HOME団体概要support シネマコリア!メルマガ登録サイトマッププライバシー・ポリシーお問合せ



サイト内検索 >> powered by Google

■日本で観る
-上映&放映情報
-日本公開作リスト
-DVDリリース予定
-日本発売DVDリスト
■韓国で観る
-上映情報
-週末興行成績
-韓国で映画鑑賞
■その他
-リンク集
-レビュー&リポート
■データベース
-映画の紹介
-監督などの紹介
-俳優の紹介
-興行成績
-大鐘賞
-青龍賞
-その他の映画賞


News ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2017 ラインナップ発表 ~『哭声/コクソン』『心に吹く風』特別招待、ナ・ホンジン監督来夕、韓国(関連)映画14作上映

Text & Photo by hebaragi
2017/1/24掲載



 3月2日から開催される「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2017(以下、ゆうばりファンタ)」のラインナップ記者会見が札幌市内で行われた。今回のキャッチコピーは昨年に続き「世界で一番、楽しい映画祭」。長い間、多くの映画人・映画ファンに愛されてきた「ゆうばりファンタ」も27回目を迎える。期間中は、夕張市内2会場5スクリーンで86本の作品が上映されるほか、スペシャル企画も多数予定され、例年同様に充実した内容となった。

yubari2016news1.jpg
映画祭ポスター

 今回の映画祭は5部門から構成されている。劇場公開前の話題作をいち早く紹介する「特別招待作品部門」、映画祭おすすめのファンタスティックな作品を上映する「ゆうばりチョイス部門」、レイティングがかけられた作品を集中して上映する「フォービデン・ゾーン」を含む「企画・協賛部門」に加え、コンペ部門として中長編を対象とした若手の登竜門的な存在となっている「オフシアター・コンペティション部門(以下、オフシアター部門)」と、今後が期待される若きクリエイターの短編を紹介する「インターナショナル・ショートフィルム・コンペティション部門(以下、ショートフィルム部門)」がある。オープニング作品は、『君の名は。』に続く大ヒットが期待され、高畑充希ら豪華声優陣でも話題のアニメーション『ひるね姫 ~知らないワタシの物語~』。また、クロージング作品として、韓国映画『哭声/コクソン』が上映され、ナ・ホンジン監督と出演の國村隼がゲスト参加する予定だ。

 今回も大きな見どころは新たな才能の発掘を目的としたコンペ部門だ。オフシアター部門では海外からの136本を含む532本の応募があり、このうち7本が審査対象として選ばれた。また、ショートフィルム部門では海外からの104本を含む351本の応募作品から20本が審査対象となっている。

 オフシアター部門の審査委員長には映画監督・内藤誠、審査員には、チェ・ヨンベ(富川国際ファンタスティック映画祭・実行委員長/プロデューサー)、ディミトリ・イアンニ(KINOTAYO現代日本映画祭実行委員)、光武蔵人(監督)、ほたる(女優)の各氏が名を連ねている。プログラミングディレクターの塩田時敏氏が「オフシアターの上映作品は、その後、劇場公開されるものも多く、若手の登竜門的存在となっている」と述べているように、今回も秀作揃いだ。また、ショートフィルム部門では、松永大司(監督)、八代健志(アニメーション監督)、武田梨奈(女優)の各氏が審査にあたることになっている。

yubari2016news2.jpg
記者会見の模様

 期間中に上映される韓国(関連)映画を紹介したい。

 特別招待作品部門では、『チェイサー』『哀しき獣』で知られるナ・ホンジン監督最新作『哭声/コクソン』がクロージング作品として上映される。本作は、2016年カンヌ国際映画祭で好評を博するとともに、韓国でも観客動員数700万人に迫る大ヒットを記録した。さらに、韓国の青龍映画賞で男優助演賞・人気スター賞の2冠受賞となった國村隼の怪演でも話題沸騰のスリラーだ。また、大ヒット・ドラマ「冬のソナタ」のユン・ソクホ監督作品『心に吹く風』も上映される。本作は、北海道・富良野と美瑛を舞台にした感動のラブストーリーとなっており、地元ロケ作品ということで観客の関心を集めることだろう。

 オフシアター部門では2本の作品が上映される。『カーネルパニック』(チョウ・ジンスク監督、オーストラリア在住)は、未来と過去に生きる二人の男の運命が複雑に絡みあっていくストーリー。また『ベートーベン・メドレー』(イム・チョルミン監督)は、韓国の演歌「トロット」をテーマにしたユニークな設定の作品だ。

