HOME団体概要support シネマコリア!メルマガ登録サイトマッププライバシー・ポリシーお問合せ



サイト内検索 >> powered by Google

■日本で観る
-上映&放映情報
-日本公開作リスト
-DVDリリース予定
-日本発売DVDリスト
■韓国で観る
-上映情報
-週末興行成績
-韓国で映画鑑賞
■その他
-リンク集
-レビュー&リポート
■データベース
-映画の紹介
-監督などの紹介
-俳優の紹介
-興行成績
-大鐘賞
-青龍賞
-その他の映画賞


Review 釜山国際映画祭で観た『それから』 ~世界で最も美しい女優に雪が降る

Text by Kachi
2018/6/6掲載



 一週間好天という天気予報にもかかわらず、釜山は朝から冷たい豪雨であった。若い観客がひしめく映画祭のチケットボックス前で、凍えながら2時間も並んだわけは、他でもない、ホン・サンス監督『それから』のチケットを手に入れるためだ。『正しい日 間違えた日』の撮影から始まったホン・サンスとキム・ミニの“不倫関係”が映画界隈を騒がせて2年が経つ。二人の関係が明るみになると、韓国の映画ポータルサイト「NAVER」の『正しい日 間違えた日』の口コミには、作品内容についてではない否定的意見が目立ち、ホン・サンス偏愛家としては現地の観客の反応が気がかりだった。筆者が辛くもチケットを入手したその後、完売を知ったときは安堵のため息が出た。

sorekara.jpg

 劇場に入ると、経験したことがないほど場内が暗く、少し戸惑う。辺りを見回すと、大きくて四角く、暗幕を張ったような黒い箱型の装置が、スクリーンがあるべき場所に出っ張っている。そこはサムスン電子が開発した話題の「SUPER S」のシアターだったのである。「SUPER S」は電源が切られたテレビのような見た目だが、上映時には内蔵されたLEDで画面そのものが発光する。そのため、従来のスクリーンに投映する上映方法より、一層明るくメリハリのきいた映像が楽しめるという。つまり、映画館の心臓たる映写機が不要なのだ。日本で『新感染 ファイナル・エクスプレス』が上映された3面スクリーン上映「ScreenX」のような、エンターテイメントとしての飛び抜けた効果があるわけではないが、日本で導入されれば、映画館にまたひとつ、アトラクションとしての役割が加わることになるだろう。

 だが正直、モノクロ映画の『それから』では、「SUPER S」の効果がわからなかった。冒頭に出る、ワールドセールスを担う配給会社「FINECUT」のロゴの青色が非常にきれいに見えたので、カラー作品だったら実感できたのかもしれない。と同時に、デジタルシネマの最先端な上映スタイルとホン・サンス作品とが、どうも頭の中でかみあわない。ホン・サンス作品に指摘されるミニマムさと、こうした装置で上映される大がかりなエンタメ映画とは、そもそもの表現という面で目指すものが異なっているように思う。余談だが、韓国映像資料院の公式インスタグラムによれば、資料院に提出された最後の35mmフィルム作品は、ホン・サンスの2013年公開作『ヘウォンの恋愛日記』だそうだ。

 さて映画の話。

 出版社を経営する文学評論家ポンワン(クォン・ヘヒョ)は、妻に浮気を疑われてはぐらかす。実は社員のチャンスク(キム・セビョク)と逢い引きを重ねていたのだが、関係に苦しんだ彼女から別れを切り出されていた。代わりに、作家を目指すアルム(キム・ミニ)が出版社で働くことになる。彼女の初出勤の日、職場に乗り込んできた妻は、アルムを浮気相手だと勘違いし、激しく責め立てる…。

