HOME団体概要support シネマコリア!メルマガ登録サイトマッププライバシー・ポリシーお問合せ



サイト内検索 >> powered by Google

■日本で観る
-上映&放映情報
-日本公開作リスト
-DVDリリース予定
-日本発売DVDリスト
■韓国で観る
-上映情報
-週末興行成績
-韓国で映画鑑賞
■その他
-リンク集
-レビュー&リポート
■データベース
-映画の紹介
-監督などの紹介
-俳優の紹介
-興行成績
-大鐘賞
-青龍賞
-その他の映画賞


Report & Interview 『新感染 ファイナル・エクスプレス』ヨン・サンホ監督 ~家族を描くことで社会やそれに対比するものも同時に描くことができる

Text by 加藤知恵
Photo by Kachi
2017/8/23掲載



 昨年夏に韓国で1,000万人以上の動員を記録し、カンヌ国際映画祭でも大反響を得た『新感染 ファイナル・エクスプレス』が9月1日、ついに日本で公開される。それに先立ち8月17日に一般観客を対象にした試写会が行われ、ヨン・サンホ監督も来日してトークイベントを行った。

yeonsangho1.jpg
ヨン・サンホ監督

 開場時間の随分前から受付前に列を作り、笑顔を浮かべながら今作への期待感を露わにしていた観客たち。しかし上映が始まると一転、完璧に演出・統制されたゾンビたちのすさまじい動きや大規模なアクション・急展開の連続に体をのけぞらせて怯える人々が続出。中盤以降は笑い声や泣き声、鼻をすする音も客席の至る所から聞こえ、エンディングが流れる頃には自然と拍手が沸き起こっていた。

 物語の主人公は、別居中の妻に会わせるため、ソウルから釜山まで娘を連れていくことになったファンドマネージャーのソグ(コン・ユ)。娘スアン(キム・スアン)と共に早朝のKTX(高速鉄道)に乗り込むが、同じ列車に駆け込んできた一人の感染者(シム・ウンギョン)によって乗客が次々とゾンビに豹変し、無差別に他の人間を襲っていく。そんな状況下で露呈される様々な人間の本性。ある者は他人を犠牲にしても自分だけが助かろうとあがき、ある者は自分の命をなげうって大事な存在を守ろうとする。『哭声/コクソン』の振付師が動きを演出したというゾンビ集団の迫力もさることながら、極限状態を舞台に描かれる人間ドラマが実に巧妙で面白い。最も頼もしくユーモラスなキャラクターのサンファ(マ・ドンソク)や彼の妊娠中の妻ソンギョン(チョン・ユミ)、悪役ながら終始重要なポジションを担うヨンソク(キム・イソン)など、他の登場人物の個性も際立っていてストーリーの厚みを増している。

 終映直後、聞き手の宇野維正氏が「実はこの作品は監督の実写初監督作品なんです。なのにとてつもないクオリティですよね」と紹介すると、客席からはどよめきが起こった。主演のコン・ユは、シナリオを渡し、直接会って別れた20分後には「やります」と電話をかけてきたとのこと。そのようなキャスティング秘話に加え、「劇中に登場する大きな駅は昼間、人通りが多いため、田舎の駅で撮影を行ってあとはCGで合成した」など、撮影秘話も語ってくれた。その他に興味深かったのは、「ソウル(北)から釜山(南)に逃げていくという設定は、北朝鮮軍の侵略に対する恐怖も込められているのではないか?」という質問だ。これに対して監督は「今はミサイルを使っても攻撃できるので、必ずしも北から南に攻めてくるとは限らない。直接北朝鮮と関係があるとは言えないが、朝鮮戦争時の避難列車で実際に起きたエピソードはストーリーの参考にした」と答えていた。

yeonsangho2.jpg
(左)宇野維正氏、(右)監督

 監督にとって今作が実写デビュー作ではあるものの、彼は『地獄』『愛はタンパク質』などの短編や、『豚の王』『我は神なり(原題 サイビ/英題 フェイク)』といった長編でも知られるアニメーション監督でもある。今回『新感染』の公開にあわせ、前日譚である『ソウル・ステーション パンデミック』(9月30日)と『我は神なり』(10月21日)も既に劇場公開が決まっている。今後の活動についての質問には「韓国のアニメーション産業は非常に小さい。当分はアニメーション製作に戻るのが難しい状況ではあるが、良い機会があればまた作るつもりです」と語った監督。「花開くコリア・アニメーション」のスタッフでもある筆者としては、今後のアニメーション製作にも期待が高まるばかりだ。

