HOME団体概要support シネマコリア!メルマガ登録サイトマッププライバシー・ポリシーお問合せ



サイト内検索 >> powered by Google

■日本で観る
-上映&放映情報
-日本公開作リスト
-DVDリリース予定
-日本発売DVDリスト
■韓国で観る
-上映情報
-週末興行成績
-韓国で映画鑑賞
■その他
-リンク集
-レビュー&リポート
■データベース
-映画の紹介
-監督などの紹介
-俳優の紹介
-興行成績
-大鐘賞
-青龍賞
-その他の映画賞


Review 『チャンシルさんには福が多いね』 ~チャンシルと一緒にこれまでの人生を振り返ってみる

Text by 金イルミ
2020/11/21掲載



 映画プロデューサーであるチャンシル(カン・マルグム)は、長年共に組んできた監督が突然亡くなり、これまでの生き方が一変する。今まで恋愛もろくにすることなく仕事に没頭してきた人生なのに、ある日突然その仕事がなくなり、今まで一体何をしてきたんだろうと、途方に暮れるチャンシル。風変わりなおばあさん(ユン・ヨジョン)の家に間借りさせてもらいながら、とにかく食べていくために、後輩であり女優のソフィー(ユン・スンア)の家で家政婦として働く。そこに現れたソフィーのフランス語の教師(ペ・ユラム)と出会い、恋の予感? そんな時にチャンシルの前に「レスリー・チャン」と名乗る謎の幽霊(キム・ヨンミン)が現れる。この怪しい幽霊のアドバイスを聞き、告白にチャレンジしてみるチャンシルだが…。

chansil.jpg

 これまで、がむしゃらに映画の仕事だけしてきたが、果たしてこれが本当にやりたかった事なのか? 監督の死をきっかけに、改めて人生を見つめ直すチャンシル。今までの人生を振り返りながら、これからどうやって生きていくか、真剣に考えていく年齢にもさしかかった。

 ふと気づけば男もいない。勿論子供もいない。

 では、子供がいれば幸せなのか? 男がいれば幸せなのか?

 他人の物差しではかる幸せではなく、自分が本当に幸せと思える事はなんなのか?

 40代の女性が直面する現実をユーモラスに描いているが、決して他人事ではなく、誰にでも起こりうる出来事に共感しながら、ふと気付けばチャンシルと一緒にこれまでの人生について考えていた。

 “福”は既に皆持っているのに、その価値に気付いていないだけなのかもしれない。その価値に気づいたとき、初めて人は幸福と感じる事ができるのではないだろうか?

 是非、映画を観ながらチャンシルと共に我が人生を振り返る時間を持っていただきたい。そして、人生を振り返りながら、もしほんの少しだけ憂鬱になったとしても、この怪しい幽霊レスリー・チャンの可笑しさを存分に味わえば、少々の事は笑い飛ばせるに違いない。


『チャンシルさんには福が多いね』
 原題 찬실이는 복도 많지 英題 Lucky Chan-sil 韓国公開 2020年
 監督 キム・チョヒ 出演 カン・マルグム、ユン・ヨジョン、キム・ヨンミン、ユン・スンア、ペ・ユラム
 2021年1月8日(金)より、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国順次ロードショー
 公式サイト https://www.reallylikefilms.com/chansil

Writer's Note
 金イルミ。あれから、キム・ヨンミン氏が出演するドラマを見るたび、レスリー・チャンが浮かんでしまいます(笑)。あいち国際女性映画祭で、本作を配給するキノ・キネマの岸野令子さんに初めてお会いする事ができましたが、「『はちどり』がお勧め」と仰っていたのが印象的でした。


>>>>> 記事全リスト


スポンサーサイト



Review 『わたしは金正男を殺してない』 ~搾取された女性に光を当てた社会派映画

Text by Kachi
2020/10/4掲載



 「事実は小説より奇なり」というが、これほど数奇に満ちた事件はない。2017年2月13日、マレーシアのクアラルンプール空港で起きた一つの殺人事件が、世界を揺るがせたことは記憶に新しい。被害者は北朝鮮の金正日の長男・金正男だったからだ。犯行の全てが防犯カメラに記録されていたことで、犯人は数日のうちに逮捕されるが、金正男にも北朝鮮工作員にも関わりを感じさせない、ごく平凡な20代女性二人だったことも、事件の闇を深くさせる。インドネシア人のシティ・アイシャと、ベトナム人のドアン・ティ・フォン。閉ざされた国家、北朝鮮の最高指導者の異母兄を殺害した彼女たちは一体何者だったのだろうか。

watakimmasao.jpg
シティ・アイシャ(左)とドアン・ティ・フォン(右)

