HOME団体概要support シネマコリア!メルマガ登録サイトマッププライバシー・ポリシーお問合せ



サイト内検索 >> powered by Google

■日本で観る
-上映&放映情報
-日本公開作リスト
-DVDリリース予定
-日本発売DVDリスト
■韓国で観る
-上映情報
-週末興行成績
-韓国で映画鑑賞
■その他
-リンク集
-レビュー&リポート
■データベース
-映画の紹介
-監督などの紹介
-俳優の紹介
-興行成績
-大鐘賞
-青龍賞
-その他の映画賞


Review 『藁にもすがる獣たち』 ~「人を狂わせるものは金」という原理に忠実に作った黒い群像劇

Text by Kachi
2021/2/18掲載



 人間を狂わせるものは何だろうか。男女関係、劣等感、名誉欲。しかし、突き詰めてみるならばやはり金であろう。『藁にもすがる獣たち』は、この原理に忠実に黒い群像劇を構築したサスペンスである。

warasuga.jpg

 港の出入国審査官であるテヨン(チョン・ウソン)は、失踪した恋人が残した多額の借金を抱えて金融業者(チョン・マンシク)から矢の催促で取り立てを受けている。ナイトクラブのやり手オーナー、ヨンヒ(チョン・ドヨン)は、暗い過去を精算して新たな人生を歩もうとしていた。サウナで下働きのアルバイトをするジュンマン(ペ・ソンウ)。事業に失敗し、老いた母(ユン・ヨジョン)を抱えて生計を立てようと必死だが、楽にはならない。ミラン(シン・ヒョンビン)は借金のせいで夫からDVを受け続けていた。ある日、ジュンマンが勤め先のロッカーの中に忘れ物のバッグを発見。その中には10億ウォンもの大金が入っていた…。

 主要人物たちの登場は、あらすじ通りには行かず、関係は絶妙な点と線で結びついて、中盤以降に全容が見えてくる趣向だ。そんな本作の緊張感を、話法の展開が支えている。また、『新しき世界』を例に引くまでもなく、港町ノワールには傑作が生まれることが多い。海と、そこに反射する夜の暗がりが作る独特な青黒さが理由なのかもしれない。『藁にもすがる獣たち』も、登場人物たちの抱える後ろ暗さと背景の闇がみごとに調和している。高い評価を得た『悪のクロニクル』、『犯罪都市』、『悪人伝』を制作したBAエンターテイメントが本作の制作プロダクションを担当したそうで、今後も覚えておくべきプロダクションになることは間違いないだろう。

 誰も彼も濃く味わい深い役者が揃った中で、一人だけ名前を挙げるならやはりヨンヒ社長を演じたチョン・ドヨンだろう。全員、自らの行いの報いによって八方ふさがりになってしまい、「なぜその手に乗ってしまうのか?」という方法を取ってしまうのだが、ただひとり彼女だけは、確信犯的に、何のためらいもなく凶器を握っているように感じた。そのふてぶてしさに快哉を叫んだ。


『藁にもすがる獣たち』
 原題 지푸라기라도 잡고 싶은 짐승들 英題 BEASTS CLAWING AT STRAWS 韓国公開 2020年
 監督 キム・ヨンフン 出演 チョン・ドヨン、チョン・ウソン、ペ・ソンウ、ユン・ヨジョン、チョン・マンシク、チン・ギョン、シン・ヒョンビン、チョン・ガラム
 2021年2月19日(金)より、シネマート新宿ほか全国ロードショー
 公式サイト http://klockworx-asia.com/warasuga/