 試写会の翌日、更に詳しく今作や次回作について直接インタビューする機会を得た。

── 『新感染』はソグとスアンという父と娘を中心とした映画でもあります。前作『我は神なり』もそうですし、先日クランクアップされた『念力』も父と娘の物語との情報がありますが、こうした作風の流れには意図があるのでしょうか。報道資料には「元々、父と息子の物語を書きたかった」とあったので、娘に変更された理由も気になりました。
 また、監督のアニメーション作品は、ショッキングな結末が印象的で無慈悲なストーリーというイメージがあります。『新感染』では父と娘の関係以外にも家族愛の要素が感じられましたが、それは実写映画だからという理由もあるのでしょうか?

確かに最初の設定では息子でした。それはこの映画のモチーフにしていたコーマック・マッカーシーの『ザ・ロード』という小説が、父と息子の話だったからです。私が思うにその小説で父と息子を主人公にした理由は、「終末」という巨大なテーマを扱う中で、世代論と言いますか、つまり次の世代に何を残すべきかということを描きたかったからだと思います。『新感染』も同様に、そのような話を描く上で当初は父と息子の物語にしました。しかしその後の製作中に短編映画祭の審査員を務めたのですが、そこでキム・スアンが出演している作品を見たんですね。彼女は女の子ですが、僕の求めていたイメージに非常に近いと感じました。それから息子役のオーディションを何度も重ねましたが、彼女のことが忘れられず、結局会うことにしました。その場では彼女に簡単な感情だけを説明して「アロハ・オエ」の歌を歌ってもらいましたが、それを聴いて僕がイメージしていた最後のシーンにぴったりだと思いました。最初は彼女に男の子の格好をさせて演じてもらうことも考えましたが、それはさすがに失礼だと思い、設定を息子から娘に変えました。結果的にそこがこの作品の軸になったわけです。

また、『我は神なり』をはじめ『豚の王』や『ソウル・ステーション』など、僕の作品の多くが家族をモチーフにしています。家族といっても色んな形態があり、そこから生まれる様々な感情を作品に込めるのが好きなんですね。温かい家族もあれば、冷たい家族もあり、お互いに憎みあっているような家族もあります。僕は人間が経験しうる最小限の社会が家族であり、家族を描くことで社会やそれに対比するものも同時に描くことができるという意味で非常に良い素材だと思っています。『我は神なり』では暴君のような父親と対比させる存在として、娘はどうかと思いました。『新感染』はより商業的で予算も大きな作品ということもありましたし、関連作である『ソウル・ステーション』でホームレスや家出をした少年・少女の話を描いていて、家のない人々や父親を捜し求める主人公という設定が重要な要素でもあったので、『ソウル・ステーション』と対比させるためにも『新感染』はあのような家族の話になりました。

yeonsangho3.jpg

── 過去のゾンビ映画については、ゾンビがもたらす予測不能の災難や不条理さ、極限状態における人間の業の深さというものが社会情勢を象徴しているという見方もされています。ただゾンビを描くのが目的であれば、もっと気持ち悪くグロテスクに描くこともできたと思うのですが、その点には表現に節制が効いていて、人間ドラマに重点が置かれているように感じました。今回監督がゾンビを素材に選んだ理由と、ゾンビを通して描きたかったものは何なのかを教えて下さい。

まず『新感染』の舞台となるKTXには、普通の人々がたくさん乗っています。ソグやヨンソクのように、平凡な人々が善人にも悪人にも変化しうるということを伝えるのが重要だと考えました。それにこの作品は、先ほど申し上げたような世代に関する寓話といった見方もできます。例えば物語の序盤から中盤に出てくるおばあさんの姉妹は、車内で流れるニュースに対して反応がそれぞれ違いますよね。彼女たちはイデオロギーが大事であった世代の象徴であり、正反対のイデオロギーを持っていることも意味しています。また10代の子供たちが犠牲になる姿を描くことで、韓国社会において10代・20代の若者たちが大人の世代に搾取されている状況を描きたいと思いました。そのように様々な世代の話が入り混じっている映画だと言えると思います。また、この映画を作るにあたり、ゾンビ映画の本質とは何かについても深く考えました。ゾンビ映画はスプラッター映画の代名詞とも言われますが、ゾンビが与える恐怖とはどんなものかと考えた時、ひとつは「自分の愛する人が全く違うものに変わってしまうという恐怖」、そしてもうひとつは「自分が違うものに変わって愛する人を攻撃してしまうかもしれないという恐怖」だと思いました。ですからスプラッタースタイルの表現は排除して、そのような恐怖にポイントを絞って映画を作ろうとしました。

