HOME団体概要support シネマコリア!メルマガ登録サイトマッププライバシー・ポリシーお問合せ



サイト内検索 >> powered by Google

■日本で観る
-上映&放映情報
-日本公開作リスト
-DVDリリース予定
-日本発売DVDリスト
■韓国で観る
-上映情報
-週末興行成績
-韓国で映画鑑賞
■その他
-リンク集
-レビュー&リポート
■データベース
-映画の紹介
-監督などの紹介
-俳優の紹介
-興行成績
-大鐘賞
-青龍賞
-その他の映画賞


Review 『毒戦 BELIEVER』 ~ハードでバイオレンスな中にある深み

Text by Kachi
2019/9/30掲載



 120分間、一瞬たりとも緩まない。

 『毒戦 BELIEVER』は、強烈な暴力と脂の乗った悪役たちが暗躍する。これぞ韓国ノワール、とファンを唸らせながらも、さらに深遠な問いかけもはらんでいるところが新鮮だった。

believer.jpg

 麻薬取締局、通称“マトリ”の刑事ウォノ(チョ・ジヌン)は、巨大麻薬カルテルを牛耳る謎の人物“イ先生”の行方を追い続けていた。そんな中、麻薬製造工場の爆破事故が発生。唯一の生存者で、組織に見放された青年ラク(リュ・ジュンヨル)が発見される。ウォノはラクを利用しようと彼と手を組み、潜入捜査に乗り出していく。

 巨匠ジョニー・トー監督の『ドラッグ・ウォー 毒戦』(2012)を大胆にリメイクしたのは、『京城学校:消えた少女たち』(2015)のイ・ヘヨン監督。前作でも、ワンシーンごとの美意識を感じたが、本作も麻薬製造工場や麻薬組織のアジトといった空間の作り方が見事である。また、『哭声/コクソン』の禍々しい旋律が記憶に新しいダルパランが劇伴を担当しているおかげで、音楽がゾクリとくる演出をしてくれている。さらに脚本では、『親切なクムジャさん』(2005)以降、パク・チャヌクとともに傑作を生みだしてきたチョン・ソギョンが、「一体誰が黒幕か?」というサスペンスフルな展開を通じて、悪と暴力の応酬だけでは収まらない深遠さを加えた。本作の英題「BELIEVER」は「信仰」を意味する。作品を見終わったとき、その言葉が暗示することに重く考えさせられる。

 執念の“マトリ”を演じたチョ・ジヌンの、ギリギリの緊迫感を感じさせる“動”の演技と、眼差しで語るリュ・ジュンヨルの“静”の演技が本作を支えている。だが私はどうしても、闇マーケットの帝王ハリムに扮したキム・ジュヒョクがスクリーンに登場したシーンの、狂気を感じさせる気配が忘れられない。近年は特に、端正な顔立ちで愉快そうに演じる悪役が堂に入った感すらあった。遺作となった今作で、第39回青龍映画賞と第55回大鐘賞映画祭で助演男優賞を受賞している。


『毒戦 BELIEVER』
 原題 독전 英題 Believer 韓国公開 2018年
 監督 イ・ヘヨン 出演 チョ・ジヌン、リュ・ジュンヨル、キム・ジュヒョク、キム・ソンニョン、パク・ヘジュン、チャ・スンウォン
 2019年10月4日(金)より、シネマート新宿ほか全国順次ロードショー
 公式サイト https://gaga.ne.jp/dokusen/