>>>>> 記事全リスト


スポンサーサイト



Review 『KCIA 南山の部長たち』 ~イ・ビョンホンが、政界を支配するマッチョイズムから転がり落ちた悲劇を体現

Text by Kachi
2021/1/24掲載



 イ・ビョンホンは不思議な俳優だ。

 元祖韓流四天王の一人に数えられ、端整な顔立ちと低い声は今でも紛う方ない美形俳優だ。にもかかわらず…、いやだからこそ、綺麗な己を破壊するが如く、映画となると精神的にも肉体的にも痛めつけられるキャラクターを演じることが多い。特にウ・ミノ監督と初めて組んだ『インサイダーズ/内部者たち』に至っては、右手を切り落とされるチンピラ役を熱く演じた。痛ぶられ、汚れる自分を楽しんでいる風だった。

kcia2021.jpg

 ウ・ミノ監督の最新作『KCIA 南山の部長たち』は、1960~70年代にかけて18年に渡る独裁政権の中心にいて、司法・立法・行政までその手を広げ、90年代まですべてのメディアが恐れていた中枢機関「中央情報部(通称 KCIA)」を舞台とし、1976年10月26日、KCIA部長の金載圭が宴席場で朴正煕大統領と大統領府警護室長の車智澈を射殺した事件を題材にしている。映画は暗殺からさかのぼること40日前、元KCIA部長パク・ヨンガク(クァク・トウォン)が、アメリカの下院公聴会でパク大統領(イ・ソンミン)の悪政を告発する会見シーンから始まる。裏切った腹心を大統領が許すはずがなく、キム・ギュピョンKCIA部長(イ・ビョンホン)とクァク警護室長(イ・ヒジュン)は、それぞれが事態を収拾するために奔走していく。

 パク・ヨンガクの件のみならず、当時国内で続発していた政治デモの鎮圧をめぐっても、軍隊動員も辞さない強硬姿勢のクァク警護室長と、アメリカや世界の反応を注視しつつ穏当に対処すべきと主張するギュピョンは対立する。一方で、大統領はことあるごとにギュピョンを面罵し、クァクと親密さを増していく。権利欲がうずまく青瓦台において、使命感と忠誠心と友情でつながる彼らは、そのどれかひとつでも欠かせないバランスを保った共同体の関係にある。男性社会におけるマチズモの弊害で、皆、父親同然の存在から否定されることが何よりも怖い。男らしさ失格の烙印と同じだからだ。硬質なノワールジャンルのルックをみせる本作だが、共同体からつまはじきにされたか細いギュピョンの心のひだを表現するかのように、イ・ビョンホンは繊細な演技をみせている。

 映画中盤でギュピョンがクァクと一触即発のもみあいになるシーンでは、それまで抑えていた声のトーンが一転、高く鼻にかかったようになり、彼の隠れていたみじめさや情けなさを浮きだたせる。本作でイ・ビョンホンは、政界を支配していたマッチョイズムから転がり落ちた悲劇を、感動的に体現してくれた。まるで人間の原初的なみじめさをすべて引き受け、演じてくれているような気すらしたのだった。


『KCIA 南山の部長たち』
 原題 남산의 부장들 英題 The Man Standing Next 韓国公開 2020年
 監督 ウ・ミノ 出演 イ・ビョンホン、イ・ソンミン、クァク・トウォン、イ・ヒジュン、キム・ソジン
 2021年1月22日(金)より、シネマート新宿ほか全国ロードショー
 公式サイト http://klockworx-asia.com/kcia/


>>>>> 記事全リスト


Review 『チャンシルさんには福が多いね』 ~映画愛のいとおしさとほろ苦さに満ちた作品

Text by Kachi
2021/1/4掲載



 実にチャーミングな映画だ。オープニングで葬送行進曲を伴奏にするようなブラックな入りにもかかわらず、それこそが人生にまつわる悲喜こもごもを端的かつ巧みに表現している。キム・チョヒ監督は、長くホン・サンス映画のプロデューサーをしていたということで、随所に見えるホン・サンス印にも茶目っ気がある。

chansil.jpg

 映画プロデューサーのチャンシル(カン・マルグム)は崖っぷちにいる。長年にわたりサポートしてきた映画監督が、クランクイン直前に心臓発作で急逝したのだ。制作部は解散。彼女は無職となって、とある老婆ポクシル(ユン・ヨジョン)が大家をしている貸家へ転がり込む。今まで、しゃにむに映画とかかわって生きてきたため、チャンシルには恋人もおらず結婚も程遠い。そんな矢先、友人で女優のソフィー(ユン・スンア)を通じて知り合ったフランス語講師ヨン(ペ・ユラム)との恋の予感が訪れる。