 ホン・サンスといえば同じ出来事の反復と差異が指摘されるが、『自由が丘で』以降はやや変奏し、並べられたシークエンスが時系列でなかったり、物語の始点と終点が曖昧であったり、直線ではない時間の組み合わせで単純な出来事がどう見えるかに面白みを発見している。観念的な会話を展開しつつも物語の分かりやすさが大事にされ、男女のもつれた関係を綴る作劇の筆は相変わらず冴えている。何しろ、妻になじられて横っ面を張られるアルムの役を、現実に監督とただならぬ仲のキム・ミニが演じているのだ。ホン・サンスとキム・ミニの“インモラル”な恋愛から生まれた、『それから』や『夜の浜辺でひとり』といった作品の中で交わされる男女の睦言と悶着が、インモラルを楽しむホン・サンスの剛胆さとキム・ミニの度量の広さのたまものとすれば、二人の危険な関係はもはや感動的ですらある。ひょっとすると一連の作品群は、映画の名を借りた、愛の覚悟宣言なのかもしれない。

 過去作『次の朝は他人』は、撮影地の北村に降る雪があまりに美しかったから色が除かれたというが、『それから』も同じく「そのほうが美しいから」という理由に違いない。アルムがタクシーに乗ると、窓に雪がちらつき始め、彼女の顔が、無垢な真珠のように輝くシーンは、「SUPER S」というテクノロジーの存在がかすんでしまう。映画とは何が映り、何が語られているかが一番大事なのだ。こんなに美しいカット、映画が、この世界にあるのだろうか。そういえば『正しい日 間違えた日』も、ラストで雪が降っていた。


『それから』
 原題 그 후 英題 The Day After 韓国公開 2017年
 監督 ホン・サンス 出演 クォン・ヘヒョ、キム・ミニ、キム・セビョク、チョ・ユニ
 2018年6月9日(土)より、ヒューマントラストシネマ有楽町、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国順次ロードショー
 公式サイト http://crest-inter.co.jp/sorekara/


>>>>> 記事全リスト


スポンサーサイト

Review 『犯罪都市』 ~実録・鉄拳刑事マ・ドンソク

Text by Kachi
2018/5/6掲載



 マ・ドンソクの顔が広く認知されたのは、筆者の記憶が正しければユン・ジョンビン監督『悪いやつら』だった。チェ・ミンシクとハ・ジョンウという、華も実もアクもある名優が対を張りながらも、本作からはキム・ソンギュン、チョ・ジヌンといった、今や押しも押されもせぬ「これぞ韓国の漢」というべき味わい深い面構えの俳優が輩出された。マ・ドンソクは、チェ・ミンシク演じるイクヒョンの妹婿で、武術の有段者だがイマイチ抜けてるソバンに扮し、精彩を放った。

hanzaitosi.jpg

 ボディビルディングで鍛え抜かれた体に、低音のイイ声。それに似合わぬ愛らしい笑顔(「マブリー」という造語があるほど)。アメリカへの移民であるため実は英語が堪能というインテリぶりは、韓国映画の通たちを速攻でイチコロにした。きわめつけは日本でのヒットも記憶に新しい『新感染 ファイナル・エクスプレス』での大活躍である。妻と生まれてくる娘への愛を叫びながらゾンビ化していく最期に、どれほどの観客が涙を搾り取られたことだろう。こうしてマ・ドンソクの顔は一躍知れ渡ることとなった。

 そんな彼が、凶悪犯を取り扱う強力班のデカを演じたのが、『犯罪都市』である。この映画は、かねてから中国系韓国人が定着していたソウルの衿川区(クムチョンく)で、2004年に行なわれた犯罪集団一掃作戦をベースにしている。衿川区加里峰洞(カリボンドン)のチャイナタウンでは、朝鮮族の毒蛇組と黒竜組とがシノギを削り、互いのナワバリを荒らしては報復を繰り返していた。地元の警察マ・ソクト(マ・ドンソク)はゴロツキを拳で牽制していたが、ある日の流血沙汰を境に、街は一層殺伐とした雰囲気に包まれる。ソクトは毒蛇組のリーダーでハルビン出身のチャン・チェン(ユン・ゲサン)が裏で動いていることを知り、組の一斉検挙へ乗り出す。