>>>>> 記事全リスト


スポンサーサイト



Review 『今、会いましょう。』 ~北朝鮮の人と共にいる韓国人の私

Text by 井上康子
2019/8/12掲載



 7月に開催された第33回福岡アジア映画祭2019で『今、会いましょう。』を見ることができた。韓国の統一部(北朝鮮との統一、交流や人道支援などを担う国家機関)が製作したオムニバス映画で、原題は『私たち、今、会いましょう』だ。映画を見る前の「北朝鮮の人々と今会うのは無理なのでは」という疑問に対して「北朝鮮の人々と、いつか将来にではなく、今共に過ごすのだ」という強い意思を3監督が見せてくれた。

fukuoka2019a.jpg
『今、会いましょう。』

 国家人権委員会製作映画に参加した経歴から、カン・イグァン監督(該当作品:オムニバス『視線の向こうに』中『歯二つ』、『未熟な犯罪者』)、プ・ジヨン監督(オムニバス『視線の向こうに』中『ニマ』)が依頼を受け、公募で選ばれたキム・ソユン監督が加わっている。統一部が作品内容を規制することはなく、監督たちは自由な創作ができたそうで、3監督の個性を存分に堪能できる。


『運転手先生』キム・ソユン監督


 開城工業団地の食堂に食材を配達するソンミンはそこで働く北朝鮮女性スッキに一目惚れ。スッキはソンミンが携帯プレーヤーで音楽を聴くことに興味をもつ。監視の目を避けて倉庫に行くと、ソンミンはおずおずとスッキの耳にイヤホンを差し込む。二人の気持ちが通じ合う瞬間だ。だが、韓国への帰途にソンミンは開城工業団地の操業停止を聞かされる。これから恋人になるはずだった二人が南北間のトラブルにより、会うことができなくなってしまう。南北問題が心に沁みる若者のラブストーリーとして昇華されていた。

fukuoka2019b.jpg
キム・ソユン監督

 ゲストとして登場した監督は映画を専攻する大学院生で清純な印象は作品のイメージと重なった。開城工業団地は、韓国が南北経済協力事業として軍事境界線に近い北朝鮮の開城で造成したもので、北朝鮮が弾道ミサイル発射実験を行ったことにより、2016年2月に操業停止された。監督はそこで働いていた人たちを取材したが、さらにドラマチックな話も聞いたそうだ。


『私達上手くやれる』カン・イグァン監督


 間もなく結婚する予定のカップルなのに、二人の間はぎくしゃくしている。女性は寒がりで男性は暑がり、女性はパイナップルが嫌いなのに男性はそれを忘れてパイナップル入りのピザを注文して喧嘩になる。北朝鮮は登場せず、どこが南北の話なのだろうと目を凝らして、ようやく二人の関係が南北関係に例えられていることに気づいた。女性はタトゥーを好まないが、男性はタトゥー師。好みも価値観も全く異なる二人だが、共に踊ることで、和解し、譲歩していく。

 二人の激しく、素早く、そして、男性が上半身・女性が下半身中心の異なる動きで一体感を見せる踊りは異質な私たちが共に生きるという強いメッセージを放っていて、このような斬新な表現方法があるのだと胸が高鳴った。


『もしもし』プ・ジヨン監督


 ジョンウンは北朝鮮からの間違い電話を受ける。電話の女性は携帯が壊れて、脱北した息子の電話番号が分からなくなり、記憶に頼って誤ったという。食堂と清掃の仕事を掛け持ちして母を世話しているジョンウンは、お金欲しさで女性の息子を探し始める(プ・ジヨン監督作品『明日へ』でも厳しい仕事に耐える労働者を演じたイ・ジョンウンがコミカルな味わいでジョンウンを好演)。

 一方、ジョンウンには北出身の母がいる。認知症になった母は北で妹が亡くなったことが了解できず、妹に再会することが生きる目標になっている。二人の女性が電話でのコミュニケーションを重ねる中で、互いが相手の立場では出来ないことを代わりに行うという関係が築かれていく。とても温かみのある作品だ。

 中国との国境近くで中国の携帯を持っている北朝鮮住民は韓国との通話が可能だそうだ。そのようにして南北間でコミュニケーションが取られていること、また、脱北者が継続的にいるということは新たな離散家族が生じているということで、こういう状況での統一を考えたのが本作のスタートだったと韓国での取材で監督は語っている。


