HOME団体概要support シネマコリア!メルマガ登録サイトマッププライバシー・ポリシーお問合せ



サイト内検索 >> powered by Google

■日本で観る
-上映&放映情報
-日本公開作リスト
-DVDリリース予定
-日本発売DVDリスト
■韓国で観る
-上映情報
-週末興行成績
-韓国で映画鑑賞
■その他
-リンク集
-レビュー&リポート
■データベース
-映画の紹介
-監督などの紹介
-俳優の紹介
-興行成績
-大鐘賞
-青龍賞
-その他の映画賞


Review 『グッバイ・シングル』 ~笑いのちホロリ。王道コメディ

Text by Kachi
2018/4/8掲載



 去年、釜山の旅館でテレビを点けると、「同床異夢シーズン2-君は僕の運命」というバラエティが放映されていた。実際の芸能人夫婦の生活を撮影し、VTRを見たスタジオのタレントたちがツッコミを入れる番組で、その日はサッカー選手の鄭大世と奥さんとのやり取りで笑いを誘っていた。韓国には以前、芸能人同士が仮想結婚をする「私たち結婚しました」という人気番組があったが、夫婦バラエティは今も健在なようである。

goodbyesingle.jpg

 『グッバイ・シングル』の主人公ジュヨン(キム・ヘス)は、抜群のプロポーションを誇るわがままな人気女優。しかし、寄る年波には勝てない現実に直面しつつある。ドラマでは脇役に甘んじ、おまけに年下の彼氏ジフン(クァク・シヤン)は女子大生と浮気する始末。男と仕事に失望した彼女は「永遠に私を裏切らない存在がほしい」と言い出し、何とか出産しようと奔走。マネージャーのピョング(マ・ドンソク)たちを振り回す。同じ頃、女子中学生タンジ(キム・ヒョンス)は、予期せぬ妊娠に頭を抱えていた。この二人の偶然の出会いをきっかけに、タンジが赤ちゃんを産み、ジュヨンが育てるという計画が決行されることになる。しかしジュヨンの思いつきが、まさかの大騒動に発展する…。

 韓国統計庁が先月21日に発表した「2017年婚姻・離婚統計」によると、昨年の韓国の婚姻件数は26万4,500件で、前年より6.1%(1万7,200件)減少し、1974年(25万9,600件)以来の低水準となった。また「2017年出生死亡統計暫定結果」によれば、昨年生まれた子どもは初めて40万人以下に下落し、合計特殊出生率(一人の女性が、出産可能とされる15歳から49歳までに産む子供の数の平均)は歴代最低値である1.05人を記録した。かくゆう筆者も独り者。結婚、そして出産にそっぽを向く我々に身を固めよとソフトに促すには、テレビ番組や、本作のようなコメディ映画も、一役買うのだろう。

 しかし、確かに社会事情を感じさせはするものの、『グッバイ・シングル』は肩に力の入っていない作りで、好感が持てる。互いに気が強いせいで反発しあっていたジュヨンとタンジが、次第に年の差を超えた絆を結んでいくさまにグッとくるし、仕事も料理も何でもござれなピョングを演じたマ・ドンソクのエプロン姿にも和む。またストーリーに「人生は結婚や出産だけがゴールではなく、それですべてが上手くいくほど人生はイージーでもない」という、“おひとりさま”の生き方を肯定してくれるメッセージが込められているのにも、唸らせられる。笑い、時にホロリとする王道コメディが、また韓国映画界から誕生した。


『グッバイ・シングル』
 原題 굿바이 싱글 英題 Familyhood 韓国公開 2016年
 監督 キム・テゴン 出演 キム・ヘス、マ・ドンソク、キム・ヒョンス
 2018年4月7日(土)より、シネマート新宿ほか全国順次公開