 チャンシルの心には“映画俳優”(どんなビジュアルなのかは見てのお楽しみ)が、守護霊のように寄り添っている。映画への夢が断たれ、「本当に何が好きか見誤っている」と神様はチャンシルに説く。「チャンシルには福が多いね 職なし男なし…」と歌い上げるテーマソングは身も蓋もなくて苦笑してしまうが、歌詞も映画の内容にも、改めて人間の幸福とは何かを再考させられる。

 自分だけが泥沼にはまっていると感じる時期は、人生に何度も訪れる。しかし劇中では、ソフィーも頑張っている割に出演シーンを大幅にカットされていたり、ポクシルは一人娘を早くに亡くして一人ぼっちだ。「どうして私だけこんなにも」と思う瞬間は実は「木を見て森を見ず」ならぬ「森を見て木を見ず」と同じなのかもしれない。幸不幸は他人と比べることではなく、物差しや計量カップで可視化できるわけではない。目の前を曇らせる“不幸”を取り去れば、誰もがありあまるくらいに“福”を持っているのである。

 作品のタイトルは、キム・チョヒ監督の口から不意を突いて出た「チャンシルは本当に福が多いわね…」という独り言から来ている。肩肘張らずに見ることができて、鑑賞後はやりたいことに向かってそっと背中を押してくれる。なにより映画愛のいとおしさとほろ苦さに満ちて、深みのある作品だった。


『チャンシルさんには福が多いね』
 原題 찬실이는 복도 많지 英題 Lucky Chan-sil 韓国公開 2020年
 監督 キム・チョヒ 出演 カン・マルグム、ユン・ヨジョン、キム・ヨンミン、ユン・スンア、ペ・ユラム
 2021年1月8日(金)より、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国順次ロードショー
 公式サイト https://www.reallylikefilms.com/chansil


>>>>> 記事全リスト


Review 『チャンシルさんには福が多いね』 ~チャンシルと一緒にこれまでの人生を振り返ってみる

Text by 金イルミ
2020/11/21掲載



 映画プロデューサーであるチャンシル(カン・マルグム)は、長年共に組んできた監督が突然亡くなり、これまでの生き方が一変する。今まで恋愛もろくにすることなく仕事に没頭してきた人生なのに、ある日突然その仕事がなくなり、今まで一体何をしてきたんだろうと、途方に暮れるチャンシル。風変わりなおばあさん(ユン・ヨジョン)の家に間借りさせてもらいながら、とにかく食べていくために、後輩であり女優のソフィー(ユン・スンア)の家で家政婦として働く。そこに現れたソフィーのフランス語の教師(ペ・ユラム)と出会い、恋の予感? そんな時にチャンシルの前に「レスリー・チャン」と名乗る謎の幽霊(キム・ヨンミン)が現れる。この怪しい幽霊のアドバイスを聞き、告白にチャレンジしてみるチャンシルだが…。

chansil.jpg

 これまで、がむしゃらに映画の仕事だけしてきたが、果たしてこれが本当にやりたかった事なのか? 監督の死をきっかけに、改めて人生を見つめ直すチャンシル。今までの人生を振り返りながら、これからどうやって生きていくか、真剣に考えていく年齢にもさしかかった。

 ふと気づけば男もいない。勿論子供もいない。

 では、子供がいれば幸せなのか? 男がいれば幸せなのか?

 他人の物差しではかる幸せではなく、自分が本当に幸せと思える事はなんなのか?

 40代の女性が直面する現実をユーモラスに描いているが、決して他人事ではなく、誰にでも起こりうる出来事に共感しながら、ふと気付けばチャンシルと一緒にこれまでの人生について考えていた。

 “福”は既に皆持っているのに、その価値に気付いていないだけなのかもしれない。その価値に気づいたとき、初めて人は幸福と感じる事ができるのではないだろうか?