 今作がキャリア初の長編劇映画であるカン・ユンソン監督は、「アジア映画のワルの溜まり場」でお馴染みなビリヤード場を抗争の現場にするなどつかみは上々だ。実話を元にしたハードボイルドな空気感もよい。そこかしこにオフビートな笑いを仕込んでいるのも、映画としての完成度を高めている。

 たとえ相手がドスやチャカでかかって来ても、ソクトはビンタで解決。やはりマ・ドンソクには鉄拳が似合う。少しタメを作ってから相手の横っ面に繰り出される張り手は、腕の振りも力強い。こうしたキャラクターをマ・ドンソクが演じたというだけで、すでに本作の面白さとリアリティは約束されたようなものだ。一方でソクトは班長と部下の間に立ち、双方の不満に挟まれる、いわば中間管理職的なツライ役回りでもある。合コン参加に余念がない独り身で、美女にコロリとなびくだらしなさも、酔いつぶれて捜査に遅刻するドジっぷりも憎めない。危険な強力班での仕事に悩む後輩を優しく諭す、兄貴肌な素顔にも惚れる。傷を生身と心に刻みながら生きてきたからこそ、強く優しいハートの漢になるのだと、ソクトは教えてくれる。

 韓国では5月1日、彼が腕相撲のキングを演じる異色スポーツ・コメディ『チャンピオン』が公開された。これまで助演で光るマ・ドンソクだったが、最近は以前に増して主演作が増えてきた。また『犯罪都市』は、続編製作の企画が持ち上がっているそうだ。「実録・鉄拳刑事マ・ドンソク」として、ぜひシリーズ化して欲しいところである。


『犯罪都市』
 原題 범죄도시 英題 THE OUTLAWS 韓国公開 2017年
 監督 カン・ユンソン 出演 マ・ドンソク、ユン・ゲサン
 2018年4月28日(土)より、シネマート新宿ほか全国ロードショー
 公式サイト http://www.finefilms.co.jp/outlaws/


>>>>> 記事全リスト


Review 『グッバイ・シングル』 ~笑いのちホロリ。王道コメディ

Text by Kachi
2018/4/8掲載



 去年、釜山の旅館でテレビを点けると、「同床異夢シーズン2-君は僕の運命」というバラエティが放映されていた。実際の芸能人夫婦の生活を撮影し、VTRを見たスタジオのタレントたちがツッコミを入れる番組で、その日はサッカー選手の鄭大世と奥さんとのやり取りで笑いを誘っていた。韓国には以前、芸能人同士が仮想結婚をする「私たち結婚しました」という人気番組があったが、夫婦バラエティは今も健在なようである。

goodbyesingle.jpg

 『グッバイ・シングル』の主人公ジュヨン(キム・ヘス)は、抜群のプロポーションを誇るわがままな人気女優。しかし、寄る年波には勝てない現実に直面しつつある。ドラマでは脇役に甘んじ、おまけに年下の彼氏ジフン(クァク・シヤン)は女子大生と浮気する始末。男と仕事に失望した彼女は「永遠に私を裏切らない存在がほしい」と言い出し、何とか出産しようと奔走。マネージャーのピョング(マ・ドンソク)たちを振り回す。同じ頃、女子中学生タンジ(キム・ヒョンス)は、予期せぬ妊娠に頭を抱えていた。この二人の偶然の出会いをきっかけに、タンジが赤ちゃんを産み、ジュヨンが育てるという計画が決行されることになる。しかしジュヨンの思いつきが、まさかの大騒動に発展する…。

 韓国統計庁が先月21日に発表した「2017年婚姻・離婚統計」によると、昨年の韓国の婚姻件数は26万4,500件で、前年より6.1%(1万7,200件)減少し、1974年(25万9,600件)以来の低水準となった。また「2017年出生死亡統計暫定結果」によれば、昨年生まれた子どもは初めて40万人以下に下落し、合計特殊出生率(一人の女性が、出産可能とされる15歳から49歳までに産む子供の数の平均)は歴代最低値である1.05人を記録した。かくゆう筆者も独り者。結婚、そして出産にそっぽを向く我々に身を固めよとソフトに促すには、テレビ番組や、本作のようなコメディ映画も、一役買うのだろう。