 センセーショナルになりがちな題材の背後で、多くのことを語る映画だ。ベトナムの農村に育ったドアン・ティ・フォンは、アイドルを目指していて、動画を撮るなどして世界へ向けて自身を積極的にアピールしていた。また劇中、「ジャッカス」をはじめとしたイタズラ動画の世界的流行が指摘される。スマートフォンの普及で誰でもリアルタイムに映像を撮ることができるようになると、より生々しいものや“今この瞬間”に近いものの価値が重要視されていく。ドアンはこうして、有名になるためのほんのわずかな野心を利用されたのである。一方でシティ・アイシャも、マレーシアへの出稼ぎ労働者だった。二人は搾取されたのだ。

 つまり、二人ではなく誰でもよかったのである。都合のよい駒を、指先でひょいとでもするようにつまみ上げられた二人は、一生が狂ってしまったのだった。映画は単なる北朝鮮の体制批判のみに傾くのではなく、最初から「消え物」として扱われた二人の人生をすくい取っていく。その目線に、片隅で生きることを強いられてきた同性愛者の二人が起こした裁判を克明に追った『ジェンダー・マリアージュ 全米を揺るがした同性婚裁判』(本作の監督ライアン・ホワイトが共同監督を務めた作品)にもあった優しさを感じ取った。

 カメラがシティ・アイシャの故郷であるインドネシアの農村を捉えるシーンがある。事件後、ドアンは「私は世界の美しさを信じて疑っていなかったが、今は…」と口ごもる。彼女たちの来し方行く末を思うと、黄金色の美しい田園風景が実に皮肉で、悲しい。


『わたしは金正男を殺してない』
 英題 Assassins 製作 2020年
 監督 ライアン・ホワイト
 2020年10月10日(土)より、シアター・イメージフォーラムほか全国順次公開
 公式サイト https://koroshitenai.com/


>>>>> 記事全リスト


Review 『82年生まれ、キム・ジヨン』 ~私たちで終わらせ、私たちから始めるための物語

Text by Kachi
2020/10/3掲載



 ワンシーン、ワンカットごとに、共感の痛みで胸を針で刺されたようになる。『82年生まれ、キム・ジヨン』のことだ。“84年生まれ”の筆者にも、どの世代にも当てはまるだろう。

kimjiyon.jpg

 1982年4月1日生まれのキム・ジヨン(チョン・ユミ)は、大学の先輩デヒョン(コン・ユ)と結婚して仕事を辞め、娘アヨンをもうけ3人で暮らしている。義両親の家に帰省したある日、突然人格が変わった声色になり、デヒョンら周囲を驚かせてしまう。こうした事件を契機にし、映画はジヨンの心がなぜ壊れてしまったのかを、過去と現在をクロスさせながら追っていく。

 セリフだけではなく、細部にまで行き届いた表現で、ジヨンが何に壊されていくかが描き表される。例えば、子どもを抱きっぱなしで腱鞘炎になったであろう手のサポーターや、自分に気を遣っていないことが分かる服の襟ぐりの汚れ。さらに、不安定さそのもののようなカットの編集。原作のように、ジヨンには彼女の母や祖母、慕っていた先輩の姿が憑依したようになるが、同様に観客にもジヨンの気持ちが乗り移ったようになるに違いない。

 ジヨンを追い詰めたのは、もちろん男性を中心にした強権主義である。どのエピソードにも思い当たる節でうなずく女性も多いはずだ。ただ、この映画は対立を作って終わる話ではない。NOと言わないことで衝突を避けることを、ガラスを飲み込むようにして痛みを抱え込む時代を、もう終わりにしようという強いメッセージが発信されていることが、実に心強い。