 ショートフィルム部門では4本の作品が上映される。『牙』(シン・ジョンフン監督)は、餓死寸前の女の吸血鬼の苦闘を描く。『ホームレス 怒りの追跡者』(キム・ボウォン監督)は、連続誘拐を目撃したホームレスの女性が主人公だ。『Green Light』(キム・ソンミン監督)は、核戦争後に生き残った女性と一台のロボット兵士のアニメーション。『M.boy』(キム・ヒョジョン監督)は、ある秘密を持つ孤独な少年が主人公のストーリーとなっている。

 さらに、ゆうばりチョイス部門でも4本の上映が予定されている。『演技の重圧』(チョン・グヌン監督)は、同じ舞台に10年間立ち続けてきた舞台俳優のもとに映画主演の話が舞い込むが、そこにライバルが現れる、というストーリー。また、「ショートフィルム・ショウケース」として、2010年のゆうばりファンタで『壁』がヤング・オフシアター・コンペティション部門の北海道知事賞を受賞したヒョン・スルウ監督作品が3本上映される。『彼女の別れ方』は、自撮りマニアの彼女に付き合うのに疲れてきた主人公を描いている。『それは牛のフンの臭いだった。』では、車中で発生した臭いをめぐって三人が疑いあう。『アレルギー』は、部屋の模様替えをしようとした主人公と、彼女が仕方なく呼んだ同級生の物語。

 昨年からスタートした企画・協賛部門のうち「フォービデン・ゾーン」では2本が上映される。2015年の「ゆうばりファンタ」で『メイドロイド』が上映され好評を博したノ・ジンス監督の『愛されない女』は、離島に向かうフェリーで出会った男女と、男の父親をめぐる異様な三角関係を描いている。このほか、『アウトドア・ビギンズ(原題)』(イム・ジンスン監督)も上映される。

 以上のように韓国(関連)映画は14本を数える。韓国映画ファンにとっては作品鑑賞も忙しくなりそうだ。

 記者発表で挨拶に立った映画祭名誉大会長の鈴木直道・夕張市長は「映画祭は2008年に復活して10回目の開催を迎えることができた。また、映画祭最終日の3月6日は夕張が財政再建団体に認定された日で、今年は(映画祭)期間中に記念すべき日を迎える。今年から北海道では初の学生ボランティア(北海学園大学、札幌大学)の単位認定も始まり、ゆうばりの“リ・スタート”を象徴する年でもある。ぜひ今年も皆さんに足を運んでいただき“世界で一番、楽しい映画祭”を目指していきたい」と述べ、ゆうばりファンタへの期待を話していた。映画祭期間中、市内のあちこちで監督や俳優などゲストとの交流が可能な小さな街ならではの良さが、ゆうばりファンタの魅力だ。今回も素敵な作品や映画人との出会いに期待したい。


ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2017
 期間:2017年3月2日(木)~3月6日(月)
 会場:北海道夕張市内
 公式サイト http://www.yubarifanta.com/

Writer's Note
 hebaragi。ゆうばりファンタでは、常連参加のゲストとの再会も楽しみの一つだ。観客はもちろんのこと、ゲスト参加の映画人からも「一度参加すると、また行きたくなる」という言葉を聞くのは嬉しい限り。


>>>>> 記事全リスト


スポンサーサイト

News 秋の映画祭ガイド ~あなたを魅了する映画の饗宴

Text by Kachi
2016/10/26掲載



 全国各地で映画祭が開催される秋は、多くの映画ファンにとって祝祭的雰囲気に包まれる特別な季節である。

2016autumn_ff1.jpg
『ケチュンばあちゃん』

 この時期の映画祭の筆頭といえば、10月25日から開催されている第29回東京国際映画祭だ。アジアの若き才能を発掘するコンペティション部門「アジアの未来」に、韓国から、チャン監督『ケチュンばあちゃん』がノミネートされている。済州島で海女一筋に生きてきたケチュンばあちゃん。ところが突然、最愛の孫娘ヘジが失踪してしまう。それから12年後、ひょっこりヘジがばあちゃんの元へ帰って来る…。アクション系サスペンスの秀作『ポイントブランク~標的にされた男~』の監督なだけあって、ただでは終わらないが、韓国映画らしいハートウォーミングさもある、1本で2度美味しい家族喜劇だ。久々にスクリーンに登場するヤン・イクチュン、やはり巧い役者である。