 しかし、確かに社会事情を感じさせはするものの、『グッバイ・シングル』は肩に力の入っていない作りで、好感が持てる。互いに気が強いせいで反発しあっていたジュヨンとタンジが、次第に年の差を超えた絆を結んでいくさまにグッとくるし、仕事も料理も何でもござれなピョングを演じたマ・ドンソクのエプロン姿にも和む。またストーリーに「人生は結婚や出産だけがゴールではなく、それですべてが上手くいくほど人生はイージーでもない」という、“おひとりさま”の生き方を肯定してくれるメッセージが込められているのにも、唸らせられる。笑い、時にホロリとする王道コメディが、また韓国映画界から誕生した。


『グッバイ・シングル』
 原題 굿바이 싱글 英題 Familyhood 韓国公開 2016年
 監督 キム・テゴン 出演 キム・ヘス、マ・ドンソク、キム・ヒョンス
 2018年4月7日(土)より、シネマート新宿ほか全国順次公開


>>>>> 記事全リスト


Review 『ザ・キング』 ~歴史の暗躍者たち、その悪の年代記

Text by Kachi
2018/3/12掲載



 韓国映画の公権力は、どんな描かれ方をしているだろうか。もちろん例外はいくつもあるが、『殺人の追憶』や『チェイサー』を想像すると、彼らは捜査について無能で、ねつ造については奸計に長け、暴力についてはことさら執念深い。そして最終的に、その無能で狡い警察を始末した検察が世間で幅をきかせる。たとえば『生き残るための3つの取引』ではリュ・スンボム扮するチュ検事が、世を正した時代の寵児としてまつりあげられ、『悪いやつら』では盧泰愚政権によるヤクザ一掃の立役者として、チョ検事(クァク・トウォン)は出世の道を歩むことになった。だから『ザ・キング』が、韓国の検察組織が主題だと知ったとき、悪の親玉である検察が主役の映画が、今まで無かったことに意外であった。

theking.jpg

 パク・テス(チョ・インソン)は、喧嘩に明け暮れる日々だったが、家で威張り散らす父親が検事に平身低頭するのを見て、「悪を制するのは検察のような権力者だ」と確信し、猛勉強の末、地方検事になる。ある時、女生徒の性的暴行事件を担当したテスだったが、先輩検事から出世をエサにもみ消しを持ちかけられ、不承不承に従ってしまう。それをきっかけに、ソウル中央地検に引き抜かれたテスは、“キング”と呼ばれ権勢をふるい、政界の動きまでほしいままにする部長検事ハン・ガンシク(チョン・ウソン)の片腕としてのし上がっていく。

 この映画は悪童として鳴らしたパク・テスの立身出世譚として始まり、汚職検察の仲間入りを果たして栄耀栄華を極めるピカレスク映画として展開していく。一方、全斗煥政権による圧政と民主化運動、ソウル五輪開催、経済発展の後のIMF通貨危機など、1980年から2010年までの激動の韓国史を分かりやすくなぞりながら、裏で政治を操った検事の“秘密の仕事”が描かれている。チョン・ウソン×チョ・インソンというダブル主演に加え、コバンザメ的部下のヤン検事にペ・ソンウ、妹夫婦にチョン・ウンチェとパク・チョンミンなど、花も実もある脇役が揃っている。