yeonsangho4.jpg

── 最近クランクアップされた新作『念力』についても、どんな作品か、見どころなども教えて下さい。

『念力』も父と娘が主人公の物語ですが、非常に無責任でかなり昔に娘や家族を捨てた父親と、そんな父親を憎んでいる娘の話です。父親はあることをきっかけに超能力を身に付けるのですが、その超能力を通して韓国社会の様々な面を描き出しています。『新感染』とは違ってコメディの要素が強く、ある意味では更に大規模なアクションシーンも含まれています。笑いながら鑑賞できて、超能力アクションも楽しめて、最後には感動も得られる作品になるように、現在編集作業を進めています。

── 実写映画を3本撮るという契約をされたと伺ったのですが、そうするともう1本実写作品の予定があるわけですよね。そちらの作品も現在進行中ですか?

『新感染』の完成後から企画していた作品がいくつかありまして、シナリオはまだ完成していませんが、大筋の決まっている作品は2本あります。そのうちの1本を選んで今年中にシナリオを完成させ、来年『念力』が公開された後に撮影に入るつもりです。その作品は『新感染』や『念力』よりも暗い内容の作品になると思います。




『新感染 ファイナル・エクスプレス』
 原題 부산행 英題 TRAIN TO BUSAN 韓国公開 2016年
 監督 ヨン・サンホ 出演 コン・ユ、チョン・ユミ、マ・ドンソク、キム・スアン、キム・イソン、チェ・ウシク、アン・ソヒ
 2017年9月1日(金)より、ロードショー
 公式サイト http://shin-kansen.com/

Writer's Note
 加藤知恵。「僕は本来新しい人と仕事をするのが苦手で、自宅の家具の配置が変わるのさえ嫌がるような人間なんです」と語っていた監督。気難しい方なのかもしれないと、取材前は緊張しましたが、「花開くコリア・アニメーション」のスタッフでもあることを告げ、「他のスタッフも皆、監督のご活躍を喜んでいます」と伝えたところ、にこやかな笑顔を見せて下さいました。


>>>>> 記事全リスト


スポンサーサイト

Report & Interview 中国インディペンデント映画祭2013、チャン・リュル監督 ~詩的な映像と冷静な視線が、見る者の心を打つ芸術作品を生み出す

Text by Kachi
2014/1/4掲載



 その圧倒的な映像の力はキム・ギドクのようであり、抑制の効いた眼差しはイ・チャンドンを彷彿とさせる。キムチの行商で生計を立てる女性とその息子を中心に、下層庶民の力強い「生」を描いたチャン・リュル監督の『キムチを売る女』(2006:韓国公開年、以下同じ)には本当に衝撃を受けた。

 中国インディペンデント映画祭2013(11月30日~12月13日@オーディトリウム渋谷)は、日本はもちろん、検閲の厳しい中国ではほとんど劇場公開されない独立映画を紹介するイベントである。2年ぶりの開催となる今回、中国吉林省生まれの朝鮮族であるチャン・リュル(張律)が初の「監督特集」として取り上げられ、『豆満江』『重慶』『唐詩』の3本が紹介された。その他、2012年の東京国際映画祭で上映されたヤン・ジン(楊瑾)監督の中韓合作『ホメられないかも』など、ここでしか見ることのできない選りすぐりの総14本が一挙上映された。

 来日したチャン・リュル監督へのインタビューと、上映時に行われたQ&Aの内容を交えて、レポートをお届けする。

ciff2013report1.jpg
『豆満江』

 『豆満江』(2011)。12歳のチャンホは、韓国に出稼ぎに行っている母を待ちながら、ろうあ者の姉スニと祖父の3人で、豆満江に沿った中国側の村で暮らしている。ある日、病気の妹のために食べ物を探しにきた北朝鮮の少年ジョンジンと出逢う。サッカーが上手いジョンジンと仲良くなったチャンホだったが、脱北者と村人の関係が悪化していくにつれて友情に亀裂が入り始める。

 中国の子ども達は、北朝鮮の少年達と屈託なくサッカーに興じ、チャンホの親友の父親は商店を営む傍ら脱北の手助けをしている。豆満江は中国と北朝鮮を分ける国境線なので、厳しい国境警備隊の目をかいくぐり、凍った河を渡ってくる北朝鮮の人々が多いのだ。だが作品の舞台となった村は「人数の増減はあるものの、断続的に脱北者が来ることで様々な問題に直面していた」と監督は語る。劇中でもチャンホの祖父が助けた脱北者が、チャンホと祖父の留守中、金正日を讃えるドキュメンタリーがテレビで流れ始めた途端パニックに陥り、スニを強姦してしまう。目を背けたくなる辛いシーンだが、監督はどんな思いで撮影したのだろうか。