 是非、映画を観ながらチャンシルと共に我が人生を振り返る時間を持っていただきたい。そして、人生を振り返りながら、もしほんの少しだけ憂鬱になったとしても、この怪しい幽霊レスリー・チャンの可笑しさを存分に味わえば、少々の事は笑い飛ばせるに違いない。


『チャンシルさんには福が多いね』
 原題 찬실이는 복도 많지 英題 Lucky Chan-sil 韓国公開 2020年
 監督 キム・チョヒ 出演 カン・マルグム、ユン・ヨジョン、キム・ヨンミン、ユン・スンア、ペ・ユラム
 2021年1月8日(金)より、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国順次ロードショー
 公式サイト https://www.reallylikefilms.com/chansil

Writer's Note
 金イルミ。あれから、キム・ヨンミン氏が出演するドラマを見るたび、レスリー・チャンが浮かんでしまいます(笑)。あいち国際女性映画祭で、本作を配給するキノ・キネマの岸野令子さんに初めてお会いする事ができましたが、「『はちどり』がお勧め」と仰っていたのが印象的でした。


>>>>> 記事全リスト


Review 『わたしは金正男を殺してない』 ~搾取された女性に光を当てた社会派映画

Text by Kachi
2020/10/4掲載



 「事実は小説より奇なり」というが、これほど数奇に満ちた事件はない。2017年2月13日、マレーシアのクアラルンプール空港で起きた一つの殺人事件が、世界を揺るがせたことは記憶に新しい。被害者は北朝鮮の金正日の長男・金正男だったからだ。犯行の全てが防犯カメラに記録されていたことで、犯人は数日のうちに逮捕されるが、金正男にも北朝鮮工作員にも関わりを感じさせない、ごく平凡な20代女性二人だったことも、事件の闇を深くさせる。インドネシア人のシティ・アイシャと、ベトナム人のドアン・ティ・フォン。閉ざされた国家、北朝鮮の最高指導者の異母兄を殺害した彼女たちは一体何者だったのだろうか。

watakimmasao.jpg
シティ・アイシャ(左)とドアン・ティ・フォン(右)

 センセーショナルになりがちな題材の背後で、多くのことを語る映画だ。ベトナムの農村に育ったドアン・ティ・フォンは、アイドルを目指していて、動画を撮るなどして世界へ向けて自身を積極的にアピールしていた。また劇中、「ジャッカス」をはじめとしたイタズラ動画の世界的流行が指摘される。スマートフォンの普及で誰でもリアルタイムに映像を撮ることができるようになると、より生々しいものや“今この瞬間”に近いものの価値が重要視されていく。ドアンはこうして、有名になるためのほんのわずかな野心を利用されたのである。一方でシティ・アイシャも、マレーシアへの出稼ぎ労働者だった。二人は搾取されたのだ。

 つまり、二人ではなく誰でもよかったのである。都合のよい駒を、指先でひょいとでもするようにつまみ上げられた二人は、一生が狂ってしまったのだった。映画は単なる北朝鮮の体制批判のみに傾くのではなく、最初から「消え物」として扱われた二人の人生をすくい取っていく。その目線に、片隅で生きることを強いられてきた同性愛者の二人が起こした裁判を克明に追った『ジェンダー・マリアージュ 全米を揺るがした同性婚裁判』(本作の監督ライアン・ホワイトが共同監督を務めた作品)にもあった優しさを感じ取った。

 カメラがシティ・アイシャの故郷であるインドネシアの農村を捉えるシーンがある。事件後、ドアンは「私は世界の美しさを信じて疑っていなかったが、今は…」と口ごもる。彼女たちの来し方行く末を思うと、黄金色の美しい田園風景が実に皮肉で、悲しい。


『わたしは金正男を殺してない』
 英題 Assassins 製作 2020年
 監督 ライアン・ホワイト
 2020年10月10日(土)より、シアター・イメージフォーラムほか全国順次公開
 公式サイト https://koroshitenai.com/


>>>>> 記事全リスト



Copyright © 1998- Cinema Korea, All rights reserved.
Powered by FC2 Blog