 ハン・ジェリム監督の作品は多彩なので、まとめて特徴を挙げるのは難しいが、ひとつ言えるのは、異なるジャンルのストーリーが、破綻なく一作品の中に融合されていることだ。ソン・ガンホとチョ・ジョンソクのコメディで進んでいたはずが、次第に血なまぐさい朝廷の権力争いに巻き込まれた後、世情の無慈悲さに包まれるラストに至る『観相師 ―かんそうし―』が、特に記憶に新い。『ザ・キング』も、中盤まではチョ・インソンとチョン・ウソン、ペ・ソンウの白昼夢のように繰り返されるダンス・シーンが強烈なコメディ映画だったのが、その後のストーリーが予想外に深い方向へ走っていくのでまんまと裏切られた。盧武鉉大統領以来の革新政権が誕生した今の時代に本作が作られたことに、大きな意義を感じた。


『ザ・キング』
 原題 더 킹 英題 The King 韓国公開 2017年
 監督 ハン・ジェリム 出演 チョ・インソン、チョン・ウソン、ペ・ソンウ、キム・アジュン、リュ・ジュンヨル
 2018年3月10日(土)より、シネマート新宿ほか全国順次ロードショー
 公式サイト http://theking.jp/


>>>>> 記事全リスト


Review 『エターナル』 ~悲しきキロギアッパを描くだけで終わらないミステリーの秀作

Text by Kachi
2018/3/3掲載



 証券マンや投資会社社員を主人公にした作品が、韓国映画で特に目につく。そして『新感染 ファイナル・エクスプレス』でコン・ユ演じる父親もそうであったように、仕事熱心だが冷徹な人格で、家族と心がすれ違い、やがて投資先に大きな問題が起きて多くの被害者を出すなど、悪役とは言えないまでも社会を揺るがす因子として描かれることが多い。金融商品という「目に見えないもの」を売る現代ホワイトカラーの罪と憂鬱と言えるジャンルが出来つつあるようだ。

image.jpg

 『エターナル』の主人公、カン・ジェフン(イ・ビョンホン)も証券マンである。息子を妻とともにオーストラリアに留学させ、自身は支店長として辣腕を振るっていた。しかし、多額の不良債権によって顧客から糾弾され、苦しい立場に置かれてしまう。ジェフンはすべてを捨て家族に会いに向かうが、待っていたのは、活き活きと暮らす妻スジン(コン・ヒョジン)と、その傍らに睦まじそうにいる子持ち男性。心がつぶされそうになるジェフンだったが、彼には帰れない理由があった…。

 母親同伴で子供を海外留学させ、自身は国内で独り暮らしをしつつ仕送りに励む父親を、韓国では渡り鳥のガンになぞらえて「キロギアッパ」と言う。『エターナル』はそんな父親の哀愁映画だと分かって臨んだが、平凡に感じられるほどの静かな情景の向こう側に、もう一つの世界を隠していた。何度も見返して味わえる優れたミステリー映画に仕上がっているのは、編集の技によるものである。作品の真相に関わるある出来事のシーンを、カットを割らずにすべて観客に提示しているのに、まるで何も起きていないように見えるため、気持ちよく欺かれてしまう。エンドクレジットにパク・チャヌク映画の編集でお馴染みのキム・サンボムとキム・ジェボムの名前があり、二人の魔術的手腕に改めて唸らされた。

 イ・ビョンホンが、キロギアッパの枯れ切った悲壮さを上手く醸し、存在感のないジェフンを演じきっている。さらに言及すべきは、妻役のコン・ヒョジンである。笑顔、涙、どれをとっても芝居に見えないほど自然なのは、わずかな仕草さえもゆるがせにしないからだ。妻が彼女でなければ、『エターナル』はまた違った映画になっていただろう。TVドラマへの出演が多いコン・ヒョジンだが、映画でももっと姿を見せて欲しいものだと、つくづく感じさせられた。


『エターナル』
 原題 싱글라이더 英題 A single rider 韓国公開 2017年
 監督 イ・ジュヨン 出演 イ・ビョンホン、コン・ヒョジン、アン・ソヒ
 2018年2月16日(金)より、TOHOシネマズ新宿ほか全国ロードショー
 公式サイト http://hark3.com/eternal/


>>>>> 記事全リスト



Copyright © 1998- Cinema Korea, All rights reserved.
Powered by FC2 Blog

FC2Ad