「北朝鮮には、中国や韓国、日本のように24時間テレビ放送があるわけではない。一日数時間の放送の中、少ない番組を何回も見させられる。北朝鮮が嫌で命がけで逃げ出し、関係ない場所にやっと来られて安堵した時に、北朝鮮で繰り返し見させられていた番組に触れる。全く心の準備をしていない時にああいうことが起きると、おかしくなってしまうものだ。」

 そして、こんなエピソードを話してくれた。アジアフォーカス・福岡国際映画祭2007で上映された『風と砂の女(原題:境界)』をフランスで編集していた頃、休憩のためカフェに入った。しばらくそこで過ごしていると突然、中国の文化大革命の時によく流れていた曲が店内で流れた。文革で父が逮捕され、母と農村に下方させられた経験を持つ監督は、辛い記憶を呼び覚ます音楽に「何の心の準備もしていなかった。一体ここはどこなんだ?」とその場で発狂してしまいそうになったそうだ。

ciff2013report2.jpg
Q&A時のチャン・リュル監督

 監督によれば、実際の村人達は「確かに脱北者が問題を起こすこともあるが、基本的には助けてあげたい」と話していたそうだ。そんな地元民の気持ちに加え、作り手の心理的な実体験が重ねられたこの場面は、被害者も加害者も弱者として描かれており、双方の心身をえぐられるような痛みが見る者に強く伝わってくる。

 作品終盤、子どもの頃に北朝鮮から中国へ渡って来たという老女が、豆満江の橋を渡り故郷へ帰っていく。一方、村ではチャンホ達に悲しい出来事が起きる。子どもの純粋さが引き起こした事件の顛末はあまりに残酷だ。だが絶望的なラストにもかかわらず、雪の降る豆満江に架かる橋は本当に美しく、清新な気持ちすら覚えたのだった。

ciff2013report3.jpg
『重慶』

 『重慶』(2008)は、元々『イリ』(2008)とともに1本の作品として製作された。ちなみに『イリ』は、1977年に起きた韓国のイリ(現在はイクサン)駅での列車爆発事故で心身に傷を負った者を描いた作品で、アジアフォーカス 福岡国際映画祭2009で上映されている。

 中国の大都市のひとつ、重慶で留学生に中国語を教えるスー・ユンは、老父と二人でつましく暮らしている。彼女のアパート周辺には娼婦がたむろし、早くに妻を亡くした父は日常的に買春をしている。ある日、父が娼婦と逮捕されるが、地元警察のワン警官の計らいで事なきを得る。スーはワンと肉体関係を持ち、次第にセックスに取り憑かれたようになる。

 『キムチを売る女』にも売春婦が登場したが、客や元締めの男性達に徹底的に搾取されながらも、無邪気に息子と遊ぶあっけらかんとした姿には暗さを感じなかった。『キムチを売る女』で描かれたのが性における陽の部分なら、『重慶』はその陰部だ。監督によれば、当時の中国では、監督が住む北京の住宅街にも娼婦が立っていたり、重慶の公安局上層部が強姦事件で逮捕されたりと、日常に「性」が氾濫していたそうだ。上映時のQ&Aで監督は「自分にとって性とは本来美しく、愛情の延長線上にあるものだが、本作の性は全く美しくなく、その現実は避けられない」と話し、汚れた性そのもののワン警官を「もう精神が崩壊している」存在だとした。

 だが本作の主眼は、腐敗した公権力の揶揄でも、性の乱れに警鐘を鳴らすことでもない。ひそかにスーを慕う韓国人男性は、留学生仲間が催したダンスパーティーでスーから体を求められるが、イリでの爆発事故で男性器を失ったことを告白する。彼がパーティーで披露するダンスに、抑圧された欲望が現れているようで何とも卑わいだ。チャン・リュル監督のねらいは、老いも若きも男も女も、何があろうと性欲という存在から逃れることができない人間の姿を、ごまかすことなく真正面から描くことなのだ。

ciff2013report4.jpg
『唐詩』

 『唐詩』(2005)は監督の長編デビュー作だ。主人公の男はかつてスリだったが、手のけいれんを発症した現在は、自宅のアパートに籠っている。日課といえば、掃除、植物への水やり、浴室で隣の老人に聞き耳を立てること、そしてテレビの唐詩講座を見ることだ。弟子で恋人の女性は何とか盗みの仕事をさせようとするが、男の日々は無為に過ぎていく。