2016autumn_ff5.jpg
『危路工団』

 11月3日から開催される第3回新大久保映画祭。『暗殺』や『ヒマラヤ 地上8,000メートルの絆』といった今年の人気作に加え、『パパ』、『危路工団』、『ある人の夢』などの日本劇場未公開の新作や、韓国ニューウェーブの代表的一本『風が吹く良い日(風吹く良き日)』の上映、そして『風が吹く良い日』のイ・ジャンホ監督ら、多彩なゲストのトークも予定されている。「ともに生きる、友好のまち」というテーマのもと、韓国だけでなく、中国、ベトナム、インド、ネパールなどの作品が、徒歩圏内で気軽に楽しめるコンパクトさが魅力だ。

2016autumn_ff2.jpg
『THE NET 網に囚われた男』

 世界で作家主義を貫く映画人の祭典、東京フィルメックス。今年も11月19日から27日まで、東京・有楽町朝日ホールほかで開催される。オープニング作品は、世界的名声を得てもなお、気骨ある映画を作り続けるキム・ギドク監督の最新作『THE NET 網に囚われた男』。個性と実力を兼ね備えた俳優リュ・スンボムと初めてタッグを組み、南北分断に翻弄される一人の男の悲劇を描く。

2016autumn_ff3.jpg
『恋物語』

 東京フィルメックスでは、「どうしても創らねば、という気持ちで創っている本気の作品ばかり」(林加奈子ディレクター)がしのぎを削る、コンペティション部門も注目だ。韓国映画からは2本が選定されている。イ・チャンドン監督が企画総括で参加し、韓国メディアでも早くから本映画祭への出品が報道された『私たち』は、複雑な家庭で懸命に生きる子どもたちの姿を通じ、現代の韓国社会に横たわる問題を描き出す。パク・チャヌク監督『お嬢さん』(原題、2017年1月下旬公開予定)やナ・ホンジン監督『哭声』(原題、2017年3月公開予定)など、今年を代表する韓国映画のヒット作では、子役俳優の躍動に目を見張ったが、本作はその代表格ともいえるだろう。『恋物語』は、これまで男性中心のクィア・ムービーが多かった韓国映画では珍しい、レズビアン・カップルの恋模様を真正面からとらえた意欲作。感情描写の繊細な魅力が、予告編からも十分に伝わってくる。

2016autumn_ff4.jpg
『今は正しくあの時は間違い』

 11月19日より東京・多摩市で開催される「映画祭TAMA CINEMA FORUM」のプログラムの一つ、「ホン・サンス/チャン・ゴンジェ -映画でめぐる夢と出逢い-」では、ホン・サンス監督の『今は正しくあの時は間違い』と、「第二のホン・サンス」と称されるチャン・ゴンジェ監督の『ひと夏のファンタジア』を併映。独創的な映画の手法で高く評価される二人の才能に触れることができる。ホン・サンス監督の新作は、2014年の『自由が丘で』を最後に日本国内で劇場公開されておらず、『今は正しくあの時は間違い』も未だ配給が決まっていない。今年の東京国際映画祭で披露される同監督の最新作『あなた自身とあなたのこと』とともに、この貴重な機会をぜひお見逃しなく。


第29回東京国際映画祭
 期間:2016年10月25日(火)~11月3日(木・祝)
 会場:六本木ヒルズ、EXシアター六本木ほか
 公式サイト http://2016.tiff-jp.net/ja/

第3回新大久保映画祭
 期間:2016年11月3日(木・祝)~11月7日(月)
 会場:韓国文化院、歌舞伎町シネシティ広場、SHOWBOX、労音大久保会館、日本硝子工業センタービル
 公式サイト http://shinokubofilm.com/

第17回東京フィルメックス
 期間:2016年11月19日(土)~11月27日(日)
 会場:有楽町朝日ホールほか
 公式サイト http://filmex.net/

第26回映画祭TAMA CINEMA FORUM
 期間:2016年11月19日(土)~11月27日(日)
 会場:パルテノン多摩、ベルブホール、ヴィータホール
 公式サイト http://www.tamaeiga.org/2016/