 2000年に韓国で公開された『JSA』は北の人も人間だが、共に生きていくことはできないと訴えた。あれから19年、映画の中でここまでの進展が見られるとはと、しばし感慨にふけった。


第33回福岡アジア映画祭2019
 期間:2019年7月5日(金)~7月7日(日)
 会場:アンスティチュ・フランセ九州 5Fホール
 公式サイト http://asianfilm.tk/

Writer's Note
 井上康子。大人になって読み始めた、加古里子の絵本が大好き。『だるまちゃんとてんぐちゃん』は異質な二人の葛藤と和解の話だと予想していたら違っていた。徹頭徹尾、主人公だるまちゃんは自分には無く相手が持っているものに好奇心を抱き憧れる。異質なこと自体には差別や葛藤の根拠になるものは何もないのだと思い起こさせてくれた。


>>>>> 記事全リスト


Review 『にわか雨』 ~突然の雨がもたらした、初恋と呼ぶにはあまりにわずかな思い出

Text by mame
2019/7/14掲載



 韓国語に精通している方でなくとも、「ソナギ(にわか雨)」という言葉は聞いた事があるのではないだろうか。韓国映画やドラマではおなじみの展開ともいえる、主人公に降りかかる突然の激しい夕立、にわか雨。濡れそぼった髪や衣服を目にし、さらには雨宿りで間近に体温を感じる事により、2人はより強くお互いを意識するようになる…。ラブストーリーにおなじみのこの光景の原点ともいえるのが、黄順元(ファン・スンウォン)の短編小説「ソナギ/소나기」だ。

sonagi1.jpg

 韓国では教科書にも載っているというぐらい有名な物語を、『Green Days~大切な日の夢~』のアン・ジェフン監督がアニメーション映画化し、この度「夢見るコリア・アニメーション2019」にて日本初公開される。

 始まりから背景の美しさに目を奪われる。にわか雨を経ていきいきと成長する、エノコログサやタンポポ。さっきまでの雨がうそのように、雲の隙間から射す光。韓国の原風景ともいえそうな素朴な田舎に、赤いランドセルが少し異質な彩りを添えている。隅々まで描き込まれた、アン・ジェフン監督作品の最大の特徴といってよいだろう。

sonagi2.jpg

 暑さも落ち着いた初秋、小川のほとりで少女と少年が出会う。2人はあらゆる意味で対照的だ。ソウルからやってきた色白の少女、田舎で育って日に焼けた少年。少女の「この辺に詳しい?」という言葉から、2人にとって忘れられない1日が始まる。

 植物の名前を尋ねられ、すらすらと答える少年だが、少女にいいところを見せようと格好つけたつもりがつかなかったり、戸惑う姿には誰しも心当たりがあるだろう。やがて降り出す、突然のにわか雨…。文章にするとあまりにお決まりの展開だが、圧倒的な美しさで描かれる自然を俯瞰で捉えたショットが多く、2人で見た自然の美しさを追体験しているような感覚をおぼえる。

 最大の見どころはやはり、にわか雨のシーンだろう。雨宿りで距離が近づいた事が影響してか、少女はここへ来てから誰にも話せなかったであろう心境を吐露する。まだ小学生の2人だが、雨宿りのシーン然り、端々にドキッとするような生々しいエピソードが入るところがいかにも韓国らしい。

 『にわか雨』は雨に始まり、雨に終わる。降っている間はどうすればよいのかと戸惑うが、いつしか降っていた事も忘れてしまうぐらいケロッと晴れてしまう。初恋と呼ぶにはあまりにわずかな思い出を、忘れまいと心に留める2人のそれぞれの姿が印象に残った。

sonagi3.jpg

 『にわか雨』は7月27日(土)に「夢見るコリア・アニメーション2019」にて上映され、上映後にはアン・ジェフン監督と『この世界の片隅に』の片渕須直監督との対談も予定されている。他プログラムとして、ヨン・サンホ監督の短編アニメーション特集や、日韓ミュージックビデオ交流上映&トークも開催され、韓国アニメーションの幅広さを体感できる貴重な機会となっている。