>>>>> 記事全リスト


スポンサーサイト

Review 『ザ・キング』 ~歴史の暗躍者たち、その悪の年代記

Text by Kachi
2018/3/12掲載



 韓国映画の公権力は、どんな描かれ方をしているだろうか。もちろん例外はいくつもあるが、『殺人の追憶』や『チェイサー』を想像すると、彼らは捜査について無能で、ねつ造については奸計に長け、暴力についてはことさら執念深い。そして最終的に、その無能で狡い警察を始末した検察が世間で幅をきかせる。たとえば『生き残るための3つの取引』ではリュ・スンボム扮するチュ検事が、世を正した時代の寵児としてまつりあげられ、『悪いやつら』では盧泰愚政権によるヤクザ一掃の立役者として、チョ検事(クァク・トウォン)は出世の道を歩むことになった。だから『ザ・キング』が、韓国の検察組織が主題だと知ったとき、悪の親玉である検察が主役の映画が、今まで無かったことに意外であった。

theking.jpg

 パク・テス(チョ・インソン)は、喧嘩に明け暮れる日々だったが、家で威張り散らす父親が検事に平身低頭するのを見て、「悪を制するのは検察のような権力者だ」と確信し、猛勉強の末、地方検事になる。ある時、女生徒の性的暴行事件を担当したテスだったが、先輩検事から出世をエサにもみ消しを持ちかけられ、不承不承に従ってしまう。それをきっかけに、ソウル中央地検に引き抜かれたテスは、“キング”と呼ばれ権勢をふるい、政界の動きまでほしいままにする部長検事ハン・ガンシク(チョン・ウソン)の片腕としてのし上がっていく。

 この映画は悪童として鳴らしたパク・テスの立身出世譚として始まり、汚職検察の仲間入りを果たして栄耀栄華を極めるピカレスク映画として展開していく。一方、全斗煥政権による圧政と民主化運動、ソウル五輪開催、経済発展の後のIMF通貨危機など、1980年から2010年までの激動の韓国史を分かりやすくなぞりながら、裏で政治を操った検事の“秘密の仕事”が描かれている。チョン・ウソン×チョ・インソンというダブル主演に加え、コバンザメ的部下のヤン検事にペ・ソンウ、妹夫婦にチョン・ウンチェとパク・チョンミンなど、花も実もある脇役が揃っている。

 ハン・ジェリム監督の作品は多彩なので、まとめて特徴を挙げるのは難しいが、ひとつ言えるのは、異なるジャンルのストーリーが、破綻なく一作品の中に融合されていることだ。ソン・ガンホとチョ・ジョンソクのコメディで進んでいたはずが、次第に血なまぐさい朝廷の権力争いに巻き込まれた後、世情の無慈悲さに包まれるラストに至る『観相師 ―かんそうし―』が、特に記憶に新い。『ザ・キング』も、中盤まではチョ・インソンとチョン・ウソン、ペ・ソンウの白昼夢のように繰り返されるダンス・シーンが強烈なコメディ映画だったのが、その後のストーリーが予想外に深い方向へ走っていくのでまんまと裏切られた。盧武鉉大統領以来の革新政権が誕生した今の時代に本作が作られたことに、大きな意義を感じた。


『ザ・キング』
 原題 더 킹 英題 The King 韓国公開 2017年
 監督 ハン・ジェリム 出演 チョ・インソン、チョン・ウソン、ペ・ソンウ、キム・アジュン、リュ・ジュンヨル
 2018年3月10日(土)より、シネマート新宿ほか全国順次ロードショー
 公式サイト http://theking.jp/