>>>>> 記事全リスト


News ショートショートフィルムフェスティバル&アジア2016、今年も開幕! 珠玉の短編映画一挙上映

Text by Kachi
2016/6/5掲載



 世界100以上の国と地域から集まった約6,000本の作品より、厳選された約200本が披露される短編映画の祭典、ショートショートフィルムフェスティバル&アジア2016が、6月2日(木)に開幕した。今年、韓国関連作品は、イム・サンス監督『隣のバンパイア』など、12本がラインナップされている。

ssff2016a.jpg
チソン、パク・ソダム出演作『隣のバンパイア』

 「韓国・アシアナ国際短編映画祭プログラム」は、アシアナ国際短編映画祭の作品から、選りすぐりの5作品を上映するプログラム。パク・チュニョン監督『メソッド』は、役柄の内面に注目し、感情を追体験することによって、より自然でリアリステックな演技を行う「メソッド演技法」をモチーフにした短編。しばしば演者の内面をむしばんでしまうというメソッド演技法の危うさを血なまぐさく表現した、これぞ韓国リアリズムな1本。

ssff2016b.jpg
『痛み止め薬』

 就職浪人がドラッグ売買に加担していく、ホン・ギウォン監督の『痛み止め薬』は、2013年の東京国際映画祭上映作『起爆』などで知られる、インディーズ映画界の貴公子、ピョン・ヨハンが主演。ジャジーな音楽が流れるシーンは悪漢映画調でスリリング。映像の切れ味も満点で、最後まで目を離せない。

 ショートショートフィルムフェスティバル&アジア2016は、東京・表参道ヒルズ スペース オー、横浜・ブリリア ショートショート シアターを中心に、6月26日(日)まで開催される。

 韓国関連作は以下の通り。

<インターナショナルプログラム2>
 『権力の鏡』(Mihai Grecu監督) ※ 北朝鮮を描いたフランス映画
<アジアインターナショナル&ジャパンプログラム4>
 『隣のバンパイア』(イム・サンス監督)
<アジアインターナショナル&ジャパンプログラム5>
 『キープ・ゴーイング』(キム・ゴン監督)
<アジアインターナショナル&ジャパンプログラム6>
 『無我』(チョン・ヘソン監督)
 『片想いスパイラル』(原桂之介監督) ※ 知英主演の日本映画
<アジアインターナショナル&ジャパンプログラム8>
 『非武装地帯』(イ・ミヌ監督)
<アジアインターナショナル&ジャパンプログラム9>
 『Joseon - Korea - / 朝鮮 - コリア -』(呂翼東監督) ※ 在日コリアンのドキュメンタリー
<韓国・アシアナ国際短編映画祭プログラム>
 『メソッド』(パク・チュニョン監督)
 『エサ』(キム・ボヨン監督) ※ アニメーション
 『少年時代』(コ・ヒョンドン監督)
 『消去』(キム・ヨンフン監督)
 『痛み止め薬』(ホン・ギウォン監督)


ショートショートフィルムフェスティバル&アジア2016
 期間:2016年6月2日(木)~6月26日(日)
 会場:東京・表参道ヒルズ スペース オー、横浜・ブリリア ショートショート シアターほか
 料金:一部有料イベントを除き無料
 公式サイト http://shortshorts.org/2016/


>>>>> 記事全リスト

News 『メモリーズ 追憶の剣』ジャパンプレミア11/30開催&イ・ビョンホン2年ぶりに来日

2015/11/2掲載



 ハリウッド超大作への出演が続いたイ・ビョンホンだが、『王になった男』以来となる韓国映画主演作『メモリーズ 追憶の剣(原題 侠女、刀の記憶)』が、2016年1月23日(土)より全国公開される。

memories_of_the_sword1.jpg

 本作は、高麗末期を舞台に、剣士たちが運命に導かれるように戦いの場へと引きずり込まれていく、愛と復讐の物語。韓国映画史上最大級のスケールで描かれるソード・アクションに出演するのは、イ・ビョンホンのほか、『シークレット・サンシャイン』でカンヌ国際映画祭女優賞に輝いたチョン・ドヨン、デビュー作『ウンギョ 青い蜜』での体当たりの演技が高く評価された女優キム・ゴウン、『群盗』『パイレーツ』など名バイプレーヤーとしてすっかりお馴染みになったイ・ギョンヨン、『監視者たち』『二十歳(ハタチ)』など俳優としても活躍する2PMのジュノなど。監督は『私にも妻がいたらいいのに』『初恋のアルバム~人魚姫のいた島~』『愛してる、マルスンさん』のパク・フンシク。