夢見るコリア・アニメーション2019
 期間:2019年7月27日(土)
 会場:シネ・リーブル池袋
 公式サイト http://yumekori.jp/

Writer's Note
 mame。『にわか雨』に相当する日本の物語はなんだろう?と考えて思い出したのが、国語の授業で習った『赤い実はじけた』。胸がときめく瞬間を少女漫画風に描いた日本の作品に対して、『にわか雨』はずいぶん大人びているなぁと、国民性の違いを感じました。


>>>>> 記事全リスト


Review 『フェルーザの夢とともに』 ~偶然の出会いに導かれ、エチオピアの少女の夢は一気に動き出す

Text by mame
2019/6/15掲載



 韓国アニメーション『フェルーザの夢とともに』が、「花開くコリア・アニメーション2019+アジア 名古屋会場」と「世界のアニメーションシアター WAT 2019」で日本初公開され、キム・イェヨン監督、キム・ヨングン監督が来日する。

feruza1.jpg
本作の主人公、フェルーザ

 本作は、両監督が新婚旅行中にアフリカで出会った少女との交流を、実写を織り交ぜる形で映像化したドキュメンタリー・アニメーション。類い希なる語学の才能を持った聡明な中学生フェルーザ。しかし、エチオピアの田舎では早婚の風習が残り、まもなく見ず知らずの男性と結婚しなければならなかった。フェルーザの真摯な姿に心打たれた両監督は、なんとかできないかと奔走するのだが…。

 可能性はどこに転がっているかわからない。私達ひとりひとりが一度しかない人生を生きており、自分を特別だと思う気持ちと、やはり自分は凡人だと打ちのめされるような気持ちの狭間で葛藤を続けながら、毎日を過ごしているのではないだろうか。

 だが、とてつもない可能性を持ちながらも、周りの環境によってその才能を発揮できない運命を背負った人を身近に見つけた時、私達はどうするだろう? 『フェルーザの夢とともに』のキム・イェヨン監督とキム・ヨングン監督の出した答えは、才能を活かせる場所をいっしょに探す事であった。

feruza2.jpg

 エチオピアのゲストハウスで働いていたフェルーザが話す流暢な韓国語に目を見張り、「いつか韓国に行きたい」と話す彼女の夢を叶えようと奮闘する。果たして自分はここまで他人のために出来るだろうかと驚く気持ちでいっぱいになる。しかも、自身の新婚旅行の途中である。

 思わぬ好機に恵まれたフェルーザにも、助けずにはいられない魅力が溢れていたのだろう。助けるという言葉には語弊がある。フェルーザの夢を巡る旅は、彼女がふるまってくれた伝統的なコーヒー・セレモニーのお返しとして、両監督が何かできないかと提案した事から始まった。お互いの得意分野で相手を喜ばそうとする関係がすがすがしい。

 中学校を卒業すれば見知らぬ男の元へ嫁ぐ事は決まっており、それ以外の将来など考えた事もなかったフェルーザ。だが、黙々と日々の勤めを果たしながら、毎日自分で屋根に登ってアンテナを立て、唯一の娯楽ともいえるテレビを通して広い世界を知り、言葉を学んだ事で、いつしか夢を持つようになった。旅の道中、面接用の志望動機を書くにあたり、初めて自分の将来に思いを馳せ、疲れ切って寝てしまうフェルーザの様子はどこか微笑ましい。

feruza3.jpg

 夢を叶えるためには何が障害なのか、どうやって取り除けば良いのかがテンポの良いナレーションとアニメーションで描かれる。フェルーザの夢はネットもつながらない田舎から始まり、韓国語コンテストにエントリーするために車で2時間かけて訪れたネットカフェを経由して、エチオピアの首都アディスアベバへと広がり、いつしか現実味を帯びて一気に加速してゆく。

