフォーラムにてレイトショー、以降全国順次公開
 公式サイト http://podori-zankoku.com/

Writer's Note
 Kachi。すでにマスコットから引退したポドリ君に会いたくて、ソウル滞在中は毎日のように警察署の周囲を見回りましたが、みつかりませんでした…。もはやポドリ君を拝めるのは本作だけのようです。


>>>>> 記事全リスト


関連記事
スポンサーサイト

Review 『嘆きのピエタ』 ~キム・ギドクが現代社会へ贈る「ピエタ」像

Text by Kachi
2013/6/12掲載



 筆者が初めてキム・ギドクの名を知ったのは『悪い男』(2001)のポスターだった。水槽の中を泳ぐ熱帯魚のようにあでやかだが、どこか悲しげな女性。そこに書かれた奇抜で不穏なタイトルを目にした時の記憶は、今も強く残っている。

jkff2013b.jpg

 『鰐 ~ワニ~』(1996)で映画監督デビューを果たして以来、キム・ギドクは一瞬で心をつかむ強烈なビジュアルと極端なストーリーで世界を席巻してきた。そんな彼が、3年間の隠遁生活を経て発表した復帰作『アリラン ARIRANG』(2011)、『アーメン』(2011)に次ぐ『嘆きのピエタ』は、冷酷な借金取り立て人ガンド(イ・ジョンジン)と、彼の前に突然現れ母を名乗る女ミソン(チョ・ミンス)の数奇な関係をめぐるドラマだ。韓国・清渓川(チョンゲチョン)周辺にひしめく町工場の景色が作り出すくすんだ画面に、ミソンの濃い緑のショール、赤い唇とスカート、動物の死骸といった原色が映える。色彩感覚と小道具の選び方は独特で、ワンカットを見ただけでキム・ギドクの映画だと分かるほどだ。グロテスクなショットが続くが、それはやがて訪れる戦慄と深い感動の布石となる。今や映画の中の凄惨な描写はめずらしくもないが、キム・ギドクのそれには思想すら感じられ、他の追随を許さない。

 『嘆きのピエタ』が示すのは、カネに人間がとらわれ続ける現実だ。残忍なやり方で借金を返済させる悪魔のガンドもまた、雇われたしがない取り立て人であり、カネにひざまずく債務者フンチョル(ウ・ギホン)は、いら立たしいほどみじめだ。人間はカネに使われる小さな存在でしかない。資本主義社会の縮図がここにある。さらに一筋縄ではいかない形で母性愛が交錯する。母として子を慈しむミソンと、子として母を求めるガンドは、その宿命のために激しい痛みで貫かれる。何かを守ろうとする愛は、時として強い残酷さを持つのだ。問題作にして傑作『悪い男』では、ヤクザが女子大生を売春婦にしてしまう非道さが、奇妙な説得力で純愛として表現されていた。キム・ギドクが描く愛は、常に劇薬だ。

 これまでキム・ギドクは、私たちが目をそむけたい社会の負の側面を、えぐるような形で見せつけてきた。『嘆きのピエタ』もとても露悪的だが、見た後はなぜか心が澄んでいる。光と陰を分けることができないように、作品でさらけ出された悪もまた、善良なもの、純粋なものと表裏一体だ。カネに翻弄されるフンチョルや、ミソンを失いそうな瞬間に慟哭するガンドは、どれほど極端に造型されたキャラクターであっても、どこかで我々に重なる。

 自身を磔にする十字架を担ったイエス・キリストがゴルゴダの丘へと進むように、カネで誰かを傷つける悲しい現代社会を生きる人間の罪を、ガンドは一人背負っていく。聖母マリアのミソンは、そんな我が子の悲惨な姿を見て涙する。作品で完成された神々しいギドクの「ピエタ」像に、魂を洗われた思いがした。