>>>>> 記事全リスト


Review 『エターナル』 ~悲しきキロギアッパを描くだけで終わらないミステリーの秀作

Text by Kachi
2018/3/3掲載



 証券マンや投資会社社員を主人公にした作品が、韓国映画で特に目につく。そして『新感染 ファイナル・エクスプレス』でコン・ユ演じる父親もそうであったように、仕事熱心だが冷徹な人格で、家族と心がすれ違い、やがて投資先に大きな問題が起きて多くの被害者を出すなど、悪役とは言えないまでも社会を揺るがす因子として描かれることが多い。金融商品という「目に見えないもの」を売る現代ホワイトカラーの罪と憂鬱と言えるジャンルが出来つつあるようだ。

image.jpg

 『エターナル』の主人公、カン・ジェフン(イ・ビョンホン)も証券マンである。息子を妻とともにオーストラリアに留学させ、自身は支店長として辣腕を振るっていた。しかし、多額の不良債権によって顧客から糾弾され、苦しい立場に置かれてしまう。ジェフンはすべてを捨て家族に会いに向かうが、待っていたのは、活き活きと暮らす妻スジン(コン・ヒョジン)と、その傍らに睦まじそうにいる子持ち男性。心がつぶされそうになるジェフンだったが、彼には帰れない理由があった…。

 母親同伴で子供を海外留学させ、自身は国内で独り暮らしをしつつ仕送りに励む父親を、韓国では渡り鳥のガンになぞらえて「キロギアッパ」と言う。『エターナル』はそんな父親の哀愁映画だと分かって臨んだが、平凡に感じられるほどの静かな情景の向こう側に、もう一つの世界を隠していた。何度も見返して味わえる優れたミステリー映画に仕上がっているのは、編集の技によるものである。作品の真相に関わるある出来事のシーンを、カットを割らずにすべて観客に提示しているのに、まるで何も起きていないように見えるため、気持ちよく欺かれてしまう。エンドクレジットにパク・チャヌク映画の編集でお馴染みのキム・サンボムとキム・ジェボムの名前があり、二人の魔術的手腕に改めて唸らされた。

 イ・ビョンホンが、キロギアッパの枯れ切った悲壮さを上手く醸し、存在感のないジェフンを演じきっている。さらに言及すべきは、妻役のコン・ヒョジンである。笑顔、涙、どれをとっても芝居に見えないほど自然なのは、わずかな仕草さえもゆるがせにしないからだ。妻が彼女でなければ、『エターナル』はまた違った映画になっていただろう。TVドラマへの出演が多いコン・ヒョジンだが、映画でももっと姿を見せて欲しいものだと、つくづく感じさせられた。


『エターナル』
 原題 싱글라이더 英題 A single rider 韓国公開 2017年
 監督 イ・ジュヨン 出演 イ・ビョンホン、コン・ヒョジン、アン・ソヒ
 2018年2月16日(金)より、TOHOシネマズ新宿ほか全国ロードショー
 公式サイト http://hark3.com/eternal/


>>>>> 記事全リスト


Review 『悪女/AKUJO』 ~肉と骨が砕けようとも激情で戦う復讐の女

Text by Kachi
2018/2/8掲載



 幼い頃、何者かに父を殺されたスッキ(キム・オクビン)は、延辺マフィアの若頭ジュンサン(シン・ハギュン)に拾われ、殺人マシンとなるべく教育された。やがてスッキとジュンサンは愛しあう仲になったが、彼は敵対する組織との争いで命を落としてしまう。たった一人復讐に乗り込んだスッキは、国家情報院に逮捕されると、その腕を国家の極秘任務に利用されることになる。女性ばかりの刺客養成所で優秀な成績をおさめ、彼女は解放されるが、次々と情報院からの危険な命令が下る。「おじさん」と呼んで愛したジュンサンの忘れ形見、愛娘ウネとの平穏な日々へあこがれを抱きながら、スッキは今日も標的に引き金を引く。

akujyo_main.jpg

 チョン・ビョンギル監督の前作『殺人の告白』は、ポン・ジュノの『殺人の追憶』同様、華城連続女性殺人事件を端緒にしつつも、むやみに力の入ったアクション・シーンで、結果的にはほとんど異なるジャンルの映画になってしまっていた。しかし監督が一番やりたかったのは、謎解きよりも、爆走する車のボンネット上での取っ組みあいという、誰も見たことがないカーチェイスだったはずだ。『悪女/AKUJO』では、監督の脳内メーターが徹頭徹尾最大値のままである。オートバイにまたがりハイスピードで走行しながらのチャンバラ。敵が運転するバスに、これまた走る車から手斧ひとつで飛び乗るカチコミ・シーン。そうまでする必然性がどこにあるのか? しかし、この容赦ない過剰さが、実に清々しく、胸を熱くさせる。