 いろんな偶然とタイミングの不思議を感じずにはいられなかった。やがて韓国へと戻った両監督は、フェルーザとお互いの顔を見ながらスマートフォンで会話する。どこにいてもネット環境さえあれば一瞬で誰かと繋がることのできる現代を疎ましく思う声もあるが、そのおかげでこんな風に、旅行中でも出会った誰かの夢を叶えるお手伝いができてしまう。変えられないと思っていた運命をも、偶然会った旅人との出会いで変えてしまう事ができるのだ。

 もちろんそこはフェルーザの強い思いと、彼女を支える家族の協力、そしてネット大国である韓国から来た両監督のスピード感があってこそだろう。

feruza4.jpg
左から、キム・イェヨン監督、フェルーザ、フェルーザの弟、キム・ヨングン監督

 好機を逃さず自分のものにする、その努力を怠らなかったフェルーザと両監督の起こした奇跡を目の当たりにし、「いつか」は「いつの間にか」始まっていて、その瞬間を掴めるかは自分次第なのだと気づかされる。凡人の自分がこの世界の特別な存在になれる瞬間なんて、そう何度もない。だが、両監督がフェルーザを「この旅の本当の意味を教えてくれた少女」と語るように、お互いを特別な存在として認め合う事は、時に運命を変えてしまうほど大きな力を生み出すのだと、思い知らされた。


『フェルーザの夢とともに』
 原題 페루자 英題 FERUZA 制作年 2017年 上映時間 24分
 監督 キム・イェヨン、キム・ヨングン 出演 フェルーザ、キム・イェヨン、キム・ヨングン

「花開くコリア・アニメーション2019+アジア」
 2019年7月6日(土)・7日(日)、愛知芸術文化センターにて開催
 公式サイト https://anikr.com/
 ※ 第10回記念として『フェルーザの夢とともに』を特別上映。
 ※ 7月6日(土)13:45の『フェルーザの夢とともに』上映後、キム・イェヨン、キム・ヨングン監督によるトークあり

「世界のアニメーションシアター WAT 2019」
 2019年6月29日(土)より、下北沢トリウッドにて開催。以降、京都、姫路、名古屋ほか巡回予定
 公式サイト http://www.wat-animation.net/
 ※ 『フェルーザの夢とともに』はCプログラムで上映。
 ※ 7月7日(日)15:30のCプログラム上映後、キム・イェヨン、キム・ヨングン監督によるトークあり

Writer's Note
 mame。テレビで5ヶ国語をマスターしたというフェルーザのずば抜けた語学能力。少しでも彼女に追いつきたくて、韓国語のインタビューを音読したり、留学当時の辞書を引いてみたり、語学学習の楽しさを思い出せました。

feruza5.jpg
『フェルーザの夢とともに』のポスター


>>>>> 記事全リスト


Review 『リトル・フォレスト 春夏秋冬』 ~生き物と自然を愛する監督の真心が詰まった作品

Text by 加藤知恵
2019/5/12掲載



 五十嵐大介の同名漫画を原作として韓国で映画化された『リトル・フォレスト 春夏秋冬』が、5月17日(金)より公開される。原作は農村で自給自足生活を送った作者の経験をもとに、女性主人公が東北地方のある村で農作業や料理をしながら、友人とともにささやかな日常を楽しむ姿を描いた人気作品だ。2014年には橋本愛の主演で日本でも映画化されている。韓国版の女性主人公は『お嬢さん』(2016)で強烈な印象を残したキム・テリが演じ、幼馴染2人の役を、イム・スルレ監督が見出した若手女優チン・ギジュと、変幻自在の魅力で引っ張りだこの俳優リュ・ジュンヨルが演じている。

littleforest.jpg

 教員を目指してソウルで学生生活を送るものの、採用試験に落ち、恋人との関係もこじれ、逃げるように故郷の村へ帰ってきたへウォン(キム・テリ)。しかし父親は幼い頃に病気で他界しており、母親はヘウォンが大学を受験した日に1枚の手紙を残して村を去っていた。再会した幼馴染のウンスク(チン・ギジュ)に「お腹がすいて帰ってきた」と語る彼女は、真冬の誰もいない家で、黙々と一人で料理を作っては食べる。