『嘆きのピエタ』
 原題 피에타 英題 Pieta 韓国公開 2012年
 監督 キム・ギドク 出演 チョ・ミンス、イ・ジョンジン
 2013年6月15日(土)より、Bunkamuraル・シネマほか全国順次ロードショー
 公式サイト http://u-picc.com/pieta/

Writer's Note
 Kachi。ソビエト時代の映画『不思議惑星キン・ザ・ザ』(1986)を鑑賞。これぞカルト!な、愛すべきおかしな作品でした。


>>>>> 記事全リスト


関連記事

Review 『3人のアンヌ』 ~もどかしいから恋も人生も楽しい

Text by Kachi
2013/6/11掲載



 「I'll protect you !(あなたを守ります!)」。お調子者のライフガードがそうアンヌを口説くと、試写室は笑いに包まれた。ホン・サンス作品の恋愛を謳歌する男女は、新作でも生き生きとしていた。

3annes.jpg

 『3人のアンヌ』は、アンヌという3人のフランス人女性(イザベル・ユペールの1人3役)が海辺の街・茅項(モハン)を舞台に繰り広げる恋物語を、脚本家ウォンジュ(チョン・ユミ)が借金取りから母と逃げた先で気晴らしに書いている、という入れ子構造の映画だ。ホン・サンス監督の持ち味は、登場人物たちが偶然の出会いを反復したり、すれ違ったりすることで起きる反応の面白さだが、さらに本作の劇中劇は、独立したストーリーでありつつ枠を越えてニアミスし、絡みあって絶妙な化学変化を起こしている。映画監督、お金持ちの妻、夫を韓国人女性に略奪された女性と、少しずつ違う3人のアンヌへアプローチする男たちは、相変わらず身のこなしが軽い。同じようなセリフで愛をささやく彼らを、アンヌはしなやかに受け入れたかと思えば、するりとかわしていく。そのスマートさが好ましい。

 イザベル・ユペールが醸す上品な色気が良い。ライフガード(ユ・ジュンサン)が愛の歌を即興で彼女に捧げたり、映画監督のジョンス(クォン・ヘヒョ)が隙あらば唇を近づけたり、男と会話しただけで不倫相手のスー(ムン・ソングン)が嫉妬するのも、このチャーミングさなら仕方なしといったところだ。ユ・ジュンサンは、『よく知りもしないくせに』(2009)の出演から数えて監督とは4本目のタッグというのが意外に思えるほど、独特の軽みを体現してすっかりホン・サンス作品に馴染んでいる。チョン・ユミは『トガニ 幼き瞳の告発』(2011)での凛々しい役が印象的だが、ホン・サンスに出会ってさらに新しい魅力を放ち始めた。『教授とわたし、そして映画』(2010)での、2人の男を手玉にとる魔性ぶり、そして本作のウォンジュは、夏のビーチの開放感も手伝って実にコケティッシュで、めまいがするほど眩しかった。

 自ら「なかなか幸せになれないもどかしさを私たちは誰しも感じている」と語るように、ホン・サンスの作品にはいつも、思い通りにいかない恋と、泣き笑いの人生が描き出されている。にもかかわらず、どれも楽しくなる作品ばかりで、見た後は不思議に満ち足りた気持ちになる。『3人のアンヌ』も、ラストでアンヌが着ていたワンピースの深い緑色とともに、いつまでも余韻が消えなかった。


『3人のアンヌ』
 原題 다른나라에서 英題 In Another Country 韓国公開 2012年
 監督 ホン・サンス 出演 イザベル・ユペール、ユ・ジュンサン、チョン・ユミ
 2013年6月15日(土)より、シネマート新宿ほか全国順次ロードショー
 公式サイト http://bitters.co.jp/3anne/