 『悪女/AKUJO』から読み取れるのは「映画のアクションとは技の華麗さを誇示すること以上に必死に立ち回ることが真髄である」ということだ。日本の観客へのメッセージを求められ、監督は「(この映画は)スタントマンの血と汗と人体と骨でできている」と語った。その言葉は、アクション映画の本質を言い表すものでもある。

 オール主観ショットによるアクション・シーンが、オープニングから激しく展開される。確かに映像は洗練されている。顔の写るシーンはすべてスタントを使わずにやり遂げたキム・オクビンの胆力にも敬服である。しかし、それ以上に感動させられるのは、撮りもらされることのないスッキの荒い息づかいと、苦闘にうなる声といった、血も涙もないはずの殺戮者の肉体的反応である。スッキは感情の強い暗殺者だ。その濁流のような激情が一挙手一投足にみなぎるからこそ、観客は圧倒される。肉、骨、時には臓物にさえも刃が達しようとも戦う“悪女”は、しぶとくも涙に濡れた心臓で、銃を握りしめているのである。


『悪女/AKUJO』
 原題 악녀 英題 The Villainess 韓国公開 2017年
 監督 チョン・ビョンギル 出演 キム・オクビン、シン・ハギュン、ソンジュン、キム・ソヒョン、チョ・ウンジ
 2018年2月10日(土)より、角川シネマ新宿ほかロードショー
 公式サイト http://akujo-movie.jp/


>>>>> 記事全リスト


Review 見逃し厳禁! 1月の韓国映画『消された女』『殺人者の記憶法』 ~コリアン・ホラー再興の兆しと、元祖カメレオン俳優の面目躍如

Text by Kachi
2018/1/18掲載



 2017年の今頃。『お嬢さん』『アシュラ』の公開を控え、韓国映画ファンは期待と戦慄を胸に抱いていたことだろう。嬉しいことに、今年も祭りは続く。小粒でも舌に痺れる見逃し厳禁韓国映画が、1月から目白押しなのだ。

kesaretaonnna.jpg

 『消された女』は、まっ昼間の都会の雑踏の中で、1人の若い女性スア(カン・イェウォン)が、突然不審な車に引きずり込まれるシーンから始まる。彼女が連れて行かれたのは精神病院。スアは強制入院させられたのだ。それから1年後。不祥事により有名ドキュメンタリー番組をはずされたプロデューサー、ナムス(イ・サンユン)は、B級心霊番組の担当に辟易していた。ところが、撮影で立ち寄った廃病院で、大やけどを負ったけが人を発見。そこは去年、患者による放火で全焼していた。時を同じくして、ナムスに一冊の手帳が届く。偶然にも、書いたのはあの病院の患者だった。スクープを嗅ぎつけたナムスは、手帳の差出人に会いに行く…。

 「保護者2名の同意と精神科専門医1人の診断があれば、本人の同意なしに“保護入院”の名のもとで精神病院へ強制入院が可能である」。『消された女』は、一昨年に違憲と判断されたばかりの「精神保健法第24条」の悪用が引き起こした、実際の拉致監禁事件を扱った映画だ。言うまでもなく、韓国映画における実話をベースにした作品は膨大な数になる。中でも本作は、『奴隷の島、消えた人々』などと同様、題材へかなりストレートにアプローチしている。