 来年の劇場公開に先立ち、ジャパンプレミアの開催が決定。イ・ビョンホンの登壇も予定されている。

ジャパンプレミア
 日時:2015年11月30日(月)15:30/19:00
 会場:めぐろパーシモンホール 大ホール(東京都目黒区八雲1-1-1)
 料金:全席指定 5,000円(税込)
 登壇者:イ・ビョンホン(予定)
 発売:チケットぴあ http://t.pia.jp/cinema/
    ・プレリザーブ 11月16日(月)11:00~11月20日(金)11:00
    ・一般発売 11月21日(土)10:00~11月29日(日)18:00

 また、11月14日(土)からは、選べる特典付きの前売り鑑賞券の一般販売も始まる。

前売り鑑賞券 一般販売
 販売:11月14日(土)より、全国の上映劇場、前売り券販売サイト「メイジャー」にて
 特典:(1)、(2)より選択
     (1) A5クリアファイル(表 イ・ビョンホン、裏 ジュノ)
     (2) ポストカード5枚セット

memories_of_the_sword2.jpg
前売り特典 クリアファイル


memories_of_the_sword3.jpg
前売り特典 ポストカード


『メモリーズ 追憶の剣』
 原題 협녀, 칼의 기억 英題 Memories of the Sword 韓国公開 2015年
 監督 パク・フンシク 出演 イ・ビョンホン、チョン・ドヨン、キム・ゴウン、イ・ギョンヨン、キム・テウ、ジュノ(2PM)、ペ・スビン、ムン・ソングン
 2016年1月23日(土)より全国ロードショー
 公式サイト http://memories-movie.com/


>>>>> 記事全リスト


News ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2015 ラインナップ発表 ~『ONE ON ONE(原題)』特別招待、キム・ギドク監督&イ・ウヌ来夕、韓国映画4本コンペイン

Text by hebaragi
2015/1/18掲載



 2月19日から開催される「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2015(以下「ゆうばりファンタ」)」のラインナップ記者発表が夕張市内で行われた。今回のキャッチコピーは「世界で一番、楽しい映画祭」。長い間、多くの映画人・映画ファンに愛されてきた「ゆうばりファンタ」も25回目の節目を迎えたが、これまで同様に「参加して楽しい映画祭」の理念のもと、映画の普遍的な魅力を夕張から発信していくコンセプトとのこと。期間中は、夕張市内7会場で85本の作品が上映されるほか、スペシャル企画も多数予定され総上映本数は100本を超える見込みとなっている。なお、これまで開会式などのメイン会場として使用されてきた「アディーレ会館ゆうばり」は、建物の老朽化のため「ゆうばりファンタ」での使用は今回が最後となる。

yubari2015a.jpg
記者発表の模様

 映画祭はこれまで同様、5部門から構成されている。劇場公開前の話題作をいち早く紹介する「特別招待作品部門」、映画祭おすすめのファンタスティックな作品を上映する「ゆうばりチョイス部門」、日本映画を中心とした興味深い傾向の作品や、惜しくもコンペインしなかった作品を、ジャンルにこだわらずトークショーやライブなどを盛り込んで紹介する「フォアキャスト部門」に加え、コンペ部門として中長編を対象とした若手の登竜門的な存在となっている「オフシアター・コンペティション部門(以下「オフシアター部門」)」と、今後が期待される若きクリエイターの短編を紹介する「インターナショナル・ショートフィルム・コンペティション部門(以下「ショートフィルム部門」)」がある。さらに今回は特別企画として、『幸福の黄色いハンカチ』で夕張と縁の深い俳優・高倉健をしのぶ追悼上映も多数予定されるほか、学生アニメーションの祭典ICAF実行委員会セレクション上映など、様々な企画が目白押しだ。

 今回も大きな見どころは新たな才能の発掘を目的としたコンペ部門だ。「オフシアター部門」では海外からの28本を含む236本の応募があり、このうち8本が審査対象として選ばれた。また、「ショートフィルム部門」では海外からの84本を含む268本の応募作品から20本が審査対象となっている。