Writer's Note
 Kachi。シネマコリアでの私の執筆活動も、6月で一年です。韓国映画をもっと皆さんに見ていただけるよう、これからも精進致します。


>>>>> 記事全リスト


関連記事

Review 6月の衝撃的韓国映画 ~臓器売買に腐敗した司法。社会の闇に切り込む2作品

Text by Kachi
2013/6/5掲載



 「事実は小説より奇なり」と言って、実話を基にした映画はどこの国でも需要があるが、特に韓国では、実際の事件を扱った作品は枚挙にいとまがない。

traffickers.jpg
左からチェ・ダニエル、イム・チャンジョン、キム・ホンソン監督
『共謀者』プレミア試写会にて

 『共謀者』も、そんな映画の一つだ。『復讐者に憐れみを』(2002)や『アジョシ』(2010)で描かれた、臓器売買の闇には衝撃を受けたが、韓国人夫妻が中国を旅行中、妻が誘拐され、臓器が摘出された遺体で見つかった事件をベースにした本作は、より問題に深く迫っている。これまでコメディで活躍してきたイム・チャンジョンは、登壇したプレミア試写会でも持ち前のユーモアで会場を沸かせたが、明るさを封印して臓器ブローカーのヨンギュをシリアスに演じた。「ご隠居」のニックネームを持つ密売仲間の外科医ギョンジェに扮したオ・ダルスは、アクの強い役がぴたりとはまっていて、さすが名バイプレーヤーである。

 しかしそんな名優の演技もかすんでしまうほど、臓器売買の凄惨な実態がリアルだ。5回の改編で残酷シーンを削除してさえ、目を覆いたくなる場面が続くので精神的に堪えるものがある。生きるため違法な臓器移植を切望し、「共謀者」の一人になってしまう依頼者のジレンマも切ない。これがたった4年前に起きた現実の出来事だと思うと、暗澹たる気持ちになった。

 本作で映画界への第一歩を踏み出したキム・ホンソン監督。彼の社会の闇への怒りと不満、虐げられた者を悼む思いが、事実をえぐるような描写に現れたのだろう。


oretaya_main.jpg
『折れた矢』

 『折れた矢』は、2007年、大学からの不当解雇を法廷で争っていた教授が、担当裁判長を矢で撃った「クロスボウ事件」を基にした作品だ。『トガニ 幼き瞳の告発』(2011)を見た時も、韓国の司法があまりに腐敗していて呆れたが、2010年に起きた大阪地検特捜部の検事による証拠改ざん事件などを思い出すと、日本も決して他人事ではない。

 裁判長と法廷でやりあう場面に緊張感がある一方、ともすれば単なる再現ドラマで終わりそうなストーリーを面白くさせているのは、やはりキム教授を演じたアン・ソンギだ。筆者は『鯨とり ナドヤカンダ』(1984)の、インテリジェンスと茶目っ気を併せ持った乞食の親分が大好きだ。本作のキム教授も、弁護士が頭を抱えるほど頑固だが、法律書を片手に小首を傾げて証拠の矛盾を問う姿には知性がありつつ、不思議なおかしさがある。

 「21世紀大韓民国で、法廷が正義を守り、秩序を守る所だと信じている人は何人いるだろう」(本作プレスシートより)と韓国の映画記者は嘆く。だが、貶められても正義を信じて闘うキム教授には希望も感じられた。


『共謀者』
 原題 공모자들 英題 Traffickers 韓国公開 2012年
 監督 キム・ホンソン 出演 イム・チャンジョン、チェ・ダニエル、オ・ダルス
 2013年6月1日(土)より、シネマート六本木ほかロードショー
 公式サイト http://kyoubousya-movie.com/

『折れた矢』
 原題 부러진 화살 英題 Unbowed 韓国公開 2012年
 監督 チョン・ジヨン 出演 アン・ソンギ、パク・ウォンサン、ナ・ヨンヒ
 2013年6月15日(土)より、シネマート六本木ほかロードショー
 公式サイト http://oretaya-movie.com/

Writer's Note
 Kachi。今月、韓国に行きます。ソウルLGBT映画祭が楽しみです。


>>>>> 記事全リスト


関連記事

Copyright © 1998- Cinema Korea, All rights reserved.
Powered by FC2 Blog