 その上で、重いテーマを恐怖映画という娯楽に、大胆に落とし込んでいる。のみならず、『カル』や『H[エイチ]』といった2000年代初期頃に多く作られた、韓国独特のジャンル映画に続く雰囲気を持っているのだ。ひたむきなまでにえげつなく、はっきりした解答が示さずに観客の腹に薄気味悪さを残すコリアン・ホラー独特の味つけに、ジャンル再興の兆しを感じさせてくれる。

satujinnokiokuhou.jpg

 一面の雪景色の中に、一人の男が姿を現した。これ以上ないほど肉の落ちた頬、くぼんだ顎、白く乾いた肌。私はこの男を知っているはずだ。しかし一瞬、本当に誰だか思い出せなくなった。

 それほどまでに、『殺人者の記憶法』のファースト・シーンは、あまりに変身した容貌のソル・ギョングに、観ているこちらの意識が全て持って行かれてしまう。

 ビョンス(ソル・ギョング)は獣医師の傍ら、社会の毒となるような人間を、何年にも渡って次から次へと闇に葬ってきた。家族に暴力を振るう父や夫。飼い犬を虐待する女性…。ところが近頃、アルツハイマーの症状が出始めたことで、錯乱しては娘ウニ(キム・ソリョン)を手こずらせるばかりだった。町で女性を狙った猟奇殺人事件が連続する中、ビョンスは「自分と同じ」雰囲気を漂わせる男ミン・テジュ(キム・ナムギル)と出会う。

 同名原作(2017年にクオン社が邦訳を出版)では、ビョンス個人が犯した殺人と並列するようにして朝鮮戦争や軍事政権が描かれており、韓国の暗黒史を奇妙に照射する。他方、映画ではビョンスが最初に殺した実父の迷彩服に当時が想起されるくらいである。社会性が薄いからといって、この映画を指弾するつもりはない。いずれにしても殺人行為は、ビョンスの個人的な世界なのだ(その証拠に、ビョンスは遺体を目につかないところに埋めており、殺人を誇示しない)。ここが、ビョンスがカルチャーセンターに詩を習いに行くことと不思議に繋がる。詩作とは、極めて内的な探求だからだ。少なくとも『殺人者の記憶法』では、おぞましい犯罪行為がそう捉えられていることに何故か納得させられてしまう上に、ビョンス本人は殺人に「大真面目」なので、ユーモラスにさえ映るのである。

 原作小説は毎日まめにつけられた日記のようでもあり、時系列がバラバラになった断章を再構成したような印象もある。記憶喪失者の時間は、直線的に一方の向きへ流れていくものではないからだ。語り手であるビョンスの思考に違いないが、映画も同様だ。この強烈なイメージが、作られた偽物だったら…と脳裏によぎるたび、自分のいる世界が足元から揺らぎ始めるほの怖さがある。

 後半、ギアを入れ替えたように、研ぎ澄まされたアクション描写がたたみかけられるように現れる。手垢のついた感が否めない北朝鮮工作員という題材を見事にエンターテイメントとしてブラッシュアップ&アップデートした『サスペクト 哀しき容疑者』のウォン・シニョン監督ならではである。


『消された女』
 原題 날, 보러와요 英題 INSANE 韓国公開 2016年
 監督 イ・チョラ 出演 カン・イェウォン、イ・サンユン、チェ・ジノ
 2018年1月20日(土)より、シネマート新宿、シネマート心斎橋ほか全国順次ロードショー
 公式サイト http://www.insane-movie.com/

『殺人者の記憶法』
 原題 살인자의 기억법 英題 MEMOIR OF A MURDERER 韓国公開 2017年
 監督 ウォン・シニョン 出演 ソル・ギョング、キム・ナムギル、ソリョン(AOA)、オ・ダルス
 2018年1月27日(土)より、シネマート新宿ほか全国順次公開
 公式サイト http://www.finefilms.co.jp/kiokuho/


>>>>> 記事全リスト



Copyright © 1998- Cinema Korea, All rights reserved.
Powered by FC2 Blog

FC2Ad