 オフシアター部門の審査委員長には大森一樹監督、審査員には、マイク・ホステンク氏(スペイン/シッチェス映画祭・プログラムディレクター)、1995年度オフシアター部門審査員特別賞を受賞した西村喜廣監督、キム・ギドク監督の『メビウス』や廣木隆一監督の『さよなら歌舞伎町』への出演が注目されている韓国の女優イ・ウヌ(ウンウとも表記)、ドイツの映画研究家アレックス・ツァールテンといったそうそうたる顔ぶれが名を連ねている。プログラミングディレクターの塩田時敏氏は「今回のオフシアター部門は傑作から珍品まで幅広いラインナップ。新人に限らずデビュー済みの監督にも改めて光を当てる趣旨もある」と語っていた。また、ショートフィルム部門では、1995年度ファンタスティック・ビデオ・フェスティバル部門グランプリ受賞の石井克人氏(フィルムディレクター)、韓国のアン・ジェフン監督、ゆうばりファンタのオフシアター部門で受賞歴のある女優・菜葉菜(なはな)が審査にあたることになっている。

 期間中に上映される韓国映画を紹介したい。

yubari2015b.jpg
『ONE ON ONE(原題)』

 特別招待作品部門では、キム・ギドク監督の最新作『ONE ON ONE(原題)』が上映されるとともに、監督のゲスト参加も予定されている。この作品は、韓国社会に対する様々な思いが込められており、民主主義の死を象徴するような悲劇的な事件と、死んでいった主人公の姿を重ねて描いている。今、世界の人が共有し苦悩を表しているともいえるような大きなテーマも隠れており、ヴェネチア国際映画祭「ヴェニス・デイズ」部門のオープニングを飾った。ちなみに、監督は『サマリア』が上映された2005年以来10年ぶりの夕張ゲスト参加となる。

 オフシアター部門では2本の韓国映画が日本初上映される。『MIZO』(ナム・ギウン監督)は、ゴミ箱で生まれた捨て子のミジョ(MIZO)が養子として引き取られた先で性暴力を受けた後、自身が拾われた際にくるまれていた血のついた毛布を手掛かりに本当の親を探すストーリー。その暴力的な内容から韓国では限定上映等級の判定が下されたという。また、『メイドロイド』(ノ・ジンス監督)では、人間そっくりの美女ロボットが登場。自分の夢に陥った一人の男の欲望と愛、そして挫折を描き、SF、アブノーマル、純情、ロマンスが交錯するコメディである。

 ショートフィルム部門でも2本の作品が上映される。『ハードル』(パク・ソンジン監督)は、アルツハイマー病の母を持つ無気力な女の子の心が凍っていくストーリー。『モラルボーイ』(キム・ドフン監督)は、人助けをして彼女とのデートに遅刻した男と彼女の関係を描いており、「固定概念が、現象に隠された真実をゆがめることができるのを明らかにしたかった」という作品だ。

 記者発表で挨拶に立った映画祭名誉大会長の鈴木直道・夕張市長は「映画祭は1990年、ふるさと創生をきっかけにスタートしたが、夕張市の財政破綻後は市民の力主体で復活し、25回目を迎えることができた。観客動員も、夕張市の現在の人口9千人を上回る1万2千人を超えているように、映画祭の楽しさを伝える力が年々力強くなってきているように感じている。25回という大きな節目にあたり、北海道、日本だけではなく、世界で一番だといえる映画祭の魅力をしっかりと世界に発信していく機会になれば」と、ゆうばりファンタの魅力を話していた。純白の雪に加え、今回は1,500枚もの黄色いハンカチに覆われる小さな街の心温まる映画祭・ゆうばりファンタ。まだ行ったことのない方は、ぜひ一度参加されることをおすすめしたい。きっと素敵な作品や映画人との出会いが待っていることだろう。


ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2015
 期間:2015年2月19日(木)~2月23日(月)
 会場:北海道夕張市内
 公式サイト http://www.yubarifanta.com/

Writer's Note
 hebaragi。たくさんの作品やゲストとの出会いを提供してくれたアディーレ会館ゆうばりが、映画祭の会場としては今回最後となることに一抹の淋しさを感じる。来年以降も新たな形でゆうばりファンタの魅力が続いていくことを願いたいものだ。


>>>>> 記事全リスト



Copyright © 1998- Cinema Korea, All rights reserved.
Powered by FC2 Blog