HOME団体概要support シネマコリア!メルマガ登録サイトマッププライバシー・ポリシーお問合せ



サイト内検索 >> powered by Google

■日本で観る
-上映&放映情報
-日本公開作リスト
-DVDリリース予定
-日本発売DVDリスト
■韓国で観る
-上映情報
-週末興行成績
-韓国で映画鑑賞
■その他
-リンク集
-レビュー&リポート
■データベース
-映画の紹介
-監督などの紹介
-俳優の紹介
-興行成績
-大鐘賞
-青龍賞
-その他の映画賞


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Review 『22年目の記憶』 ~ある“予行練習”に人生を翻弄された父と子の物語

Text by Kachi
2018/12/27掲載



 韓国で、2018年の大きなニュースといえば、やはり11年ぶりに行なわれた南北首脳会談である。『22年目の記憶』は、今以上に朝鮮半島情勢が政治的緊張に包まれていた時代の、ある“予行練習”に人生を翻弄された父と子の物語である。

22nenme.jpg

 舞台は1972年。ソングン(ソル・ギョング)は、小劇団の売れない役者。後輩たちに役を取られてすっかり雑用に甘んじているが、演劇への情熱は捨てていない。ついにシェイクスピアの『リア王』の主役を演じるチャンスがおとずれるが、諳んじるほどに記憶していたはずのセリフが本番の緊張で飛んでしまい、息子テシク(パク・ヘイル)の前で演出家になじられ、面目丸つぶれ。そんな時、一人の人物が楽屋を訪ねてくる。大学の演劇科のホ教授(イ・ビョンジュン)だ。ソングンの演技を見込んだという教授は、あるオーディションへの参加をすすめる。その裏側には、国家による前代未聞かつ壮大なリハーサルが用意されていた…。

 『彼とわたしの漂流日記』のイ・ヘジュン監督なだけに、奇抜な発想から練られたシナリオだと思っていたが、なんと当時実際に南北会談の予行練習が行われていたというから、まったく事実は小説より奇なりである。だが本作は、やはりソル・ギョングの独擅場だ。だいぶ使い回された「カメレオン俳優」という言葉だが、改めて彼の称号だと本作で確信させられた。突然国家の思惑に巻き込まれた小市民の男としてのおどおどとした佇まいから、威厳と風格を漂わせた北の最高指導者・金日成へと、文字通り豹変する。くちびるの端を少し上げて卑屈にほほ笑む表情をつくるシーンには、その憑依役者ぶりに思わず肌が粟立った。


『22年目の記憶』
 原題 나의 독재자 英題 My Dictator 韓国公開 2014年
 監督 イ・ヘジュン 出演 ソル・ギョング、パク・ヘイル、ユン・ジェムン、イ・ビョンジュン
 2019年1月5日(土)より、シネマート新宿・心斎橋にてロードショー
 公式サイト http://www.finefilms.co.jp/22nenme/


>>>>> 記事全リスト


スポンサーサイト

Review 『それだけが、僕の世界』 ~フィクションのはずの映画の中で役者が本物を見せてくれることの感動

Text by Kachi
2018/12/25掲載



 王道ムービーから芸術映画までこなすパク・ジョンミンと、もはや押しも押されもせぬ俳優イ・ビョンホンという強力タッグで贈るのは、由緒正しき韓国ホームドラマ『それだけが、僕の世界』だ。

soredakegaboku.jpg

 かつてはプロボクサーとしてチャンピオンにも輝いたジョハ(イ・ビョンホン)。しかし今はすっかり尾羽打ち枯らし、チラシ配りで生活費を稼いではネットカフェで寝泊まりをしている。ある日、ひょんなことから17年振りに母親インスク(ユン・ヨジョン)と再会。母親とは疎遠になっていたが、同居をせがまれたジョハは不承不承実家へ向かう。しかし家には生まれて初めて会う弟のジンテ(パク・ジョンミン)がいて、ジョハは居心地の悪い思いをする。ジンテはサヴァン症候群で日常に支援が必要だが、類い希なピアノの才能を持っていた…。

 劇中、ジンテ役のパク・ジョンミンは、吹き替えなしでショパンやモーツァルトを弾いている。「ピアノは3ヶ月の猛特訓を経て習得した」と言葉で言うのは容易いが、ジンテという人物を演じるということは、単にピアノが上手な人間を演じる以上に高いハードルがある。ピアノを弾けるようになるのはもちろんのこと、ジンテは楽譜が読めない設定なので暗譜が必須だ。それもかなりの難曲の数々を。その上で、サヴァン症候群のジンテとしてピアノを弾かなければならない。そのことを踏まえた上で、オーケストラを率いたジンテ=パク・ジョンミンのピアノ演奏シーンを目の当たりにした時、フィクションのはずの映画の中で役者が本物を見せてくれることの感動が胸に広がる。