 劇中のある雪の日、ジヨンが母ミスク(キム・ミギョン)と電話で会話をするシーンが印象的だ。二人はともに淡く優しい水色の服を着ていて、彼女たちの傷が共振しているようである。そして、ジヨンの子どもが娘であるということも象徴的だ。固く強い女性たちの紐帯に、私も連なっていたい。憂鬱を私たちで終わらせて、次の社会を始めるために。


『82年生まれ、キム・ジヨン』
 原題 82년생 김지영 英題 KIM JI-YOUNG, BORN 1982 韓国公開 2019年
 監督 キム・ドヨン 出演 チョン・ユミ、コン・ユ
 2020年10月9日(金)より、新宿ピカデリーほか全国ロードショー
 公式サイト http://klockworx-asia.com/kimjiyoung1982/


>>>>> 記事全リスト


Review 『世宗大王 星を追う者たち』 ~コリアン・メロドラマの名匠、ホ・ジノの面目躍如

Text by Kachi
2020/8/30掲載



 第4代王・世宗は、科学者の才能をもつ奴婢チャン・ヨンシルを、家臣の反対を押し切り武官に任命する。王の期待に応えるように、ヨンシルは水時計や天体観測機器を次々と発明し、庶民の生活に大いに貢献していった。世宗もまた、長きにわたる明の従属から朝鮮が自立できるようにと、独自の文字「ハングル」の作成にひそかに取り組んでいた。身分の差を超えて熱い友情を交わすようになるが、明の皇帝の怒りを怖れた家臣たちの策略で、二人の幸福な日々は長くは続かなかった…。

sejon2020.jpg

 朝鮮王朝の歴史上、最も偉大と呼ばれる王・世宗と、ある時期を最後に歴史から消えた発明家という、交わるべくもない二人の数奇な運命を主軸にしたことが、この映画の主たる魅力だ。そして何より韓国映画ファンとしてときめくのは、ハン・ソッキュが世宗大王、チェ・ミンシクがチャン・ヨンシルを演じ、二人にとっては『シュリ』(1999)以来20年ぶりのタッグということだろう。二人が同じスクリーンに収まるショットを観ているだけで胸が熱くなる。王と奴婢という身分の垣根を越えていくまでの心理描写も丁寧に描かれる。人は誰もが孤独だからこそ、どんな形であれ理解者が現れたときの喜びは途方もない。ゆえに、大切な絆が失われかけたとき、どんな手段を講じてでもつなぎ止めようとしてしまう。そんな人間の性(さが)とも言うべき悲しみが、二人の破局からにじみ出ている。

 『世宗大王 星を追う者たち』には、2000年頃、韓国映画=ロマンチックと印象づけた「ホ・ジノ調」ともいうべきメロドラマのエッセンスが凝縮されている。『八月のクリスマス』(1998)からこの映画にも貫かれている、触れられない相手へのもどかしさや、感情表現が器用にできない人間のいじらしさは、最近の韓国映画には少なくなったように思う。その懐かしさに安堵し、いとおしいものがあった。劇中にある二人を繋ぐ“星”の表現は、夜と闇の美しさや重厚さを表現させたら抜きん出ている撮影監督イ・モゲの腕が冴え渡っており、今期の日本公開韓国映画最大級のロマンチックなシーンが待ち受けている。ぜひ、映画館の暗闇でご確認いただきたい。


『世宗大王 星を追う者たち』
 原題 천문: 하늘에 묻는다 英題 Forbidden Dream 韓国公開 2019年
 監督 ホ・ジノ 出演 チェ・ミンシク、ハン・ソッキュ
 2020年9月4日(金)より、シネマート新宿ほか全国順次公開
 公式サイト http://hark3.com/sejong/


>>>>> 記事全リスト


Review 8月公開の韓国映画『鬼手 キシュ』『ディヴァイン・フューリー/使者』 ~エンタメ感たっぷり、「映画を観る楽しさ」を思い出させてくれる作品

Text by Kachi
2020/8/15掲載



 新型コロナウイルス騒動により、上映中止や延期といった影がさした日韓の映画界だが、業界は何とか活況を取り戻そうと動いている。客足への影響は未だ少なくないはずだが、韓国では7月に公開された『半島(原題)』(2021年1月、TOHOシネマズ日比谷ほか全国公開)が観客動員300万人を突破し、日本では緊急事態宣言解除後に公開された『はちどり』や『マルモイ ことばあつめ』が好評を博している。そんな中、8月に公開される2本の韓国映画を紹介したい。いずれもエンタメ感たっぷりで、この数ヶ月で忘れかけていた「映画を観る楽しさ」を思い出させてくれる作品である。