 本作が全て室内で撮影されていることについて、監督は上映後のQ&Aで理由を明かした。撮影当時の2003年、北京の住宅に住んでいた監督は、ほぼ引きこもりの生活を送っていた。そしてその隣の部屋にも、この作品に出てくるような老人が独りで住んでいた。彼は穏やかな人だったが、あまり他人と関わらないでいるようだった。しかし、浴室に入ると聞こえる電話の声や、夜のすすり泣きを耳にするうち、老人への興味が湧いてきた。それと同時に中国国内でSARS(重症急性呼吸器症候群)が大流行し、外へ出られなくなった。そこで当初計画していた『豆満江』の製作を中断し、このように室内だけで撮影する作品に着手したのである。

 男の感情にもストーリーにも起伏はなく、ただ淡々と過ぎていく作品だが、ダンスをする女性にハッとさせられるなど、力のある映像のため退屈しない。Q&Aで監督は「室内だけでしか撮影できなかったから、単調にならないようにとショットを工夫した」と振り返った。ところで、チャン・リュル監督は小説家の経歴も持つ。小説を書いていたことは、独特な画づくりに影響しているのだろうか。

「映画と小説は、その脚本を書くという段階において似通っていると思われがちだが、全く違うもの。できるだけ小説家としての影響を受けずに映画を撮りたい。(どういう点が異なるのか?という追加の質問に対して)自分は学者ではないから正確に答えられないし、色々な意見があると思う。ひとつだけ言えることは、小説は物語が中心となるが、映画は必ずしも物語が中心ではない。映画は詩と似ている。」

 『キムチを売る女』『豆満江』『重慶』で感じた詩的な映像美は、文字通り詩への傾倒から生まれたものだった。その非凡な映画作りの才能が、すでにデビュー作に表れていたのだ。

ciff2013report5.jpg
チャン・リュル監督(左)と中山大樹・映画祭代表(右)

 インタビューの終わりに一番気になっていたことを質問した。チャン・リュル監督の作品に登場する人物の多くは、理不尽で悲惨な目に遭う。しかし、虐げられた者達はどこか淡々としていて、何事もなかったように日々を過ごしている。監督も感情的な描写を避けているように感じるが、それは何故なのだろうか? チャン・リュル監督は「自分自身が冷静な性格だから」という理由に付け加えて、こう答えてくれた。

「作品で描かれている人達は、比較的社会の底辺にいる庶民で、非常に悲惨な経験や、暴力にさらされて生きている。辛い事がある度にいちいち爆発していたら生きていけない。私が実際に知っているそういう人達は皆、苦しみや悲しみを静かに受けいれて生きていた。ただ自分から見ると、そういう人達は抑圧された気持ちが蓄積されているのではないか。だから、いつか爆発してしまうのではないか?と思って見ている」。

 下層の人々が苦しむ姿を、監督は慰めるように見つめ、彼らの悲しみを静かに分かち合い、しぶとく生きる力強さを映しとる。作品に実体験が垣間見えるのは、在中三世で朝鮮族の映画監督という自身の人生にも苦難の歴史があるからだろう。だがチャン・リュル監督は、それを単なる自分の物語として矮小化することなく、詩情を感じる画作りと冷静な視点で描くからこそ、見る者の心を打つ芸術作品となり得るのだ。


中国インディペンデント映画祭2013
 期間:2013年11月30日(土)~12月13日(金)
 会場:オーディトリウム渋谷
 公式サイト http://cifft.net/

関連記事
 『風と砂の女』チャン・リュ監督インタビュー(アジアフォーカス・福岡国際映画祭2007リポート)
 『イリ』(アジアフォーカス 福岡国際映画祭2009リポート)
 『豆満江(とまんこう)』 チャン・リュル監督インタビュー(アジアフォーカス・福岡国際映画祭2010リポート)

Writer's Note
 Kachi。昼の『豆満江』上映前の挨拶で「この映画はとても寒いので、今日の東京は暖かくてよかった」と語ったチャン・リュル監督。しかし夕方は急に冷え込んだため、インタビュー開始直後の監督はくしゃみを連発。『豆満江』の舞台がご自身の故郷に近いとのことで「田舎で自分の噂をしてるのかも」と微笑まれました。


>>>>> 記事全リスト



Copyright © 1998- Cinema Korea, All rights reserved.
Powered by FC2 Blog

FC2Ad