 すいとん、蒸し餅、お好み焼き、サンドイッチ。手間のかかるものからシンプルなものまで、彼女の料理はとにかく丁寧だ。そして花びらを添えたパスタや、油に入れた瞬間にふわっと広がる山菜の天ぷらなど、目にも美しく心地よい。インスタントではなく自身の手でじっくりと時間をかけて作ったものを味わうことでへウォンの心は浄化され、慌ただしい都会生活での疲れが癒えるとともに、知らぬ間に彼女を覆っていた意地やプライドから解放されていく。

 そうして作った料理を一緒に味わえば、相手との絆も深まるものだ。ヘウォンはウンスクやジェハ(リュ・ジュンヨル)と、自家製マッコリを飲みながら本音を語り合い、激辛トッポッキを食べながら涙を流して傷を慰め合う。そんな“人と人とを結ぶ媒体としての料理”こそ、イム・スルレ監督が本作で描きたかったものだという。

 また監督は、動物愛護団体の代表として熱心に活動していることでも知られる。監督の動物への愛情は、本作でも随所に現れる。一人で暮らすへウォンの寂しさを思いやり、ジェハが連れてきた子犬のオグは、いつしか彼女の大事な話し相手になっていく。へウォンが編んだ小さなマフラーを巻いて走り回るオグの姿は何とも愛らしい。実はオグの名前は、キャストとしてエンドロールにもクレジットされている。また牛や鶏といった家畜動物への眼差しも温かく、登場する料理に肉類は使われない。撮影現場でも、幼虫や蛾に至るまで傷つけないよう配慮が徹底されていたそうだ。

 少し休むだけのつもりで村へ帰ったへウォンだが、自然の営みの中で作物を育て、友人や動物と穏やかな時間を過ごすうちに、いつしか季節がめぐっていく。CGやセットを一切使わずに春夏秋冬全ての場面を撮影したため、撮影期間は丸1年を要したという。四季折々の山里の風景が収められた映像は、写真集を見ているかのように全てのカットが美しい。新芽を見て生命の神秘に感動し、嵐に吹かれて自然の厳しさを味わう。作物を育てる過程で、物事には全てタイミングがあることを知り、それを待つことの大切さも学ぶ。そうして成長したへウォンは、ようやく母の真意と愛情に気付き、自分の人生に対する答えも見つけていく。

 イム・スルレ監督は自身のことを、「観客数などの数字よりも、映画を作る過程を大事にするタイプだ」と語る。その監督が「これまでの現場の中で、最も穏やかで楽しかった作品」と言い切る『リトル・フォレスト 春夏秋冬』。じっくりと時間をかけて監督の真心と愛情を詰め込んだ一作を、ぜひ味わってみてほしい。


『リトル・フォレスト 春夏秋冬』
 原題 리틀 포레스트 英題 Little Forest 韓国公開 2018年
 監督 イム・スルレ 出演 キム・テリ、リュ・ジュンヨル、ムン・ソリ、チン・ギジュ
 2019年5月17日(金)より、シネマート新宿、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国ロードショー
 公式サイト http://klockworx-asia.com/little-forest/

Writer's Note
 加藤知恵。イム・スルレ監督が2011年に『牛と一緒に7泊8日』で東京国際女性映画祭へ招待された際、アテンドを担当した私は、監督に依頼されて日本動物愛護協会の方との交流の場を設けたことがあります。日本の現状について真剣に質問される姿が印象的でした。作品においても一貫して動物への愛情を表現し続ける監督の笑顔は、ますます深みと温かみを増していると感じます。


>>>>> 記事全リスト



Copyright © 1998- Cinema Korea, All rights reserved.
Powered by FC2 Blog