 もちろん、本作の立役者はパク・ジョンミンばかりではない。イ・ビョンホンは50歳近くになった現在も相変わらず破綻のない美形でいてくれるのだが、『エターナル』以来、中年の哀愁という新たな魅力を身につけている。立ち居振る舞いは、うらぶれたおっさんだが温かい心の持ち主であるジョハを好演している。ジンテを見守る姿はそのまま、決して自分は前にでることなく、若手実力派のパク・ジョンミンを支えて作品を盛り立てたイ・ビョンホンの懐の深さのようだった。


『それだけが、僕の世界』
 原題 그것만이 내 세상 英題 Keys to the Heart 韓国公開 2018年
 監督 チェ・ソンヒョン 出演 イ・ビョンホン、ユン・ヨジョン、パク・ジョンミン
 2018年12月28日(金)より、TOHOシネマズシャンテほか全国ロードショー
 公式サイト http://sorebokumovie.com/


>>>>> 記事全リスト


Review 『いつか家族に』 ~食口と家族と韓国社会

Text by Kachi
2018/12/16掲載



 今冬も、韓国映画が我々を楽しませてくれそうだ。温かな気持ちを呼び起こすホームムービー調でありつつ、社会事情や歴史をふまえた作品が続々公開される。

itukakazokuni.jpg
『いつか家族に』

 『ローラーコースター!』に続く監督ハ・ジョンウの2作目は、中国の小説家、余華の代表的小説『血を売る男』を原作にした『いつか家族に』。2015年作のホームコメディドラマがついに公開される。

 1953年の公州。荷役夫ホ・サムグァン(ハ・ジョンウ)は、ポップコーン売りの美女オンナン(ハ・ジウォン)に一目惚れする。オンナンにはハ・ソヨンという、モダンで財力もある恋人がいたが、サムグァンは彼女の父を言いくるめて強引に結婚。しかし、3人の息子にも恵まれて平凡な幸せを噛みしめていた矢先、サムグァンが特に可愛がっていた11歳の長男イルラク(ナム・ダルム)が、サムグァンではなくソヨンと血縁関係にあることが発覚する。

 「ハ氏のソヨンとオンナンが結婚してしまったら、家は誰が継ぐのですか」と言い寄ったり、実子でないと分かった瞬間からサムグァンがイルラクを冷たく突き放すなど、劇中人物たちの会話には、旧来の父権主義と血縁主義こそが家族を結びつける、という思想が見え隠れする。一方で韓国には「食口(식구)」という、日本では聞き慣れない言葉がある。「家族(가족)」は近い血縁関係の者の集合体を指すが、食口は必ずしもそうではない。日本から来たお嫁さんに、お姑さんが「あなたは食口なのよ」と言うと、家族として受け容れたという意味なのだ。

 『いつか家族に』は、韓国でもファンの多い是枝裕和監督の『そして父になる』や『万引き家族』といった、血縁に限らない多様な家族のあり方を提起する一連の作品群にも似た様相である。趣が異なるのは、当初は固陋な純血主義者として、権力の強い父親に過ぎなかったサムグァンが、次第に慈愛と強さを兼ね備えた本物の父親へとなっていく姿が、より共感を呼ぶ形になっているところだ。

 お腹をすかせた子供たちに、妄想で料理を作って食べさせる“エア肉まん”のシーンはもちろん、家族団らんのシーンでは「モクバン(美味しそうに食べる姿が放送される)俳優」ことハ・ジョンウの食事姿が、ファンを喜ばせてくれる。鑑賞後は間違いなく、ふかしたてのほかほか肉まんが恋しくなる。


『いつか家族に』
 原題 허삼관 英題 Chronicle of a Blood Merchant 韓国公開 2015年
 監督 ハ・ジョンウ 出演 ハ・ジョンウ、ハ・ジウォン
 2018年12月22日(土)より、シネマート新宿、シネマート心斎橋にてロードショー
 公式サイト http://www.finefilms.co.jp/kazoku/