囲碁の鬼がぶつかりあう期待のスピンオフ


 身よりのない少年グィスは、その天才的な碁の腕を生かし、100ウォンで囲碁好きの大人たちをなぎ倒す少年として碁会所の話題となる。そんなとき、グィスは謎の棋士ホ・イルド(キム・ソンギュン)から声をかけられる。イルドとの出逢いは、グィスの運命を熾烈なものに変えていく。

kisyu2020.jpg
 『鬼手 キシュ』

 『鬼手 キシュ』はチョン・ウソン主演の『神の一手』の派生作品だ。監督・主演などは総入れ替えになり、ストーリーも引き継がれているわけではない。『神の一手』では、碁盤も石も見ることなく頭の中だけで碁を打てる異能の持ち主を“鬼手”と呼んだ。過去作で繰り出された劇画顔負けの異種格闘囲碁に、私のように快哉を叫んだ向きも多かっただろう。そんな邦題が冠され、クォン・サンウが主演になり変わった本作『鬼手 キシュ』は、前作以上に意表を突いていて、『神の一手』ファンの期待も裏切らない出来映えである。奇想天外すぎるルールやギミックはぜひ本編でご確認いただきたいが、その過激さには実に圧倒される。一方で、自分の石を生かすためには攻めなければならない“生死”の容赦なさが、グィスのファイトスタイルに表現されている。破天荒な映画だが、囲碁がやりたくなる。少しかじった経験がある程度の筆者も、本作を観て久々に碁石に触りたくなった。


ジャンルムービーでありかつ、信仰をめぐる葛藤の物語


 総合格闘技の若き世界チャンピオンとして注目を集めるヨンフ(パク・ソジュン)。ある夜、悪夢から目覚めると、右の掌に生々しい傷が浮かびあがっていた。同じ時期、バチカンから一時帰国中のアン神父(アン・ソンギ)が悪魔祓いをする瞬間を目の当たりにする。自身の傷の謎を解くためアン神父と行動をともにするにつれ、ヨンフはソウルの夜にうごめく邪悪な存在にふれることになる…。

divine_fury.jpg
 『ディヴァイン・フューリー/使者』

 韓国では近年、『哭声/コクソン』、『プリースト 悪魔を葬る者』、『サバハ』といった悪霊を祓うテーマを扱う映画が立て続けに作られている。また、ヨンフは幼い頃に両親を失い深く傷ついていた。『シークレット・サンシャイン』や『ファイ 悪魔に育てられた少年』など、韓国映画ではこうした「神への疑心と懊悩」がテーマになることが多い。韓国映画にはまだまだこうしたオカルトジャンル映画の愉しみがあるのは嬉しい。

 『ディヴァイン・フューリー/使者』は、悪霊とのバトルシーンはアクション要素で魅せてくれる一方で、教会への憎しみを抱きながらアン神父と行動をともにするヨンフの姿を通して、信仰をめぐる葛藤の物語が語られている。伏線の回収や構成の妙に手抜かりがない点も感心した。


『鬼手 キシュ』
 原題 신의 한 수: 귀수편 英題 The Divine Move 2: The Wrathful 韓国公開 2019年
 監督 リ・ゴン 出演 クォン・サンウ、キム・ヒウォン、キム・ソンギュン、ホ・ソンテ、ウ・ドファン
 2020年8月7日(金)より、シネマート新宿ほか全国順次ロードショー
 公式サイト https://kishu-movie.com/

『ディヴァイン・フューリー/使者』
 原題 사자 英題 The Divine Fury 韓国公開 2019年
 監督 キム・ジュファン 出演 パク・ソジュン、アン・ソンギ、ウ・ドファン
 2020年8月14日(金)より、シネマート新宿ほか全国ロードショー
 公式サイト http://klockworx-asia.com/divinefury/


>>>>> 記事全リスト



Copyright © 1998- Cinema Korea, All rights reserved.
Powered by FC2 Blog