>>>>> 記事全リスト


Review 釜山国際映画祭で観た『それから』 ~世界で最も美しい女優に雪が降る

Text by Kachi
2018/6/6掲載



 一週間好天という天気予報にもかかわらず、釜山は朝から冷たい豪雨であった。若い観客がひしめく映画祭のチケットボックス前で、凍えながら2時間も並んだわけは、他でもない、ホン・サンス監督『それから』のチケットを手に入れるためだ。『正しい日 間違えた日』の撮影から始まったホン・サンスとキム・ミニの“不倫関係”が映画界隈を騒がせて2年が経つ。二人の関係が明るみになると、韓国の映画ポータルサイト「NAVER」の『正しい日 間違えた日』の口コミには、作品内容についてではない否定的意見が目立ち、ホン・サンス偏愛家としては現地の観客の反応が気がかりだった。筆者が辛くもチケットを入手したその後、完売を知ったときは安堵のため息が出た。

sorekara.jpg

 劇場に入ると、経験したことがないほど場内が暗く、少し戸惑う。辺りを見回すと、大きくて四角く、暗幕を張ったような黒い箱型の装置が、スクリーンがあるべき場所に出っ張っている。そこはサムスン電子が開発した話題の「SUPER S」のシアターだったのである。「SUPER S」は電源が切られたテレビのような見た目だが、上映時には内蔵されたLEDで画面そのものが発光する。そのため、従来のスクリーンに投映する上映方法より、一層明るくメリハリのきいた映像が楽しめるという。つまり、映画館の心臓たる映写機が不要なのだ。日本で『新感染 ファイナル・エクスプレス』が上映された3面スクリーン上映「ScreenX」のような、エンターテイメントとしての飛び抜けた効果があるわけではないが、日本で導入されれば、映画館にまたひとつ、アトラクションとしての役割が加わることになるだろう。

 だが正直、モノクロ映画の『それから』では、「SUPER S」の効果がわからなかった。冒頭に出る、ワールドセールスを担う配給会社「FINECUT」のロゴの青色が非常にきれいに見えたので、カラー作品だったら実感できたのかもしれない。と同時に、デジタルシネマの最先端な上映スタイルとホン・サンス作品とが、どうも頭の中でかみあわない。ホン・サンス作品に指摘されるミニマムさと、こうした装置で上映される大がかりなエンタメ映画とは、そもそもの表現という面で目指すものが異なっているように思う。余談だが、韓国映像資料院の公式インスタグラムによれば、資料院に提出された最後の35mmフィルム作品は、ホン・サンスの2013年公開作『ヘウォンの恋愛日記』だそうだ。

 さて映画の話。

 出版社を経営する文学評論家ポンワン(クォン・ヘヒョ)は、妻に浮気を疑われてはぐらかす。実は社員のチャンスク(キム・セビョク)と逢い引きを重ねていたのだが、関係に苦しんだ彼女から別れを切り出されていた。代わりに、作家を目指すアルム(キム・ミニ)が出版社で働くことになる。彼女の初出勤の日、職場に乗り込んできた妻は、アルムを浮気相手だと勘違いし、激しく責め立てる…。

 ホン・サンスといえば同じ出来事の反復と差異が指摘されるが、『自由が丘で』以降はやや変奏し、並べられたシークエンスが時系列でなかったり、物語の始点と終点が曖昧であったり、直線ではない時間の組み合わせで単純な出来事がどう見えるかに面白みを発見している。観念的な会話を展開しつつも物語の分かりやすさが大事にされ、男女のもつれた関係を綴る作劇の筆は相変わらず冴えている。何しろ、妻になじられて横っ面を張られるアルムの役を、現実に監督とただならぬ仲のキム・ミニが演じているのだ。ホン・サンスとキム・ミニの“インモラル”な恋愛から生まれた、『それから』や『夜の浜辺でひとり』といった作品の中で交わされる男女の睦言と悶着が、インモラルを楽しむホン・サンスの剛胆さとキム・ミニの度量の広さのたまものとすれば、二人の危険な関係はもはや感動的ですらある。ひょっとすると一連の作品群は、映画の名を借りた、愛の覚悟宣言なのかもしれない。

 過去作『次の朝は他人』は、撮影地の北村に降る雪があまりに美しかったから色が除かれたというが、『それから』も同じく「そのほうが美しいから」という理由に違いない。アルムがタクシーに乗ると、窓に雪がちらつき始め、彼女の顔が、無垢な真珠のように輝くシーンは、「SUPER S」というテクノロジーの存在がかすんでしまう。映画とは何が映り、何が語られているかが一番大事なのだ。こんなに美しいカット、映画が、この世界にあるのだろうか。そういえば『正しい日 間違えた日』も、ラストで雪が降っていた。


『それから』
 原題 그 후 英題 The Day After 韓国公開 2017年
 監督 ホン・サンス 出演 クォン・ヘヒョ、キム・ミニ、キム・セビョク、チョ・ユニ
 2018年6月9日(土)より、ヒューマントラストシネマ有楽町、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国順次ロードショー
 公式サイト http://crest-inter.co.jp/sorekara/


>>>>> 記事全リスト


Review 『犯罪都市』 ~実録・鉄拳刑事マ・ドンソク

Text by Kachi
2018/5/6掲載



 マ・ドンソクの顔が広く認知されたのは、筆者の記憶が正しければユン・ジョンビン監督『悪いやつら』だった。チェ・ミンシクとハ・ジョンウという、華も実もアクもある名優が対を張りながらも、本作からはキム・ソンギュン、チョ・ジヌンといった、今や押しも押されもせぬ「これぞ韓国の漢」というべき味わい深い面構えの俳優が輩出された。マ・ドンソクは、チェ・ミンシク演じるイクヒョンの妹婿で、武術の有段者だがイマイチ抜けてるソバンに扮し、精彩を放った。

hanzaitosi.jpg

 ボディビルディングで鍛え抜かれた体に、低音のイイ声。それに似合わぬ愛らしい笑顔(「マブリー」という造語があるほど)。アメリカへの移民であるため実は英語が堪能というインテリぶりは、韓国映画の通たちを速攻でイチコロにした。きわめつけは日本でのヒットも記憶に新しい『新感染 ファイナル・エクスプレス』での大活躍である。妻と生まれてくる娘への愛を叫びながらゾンビ化していく最期に、どれほどの観客が涙を搾り取られたことだろう。こうしてマ・ドンソクの顔は一躍知れ渡ることとなった。

 そんな彼が、凶悪犯を取り扱う強力班のデカを演じたのが、『犯罪都市』である。この映画は、かねてから中国系韓国人が定着していたソウルの衿川区(クムチョンく)で、2004年に行なわれた犯罪集団一掃作戦をベースにしている。衿川区加里峰洞(カリボンドン)のチャイナタウンでは、朝鮮族の毒蛇組と黒竜組とがシノギを削り、互いのナワバリを荒らしては報復を繰り返していた。地元の警察マ・ソクト(マ・ドンソク)はゴロツキを拳で牽制していたが、ある日の流血沙汰を境に、街は一層殺伐とした雰囲気に包まれる。ソクトは毒蛇組のリーダーでハルビン出身のチャン・チェン(ユン・ゲサン)が裏で動いていることを知り、組の一斉検挙へ乗り出す。

 今作がキャリア初の長編劇映画であるカン・ユンソン監督は、「アジア映画のワルの溜まり場」でお馴染みなビリヤード場を抗争の現場にするなどつかみは上々だ。実話を元にしたハードボイルドな空気感もよい。そこかしこにオフビートな笑いを仕込んでいるのも、映画としての完成度を高めている。

 たとえ相手がドスやチャカでかかって来ても、ソクトはビンタで解決。やはりマ・ドンソクには鉄拳が似合う。少しタメを作ってから相手の横っ面に繰り出される張り手は、腕の振りも力強い。こうしたキャラクターをマ・ドンソクが演じたというだけで、すでに本作の面白さとリアリティは約束されたようなものだ。一方でソクトは班長と部下の間に立ち、双方の不満に挟まれる、いわば中間管理職的なツライ役回りでもある。合コン参加に余念がない独り身で、美女にコロリとなびくだらしなさも、酔いつぶれて捜査に遅刻するドジっぷりも憎めない。危険な強力班での仕事に悩む後輩を優しく諭す、兄貴肌な素顔にも惚れる。傷を生身と心に刻みながら生きてきたからこそ、強く優しいハートの漢になるのだと、ソクトは教えてくれる。

 韓国では5月1日、彼が腕相撲のキングを演じる異色スポーツ・コメディ『チャンピオン』が公開された。これまで助演で光るマ・ドンソクだったが、最近は以前に増して主演作が増えてきた。また『犯罪都市』は、続編製作の企画が持ち上がっているそうだ。「実録・鉄拳刑事マ・ドンソク」として、ぜひシリーズ化して欲しいところである。


『犯罪都市』
 原題 범죄도시 英題 THE OUTLAWS 韓国公開 2017年
 監督 カン・ユンソン 出演 マ・ドンソク、ユン・ゲサン
 2018年4月28日(土)より、シネマート新宿ほか全国ロードショー
 公式サイト http://www.finefilms.co.jp/outlaws/


>>>>> 記事全リスト



Copyright © 1998- Cinema Korea, All rights reserved.
Powered by FC2 Blog

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。